暇人のゲーム日課帳

自身のゲーム日課をメインに適当に書いていくブログ。ゲーム以外の事もたまに書きます。

逆転裁判を全11作を簡易レビューしてみる(後編)

rpggameseiha.hatenablog.com

前回の記事の続き。今回は3DS作品の感想内容です。

これで貯まってた感想記事の下書きからようやく解放されますぜ…(^_^;)。

・評価目次

 

 

 

 

 

 

 

レイトン教授VS逆転裁判(2012年発売)

シナリオ…(C) 今回はレイトン教授とコラボと言う事で、現代ではなく剣と魔法のファンタジー世界での裁判に。非現実的すぎる気がしましたが、今までとは違う面白さがあったと思います。新システムの群衆裁判は科学が未発達の時代ならではのシステムでしたね。 ただ最後は超展開すぎて好き嫌いが分かれる。

キャラクター…(B) 逆転裁判サイドからは1-3仕様の成歩堂と真宵が参戦。レイトンサイドのキャラやオリジナルキャラも多数登場しますが、それぞれの雰囲気を壊す事馴染んでいたのは高評価。逆転初の3Dで動くキャラにも注目。

ただし成歩堂の声は酷かった記憶…。

難易度…(C) 両シリーズを未プレイの人に対する配慮なのか、裁判&謎解きパートともに難易度は低め。証拠品が8個しかない時点で何となく察せますね。

ボリューム…(B) ボリュームはまあまああったのだが、エピソード形式が従来の逆転裁判と違うのでいつ裁判パートになるのか分かりずらかった記憶。

音楽…(C+) 初の3DS作品という事で音質が大幅にUP。臨場感がDS時代比べて高くなりましたね。ただ個人的に好きな曲は少なめ。

総合点数…(C) 2シリーズのコラボは概ね成功と言っても良いが、裁判パートがやや物足りないのと終盤の超展開が気になった作品。

 

 

逆転裁判5(2013年発売)

シナリオ…(B) 時系列は4の一年後と、前作を闇に葬る事なく繋げれたのは高評価できるところ。4での問題だったスッキリしないシナリオが多い問題は、概ね改善され1-3程ではないですが楽しめるものでしたね。

ただし最終話、てめーはダメだ。

キャラクター…(B) 今回で一番大きいのは、やっぱり成歩堂が主人公として復活したのと、オドロキが主人公(笑)から脱却できたのが大きいですね。そのおかげで4で特に強かったキャラの不満はなくなりました。

新弁護士のココネと囚人でありながら検事を務めるユガミなど、新キャラも中々魅力的でした。ユガミの黙りな!はインパクトある。

難易度…(C) 新規層も狙ったのか、今作は難易度が低さが著しく現れる感じが強かったですね。歯ごたえのある法廷パートを楽しみたい人にとっては物足りないと思いますね。

ボリューム…(B+) 今作も5話構成でボリュームは3と同等といった感じが強かったですね。一応DLCのエピソードもありますが、それもプレイすると逆転検事2と同等のボリュームがあったかな(・・?

音楽…(B) レイ逆同様、ストリーミング再生を採用してるので音質面の進化をかなり感じれましたね。追及もスルメ感が強くなったが爽快感は健在。

今作では主人公が3人いるので、キャラによって異議あり!のBGMが変わる様になりました。その為異議あり!=キャラのテーマが強まった印象。

総合点数…(B) 前作では黒歴史同然だった成歩堂とオドロキがしっかり主人公として役目を果たしているのと、ナンバリングでは初の3Dポリゴンと言う事で、シリーズ再出発になんとか成功できた作品。

その一方で一部退化した部分(探偵パートなど)や、4の伏線を放置したままなどの欠点があるのでシリーズの中では中間の出来といった所か。

 

 

大逆転裁判(2015年発売)

シナリオ…(D) 現在から100年以上前の文明開化の時代である日本&倫敦を舞台とした作品であるので、時代を感じさせる表現が所々見当たる。

舞台設定自体は良かったが、シナリオは後気味の悪いシナリオが多すぎる上にオマケに未完結とつくので、シナリオの酷さは4と同等だったと思います。

キャラクター…(B) 流石に一世紀以上前となると裁判長でも産まれてないので、キャラは全員一新。主人公は成歩堂龍一の先祖となる龍之介が担当。面影はありますが、しっかり龍一とはキャラの差別化ができていたのは好印象。

他にも助手となるスサトや倫敦で会う事になるホームズやアイリスなどキャラクターは皆魅力的で良かったです。

難易度…(C) 難易度は5同様低めな内容。5と違い露骨なヒントはなかったのに難易度が低かった理由として考えれるのは、事件のトリックが単純すぎるってのがしっくりきますね。本作のトリックのつまらなさは随一だったかも。

ボリューム…(B) 本作も5話構成ではあるが、2話が探偵パートのみ&3話が法廷パートのみだったので話が広がるのが遅すぎた感は否めないですね。

音楽…(A) 19世紀末のレトロチックな雰囲気を漂わせるBGMが多く、個人的には好きな曲が多かったですね。 ただ追求があまりにも流れない…。

総合点数…(C) 舞台設定やキャラクターの質は良かったにも関わらず、すっきりしない展開の多さや未完結で終わってしまう展開のせいで大きく評価を下げた作品。

現在では続編を発売しその問題は完璧に解決。

 

 

逆転裁判6(2016年発売)

シナリオ…(B+) 今作では日本と異国、二つの国を跨いだ話が展開され、シリーズでも馴染み深い霊媒が大きくメインに絡んでくる。その影響でオカルト性の強さは随一だったかな。 特に最終話は凄まじいボリュームと3のクライマックスにも劣らない展開(後述)で非常に楽しめました。

キャラクター…(A) 5ではある程度フォローされたオドロキだったが、今作では更に活躍し最終話では彼の掘り下げが多く描かれるのでオドロキファンなら必見。でも後付け設定が多いのは9年のブランクがあるし仕方ないかも…。 後はみぬきに関する内容も2話でフォローされてたのもgood。

一方で成歩堂はサブ主人公的な立ち位置に落ち、ココネに関しては4話の法廷パートのみ主人公とオドロキ以外の印象が弱くなりましたね。

一番アウトなのは、事前宣伝でも強く推していた真宵が空気キャラだった事。シナリオ自体は良かったが宣伝方法間違ってない(。´・ω・)?。

後新キャラでは、レイファが可愛かった(小並)

難易度…(B+) 近年の問題だった難易度の低さは改善。法廷パートに託宣という新システムが追加されたが、これの難易度が高かった…。それ以外の難易度は普通。

ボリューム…(A) DLCを入れれば恐らくシリーズ最高のボリュームDLCなしでも逆転検事2と同等のボリュームはあったと思います。

音楽…(C+) 今作は5以上にスルメ曲が多かった気がする…。

総合点数…(B+) シリーズ最大のボリュームや、オドロキの完結編と言っても過言ではないシナリオと近年ではかなり完成度の高い作品だった印象。

その一方で成歩堂や真宵の扱いの悪さなど、新旧陣どっちの路線で行きたいのかよく分からない作品でした。

 

 

大逆転裁判2(2017年発売)

シナリオ…(A+)  まず前作最大の問題点であったシナリオの未完結はしっかり解決。物語が大きく動き出す3話後半からは止め時が見つかりませんでしたねw。

また後気味の悪かったシナリオの展開の多さも改善され従来の逆転裁判らしい面白さに回避してくれました。

ただ1が伏線未回収だったので当たり前かもしれないが、前作プレイ前提の内容になっているのでプレイする場合は要注意。

キャラクター…(A) メインキャラはほぼ続行。新キャラクターは少なかったものの、前作のキャラがより掘り下げられていたのは好印象。

あのキャラが弁護士として立ったり、あのキャラが検事として立ったりと面白みのある展開も盛りだくさん。

ハオリ可愛いのに出番少なすぎて泣いた…。

難易度…(B+) 前作の問題だった難易度の低さは改善。一話から難易度はやや高めだった印象でした。 単純な事件が多く物足りなかったトリックも今作では程よく複雑に内容になっていましたね。

ボリューム…(A) 6同様ボリュームはかなりの多さ。クリアまで30時間弱。

音楽…(A) 追求や尋問などが前作から流用と、BGM面では目新しさの少なさが気になりますが、新曲はいずれも良質。 とあるキャラの異議あり!は和風なアレンジがしっかり聞いていて、追求の前奏曲は逆転の予感を感じる曲調、最後に流れる大追求などが印象に残りましたね。

総合点数…(A+) 前作で不満が強かったシナリオ面の問題を完璧にフォローし、華麗な大逆転を遂げれた本作。 一方でアニメパートがない&流用部分が多いのは、低予算制作な感じがするのでやや残念。

 

 

総合評価・まとめ

約3年半前に始めた逆転裁判123以降ようやく全作プレイする所までやり終えました(*'▽')。 マンネリ感があるとは言え、あの法廷バトルは他のADVにはない独特の面白さがあるので、今後もシリーズは追っていきたいですね。

個人的にシリーズの順位付けすると… (名作)3>検事2>大逆転2(良作)逆転6>逆転蘇>逆転2(凡作)逆転5>検事(微妙)大逆転>レイ逆>逆転4

と言った感じですね。なんかネットの評判を反映させたような順位になってる気がするが、(゚ε゚)キニシナイ!!でおこう。

次作はswitch参入と聞くがどういう内容になるだろうか(。´・ω・)? 個人的な憶測というか希望ですが、まずは探偵パートは3D空間を検事の用に自由に調査できるようにするとか、ほぼフルボイス化辺りかな。 ADVゲームってどうしても打破マンネリが難しいしなぁ…(;´・ω・)。現状維持か革新かどっちを取るべきでしょうかね。

もっと逆転裁判の事書きたいなーとは思いましたが、ネタが中々思い浮かばないのと、記事が長くなるのでやめておきます<(_ _)>。

(なんか書きたい事ができたら、後日追記しても良いかも)