暇人のゲーム日課帳

自身のゲーム日課をメインにダラダラ書いていくブログ。ゲーム以外の事もたまに書きます。

今週のゲーム進行状況+雑記23 大逆転裁判2クリア,FF12トロコン,Ever17つぐみ&空編,一月発売のソフト✔など

 

rpggameseiha.hatenablog.com

 ↑前回

取りあえず年内目標であったFF12のトロコンと大逆転裁判2のクリアはできて何とかスッキリ年を越せそうです(^_^)/。この二つのプレイに専念してたのでゲームスケジュールが若干ずれたがw。

明日は一年間の振り返り記事を書く予定なので進行記録を一日ずらして書く事にしました。 年末年始の振り返り記事に苦戦しすぎてやや疲れ気味である…w。こっちを終わらせないと本当の意味での年越しができないw。

※ネタバレ注意なゲームを2個進行させるとネタバレ配慮が難しいですね。全部の進行状況を書く時の一番の欠点かもしれない。 後一部のエリアは疲れ気味でやけぐそ書きした所が少し…w

・ネタバレ回避用目次

 

 

 

 

 

 

 

今週のゲーム進行状況

 FF12-トロフィー収集③-約80時間掛けてトロコン達成
f:id:rpggameseiha:20171229160656j:plain

今年中のトロコンを目指していたFF12をトロコンしました。トロコンまで約80時間と多少時間は掛かりましたが時限要素はなかったのでのんびりとプレイできました。

↓以下トロコンまでの進行記録。

 

 

f:id:rpggameseiha:20171230211413j:plain

以前苦戦して挫折したトライアルモード100ですが、セーブデータが残ってたのでもう一度だけやるかってことで再戦。そしたら勝てましたw。やっぱり気を取りなおしてから再度やるのは大事だなと思った機会である。

前回と同じく二人は回復専念&隙を見て攻撃、もう一人は状態異常付加を手動で行う作戦で無事勝てました。一人でも減らせたらだいぶすんなりいけましたね。状態異常付加役はぶっちゃけ誰でもいいので死んだら蘇生せずに二軍をスタメン入りさせるようにすると組成の手間が減るので悪循環になりにくくなりました。

 

f:id:rpggameseiha:20171230211453j:plain

続いてハントカタログ埋め。レアモンスターから通常枠で埋まってないやつまで様々な未討伐の敵が残ってました。最後は通常枠でしたw。

一番面倒なのは放置系で出現するやつですね。30分待たないと現れない敵の時は他の事をして時間を潰しましょうw。

これのせいで何度もダンジョンを訪れることになりましたね(^_^;)

 

f:id:rpggameseiha:20171230211509j:plain

 最後はミストカート全種発動で獲得できるトロフィー。

やっぱりブラックホールはゲームオーバーしてたせいで再度発動する羽目になりました。トロフィー目指す場合はくれぐれも注意。後はトライアルモードでも使用は厳禁ですね。あれは別データ扱いなので。

何気にホワイトアウトもLv3のみを5回以上発動しないといけないので難しい。セーブポイントと敵が出現するエリアを往復してマラソンしましたが、獲得まで一時間近くかかりました。単純な作業内容&指過労で結構しんどかったですね。

まあ今年中にトロコンできて良かった。

 

 

大逆転裁判2-華麗なる大逆転劇。最終話は中々熱かった 

f:id:rpggameseiha:20171230203932j:plain

 無事大逆転裁判2クリア。ボリューム面やシナリオの質も前作を大幅に上回ってくれる出来でした(*'▽')。   正直3話の前半までは本当に全部の謎が明らかになるのか(。´・ω・)?って少し不安になりましたがw。

※パッケージにも比較的大きく映っているスサトの親友ちゃんが一話以外出番なくて泣いた。あの大きさだと重要人物って思ってしまうよw。

↓ネタバレでダラダラ語るスペース

 

 

 

 

            -------------ネタバレスペース------------

 

 

 

 

 

 

 

 

3話スタート。電気転送機の実験で起こった非現実的な事件を扱うという事で今回の謎解きは一筋縄でいかなさそう。被告人はバロック検事の友達らしいが…。

1では被告人になったりと色々大変だったジーナはどうやら刑事になったみたい。まだまだスリの感覚が抜けてないらしいが以前と比べるとだいぶ明るくなった印象。

一日目の法廷、気球のくだりで少々苦戦。気球の管理人は緑の気球の存在に気づかなかったのだろうか…w。審判員も今までに比べるとだいぶマシな判定をしてくれるようになりました。今までは本当コロコロ意見変えすぎてウザかったw。最終弁論なのに何で2,3回もなるねんwって感じ。

二日目からは物語の核心になるであろう、プロフェッサー事件の影が徐々に迫ってくる。何気ない大衆のイベントで物語が大きく動くとは…。真犯人もある意味プロフェッサー事件の被害者で同情の余地がありましたね。

法廷バトルが終わった後バロック検事との会話。ここで連続殺人鬼であるプロフェッサーの正体を知る。その正体はまさかの日本人でしかもアソウギの父( ゚Д゚)!。

ここで仮面を纏っていたアソウギも遂に記憶を取り戻し復活。ここでアソウギのテーマのアレンジを使うのは中々グッときますね。でもアソウギは果たす使命があるらしく成歩堂の元を離れる…。

三話後半から本格的に話が動き始めてだいぶ面白くなってきましたね。先の展開が気になって仕方ないでっせ。

 

四話開始。暫くは事件が発生しなかったが、今回の被告人は何とバンジークス検事!しかも被害者があのロリコン刑事とストーリーも大詰めになってきましたね。

当然検事が被告人となると別の検事が必要。ある程度予測はしていたがアソウギが立ちはだかるか…。まさかこんな形で親友と闘う事になるとはね…。

一日目の裁判。今回は事件現場が狭い事もあってか三話よりは難易度が低め。証言をしっかり聞けば矛盾に気づける。それにしてもアソウギ容赦ないね。あくまでも真実を追求する信念を貫いてきますね。

この後殺害されたのはあの小屋ではない確率が高い事やホームズの旧友がスサトの父である事が発覚したりと少しずつ伏線が回収されてきますね。

探偵パート2日目が終わったら何故か4話が終わる。4話と5話が繋がっているのは知ってたが意外とあっさり4話終わってしまいましたね。

 

いよいよ最終話。チャプターロゴもいよいよクライマックスって感じ半端ない。法廷BGMもより重々しくなってきたり。何と裁判長がいつものメガネがじゃなくてヴォルテックス郷が担当する事に。凄い威圧感…。

途中で探偵パートが挟まれたが、まさかのミコトバ教授視点。ここで最後の共同推理。音楽カッコいいね。 地獄裁判長は逃走を図ろうとしたらしいが。

最後の裁判は証拠品が30個と今までの最終話並に多い上に人物の関係を把握しないといけないので中々の難易度。 伏線回収が早すぎて頭が追い付かないw。

次々と明らかになる真実。10年前のプロフェッサーの正体はアソウギの父ではなくバンジークスの兄だった。そして前作最後で残された4つの名前はそれぞれ暗殺する物とされる側の記述だった事。そして10年前からの呪縛に逃れるために地獄裁判長がグレクソン刑事を殺害した事。 前作の一話からプロフェッサー事件が再び動き出していたのか…。

アソウギやバンジークスも次々と襲い掛かる真実に時々焦りを見せたが真実から目を逸らさずに、追求し続ける。そしてヴォルテックス郷が死神を操っていた黒幕と分かるが、自身が裁判長という立場である事をいい事にトドメを刺せない…。

最後に現れたのはやっぱりホームズ。彼が仕込んだ策によりこの極秘裁判を女王陛下に見物させるとは流石。でもトドメが証拠品じゃないのが少し残念。やっぱり最後は証拠品と追求でトドメ刺したいですね。

こいつが黒幕だとは思っていたが、ブレイクシーンは陪審員の天秤の炎に焦げ焦げにされる中々爽快な物でしたね。ひたすら閉廷に持っていこうとする光景は5のいいじゃん無罪でを思い出したw。

そして全ての物語が終わった今、成歩堂はスサトと共に日本に戻る事を決意。アソウギが倫敦に戻って来たし成歩堂の大きな役目は終えたのかもしれない。

最後は、アソウギから刀の狩魔を受け取りエンディング。相棒が法の発展の為に異国に残る展開はどこか6を思い浮かべますね。恐らく3は出ないだろうが倫敦の秩序がどう変化していくか想像が膨らみますね(*'▽')。 後今後switchで発売されるであろう7では、大逆転裁判ネタ欲しいな。

3DS最後の逆転裁判に相応しい出来だったと思います。

 

 

 

 

 

 

Ever17-つぐみ編&空編クリア 

一応これで3分の1ぐらいはクリア。どことなく伏線かなと感じる場面はありますがまだこのゲームの真実に辿り着けるのは遠そうですね。次は別主人公視点のルートをやる予定なのでシナリオにも大きな変化が出そうですね。

今回も何事もなくネタバレ配慮なしで書いていきます。まだ物語の核心には迫ってないですが一応スペース設け。

 

 

----------------------------------- 

 

 

 

 

 

f:id:rpggameseiha:20171226191322j:plain

徐々に迫るタイムリミットの中、ココに異変が。突然口から血を垂らしはじめ急遽応急処置をする為に機密にされていたエリアに行く事に。

そこにあったのは何かしらの研究室。しかもそこで研究しているウイルスにココは感染していたらしい。そして他のメンツ達も…

取りあえずできるだけの処置は済ませるが終焉が遠ぞく事はなく…

 

f:id:rpggameseiha:20171226191345j:plain

そして迫ってしまったタイムリミット。仲間達も次第にウイルスにより生命が絶たれていくが、体の性質上ウイルスに感染しても問題なつぐみは静かに部屋を立ち去り、最後は何故か優とのフラグが立とうとしてバットエンド。

 

f:id:rpggameseiha:20171226191402j:plain

最後に残された生体反応:1。この時は立ち去ったつぐみが生き残ったのかと思っていたが…。

 

f:id:rpggameseiha:20171226191419j:plain

気を通り直してグッドエンドルートを目指す。各ヒロインの好感度に関係する選択肢がバットエンドの分かれ目になる辺り一応ギャルゲーなのね。

空はAIなのでセキュリティ上機密エリアには入れず…。

 

f:id:rpggameseiha:20171226191439j:plain

今度は無事つぐみルート突入。分け合って二人だけ施設内に取り残されてしまい、沈没直前なのに宜しくない事をする一行。流石に18禁な行為はないがw。

そして伝達によりやってきた自動潜水艦により無事脱出…

 

f:id:rpggameseiha:20171226191454j:plain

にはならず、バッテリー切れになってしまい沈没してく潜水艦。そこで武(主人公)は突然ハッチを開け海中に出る。どうやら何かの法則で潜水艦を浮くように調節をしたらしいが当然武は艦内にいないので…

あそこまで生きる事を拒んでいたつぐみが生を実感した瞬間もしれないですね。krumaが流れるとは思っていたがこの曲はやっぱりずるいw。

しかしこっちでも生体反応は1。多分バットエンドスルーで最初からこっちのルートクリアしてたら武が生きているという解釈をしてそう。多分どのルートでも生体反応は1っぽいなぁ。洗濯機に見えるで吹いたのは内緒。

 

f:id:rpggameseiha:20171230164413j:plain

続いて空編。前半はつぐみルートと同様のテキストが多いので既読早送り長押し。15年前の作品なのでスキップ機能がないのはやや不便。

前のルートでも分かった通り空はAIなので、ややこしいメカニズムの内容が多すぎて頭が少し混乱するw。 でも空編はEver17の世界観構築に置いて重要な意味がありそうだしなぁ。もしかしたらこの世界も映し出された偽りだったりして(。´・ω・)?

 

f:id:rpggameseiha:20171230164826j:plainf:id:rpggameseiha:20171230204607j:plain

 AIって事で予測はしていたが、喜怒哀楽以外の感情を持ち始め武に好意を持ち始める。しかしシステムエラーと判断されもう一人の空と葛藤している空。この後は、修復されたのか分からないまま共通ルートを過ぎ…

 

f:id:rpggameseiha:20171230204539j:plain

 崩壊のタイムリミットが迫った時、つぐみルートとは違い空の元へ駆け寄る。最後も何とかの法則とかを持ち出してエンド。結局助からない。つぐみ編に比べるとややこしい内容が多かったかな(・・? こっちのテーマは何だろね。つぐみ編は生と死だったと思うが、感情じゃ抽象的すぎるし…。

勿論生体反応は1。増え続ける伏線に自身の頭は持つだろうか(。´・ω・)? 

 

 

 

リディー&スールのアトリエ-序盤時点での簡潔感想

f:id:rpggameseiha:20171230205759j:plain

FF12をトロコンしたので、1週間手つかずだったアトリエをようやくプレイ開始。プレイ日記を書く予定なので取りあえず今週は何となくの感想だけ。

(肝心のプレイ日記も他の記事やゲームなどで忙しいので、中々手を付けれないでるいるがw。 やっぱり複数の記事持ち合わせは辛い(^_^;))

 

f:id:rpggameseiha:20171230210014j:plain

戦闘&調合の面白さは今まで通り。逆に言えば新鮮味は薄い。

アトリエ未プレイの期間は一年間だけなのに意外と内容忘れてて勘を取り戻すのに時間が掛かりましたw。

期限はないのでのんびりプレイできますが、トロフィーは時限ありなのとやる事が多すぎて頭がチンプンカンプンしそうなのは相変らず。

 

f:id:rpggameseiha:20171230205918j:plain

不思議シリーズ最後という事もあってか旧登場キャラは総揃い。現在はイルが師匠役になってますが、フィリスやソフィーにその内立ち位置奪われそう。

コルの声ってあんな低かったケ(・・?

 

f:id:rpggameseiha:20171230205829j:plain

今のとこ今作独特の要素を思わせるのは、絵画要素ぐらい。非現実世界を探索してる感じは良いのですが、今までの採取スポットが絵画になったぐらいなので雰囲気づくりには繋がってるが自由度の増加には繋がってないかも。

と序盤の時点ではこんな感じですね。フィリスに比べると良くも悪くも無難な感じですね。安定した面白さはあるけどフィリスみたいなチャレンジ精神は薄め。

 

 

 

今週最後のゲーム漁り KHサントラ、FEifなど

f:id:rpggameseiha:20171229161245j:plain

今年最後に漁った物を二つ。

まずはファイアーエンブレムif 白夜王国。評判は余り宜しくないみたいですが一番身近にできる環境&弟もやるみたいなので通信対戦目的も兼ねて購入する事にしました。まだ大逆転裁判2をクリアしたばっかで未プレイなので書くのは来週以降かな。

最後はキングダムハーツHDのサントラセット。KHの音楽は元々好きな曲が多かったのですが某会社が絡んでるのかDL発売がなかったので購入。

値段もお高いですが、何と7枚組で約200曲と大ボリュームの内容でした。ちゃんと宇多田ヒカルの主題歌も入ってたので満足。ただHD向けにアレンジされてない曲は未収録(一部除く)らしいのでそこは注意ですね。

 

 

 
12月のトロフィー収集状況-FF12で17個目のプラチナ獲得

 f:id:rpggameseiha:20171130201425j:plain

f:id:rpggameseiha:20171230162922j:plain

今月のトロフィー獲得数は53個とやや多くないが、FF12トロコン効果で上昇率は22%とやや高水準の伸びでした。先月は59個で14%と獲得数が劣ってるのにも関わらず上昇率が高いのはゴールドやプラチナの価値が大きいのが分かる。

以下今月の主なトロフィー収集。

 

f:id:rpggameseiha:20171230163426j:plain

FF12は見事トロコン達成。2カ月半ぶりと久々のプラチナでした。

余裕があればトロコン感想を書きたいが… 一カ月たっても書かれないようでしたら、無事積み記事入りって事で。

 

f:id:rpggameseiha:20171230163442j:plain

風雨来記は90%とトロコン直前。大逆転裁判2をクリアしたので来年からのんびり目指して行きます。このトロフィーとプラチナは同率。つまり…

 

f:id:rpggameseiha:20171230163505j:plain

グランツーリスモsportはin率が低下した影響でゲージの増加率は僅か6%。プラチナ率も相変らず低いまま。

 

f:id:rpggameseiha:20171230163406j:plain

プレイし始めたばっかりのアトリエはまだ一桁台。発売からまだ一週間ちょいなのにプラチナ率が0,3%もあるのに驚き。

今までのアトリエ(ソフィー、フィリス)はプラチナ未達成なので今回は獲得したいかなと思っているが、上半期だけでもRPG枠は戦ヴァル無印&4,二ノ国II,うたわれとプレイしたいゲームが山積みなので、プレイしたいゲームが間に合わないならトロコンを諦めるかも。

 

 

 

 

1月発売予定のゲーム✔ 遂に久々の据え置き向けモンハンが登場。

 

 来年最初となる1月はPS4向けに多数の新作が発売されますね。特に注目作であるのはモンハン。久々のPS復帰という事でかなり期待してます(*'▽')。

今週から一部のタイトルは売上予想をしようと思います。初:〇万本 累:〇万本といいった感じで予想していきます('◇')ゞ。(☆は興味度の度合い)

 

PS4 しあわせ壮の管理人さん。 累0,5万 

PS4 ディシディアファイナルファンタジー 初13万 累18万 ☆☆

switch マリオ+ラビッツ キングダムバトル 初2万 累10万

PS4など 銀魂乱舞 初3万 累4万

PS4など 死印(vitaからの完全移植版)累1万 ☆

PS4 モンスターハンターワールド 初70万 累120万 ☆☆☆☆

他廉価版 ダンガンロンパV3,戦場のヴァルキュリア

 

意外と1月発売のタイトル調べたらモンハンの存在感が強かっただけで発売タイトルはそれほど多くないんですね(^_^;)。 2月,3月がその分凄いけど。見る通りswitch,3DSの発売予定が空白に近いので1月にダイジェストをやると予想。

しあわせ壮は当初VR対応でそこそこ話題になってましたが、まさかのVRは後日VR対応と言う嫌な予感をプンプン漂わすので悲惨な結果になりそう。

ディシディアに関しては最近のFFは売上が振るわない事が多いので、FF12リマスターやWOFFよりやや多い20万弱と予想。

モンハンは話題性は抜群ではありますが、携帯機で人気を得たゲームなので売上が読みづらい。でもミリオンは達成しそうですね

と売上予想で枠が埋まってしまいましたが、1月はモンハンと戦場のヴァリキュリアを購入予定です。戦場のヴァルキュリア4と二ノ国IIは時期が被ってしまったけど、どうせなら毎年不作期である5-6月に延期してほしいな(すっとぼけ)

 

 

適当な雑記

今週のゲーム売上-年末商戦でswitchが好調。アトリエは微妙な売上

www.4gamer.net

今週はクリスマスシーズン&switch好調の波があるという事もあってか全体のランキングが高めなのが目立ちますね。その影響で中規模売上のソフトですら圏外になったりしてるので今回はファミ通、電撃データも参考にして書きます。

TOP10の内6本がswitchタイトルを占める結果になり過去作も高順位に復帰したのが多いですね。上位3本はマリオオデッセイ、ポケモン妖怪ウォッチとそれぞれ20万近い売上を記録。何だかんだ妖怪ウォッチもハーフ級の強さはあるのか。

一方マリオカート8DXがミリオンを達成し、今年は何とミリオンタイトルが7本もある事になりました。久々にゲーム業界が活気づいてますね。

 

一方新作はアイマスが2,3万と激減してしまう結果に。固定層が強いゲームかと思っていたがそろそろブランド力が低下してきた(・・?  アトリエは年末商戦という事もありPS4版以外は圏外になってしまう。そのPS4版もフィリスから微減してしまう結果になってしまいました。(でもファミ通データだとフィリスと同程度、2万と3万って微差ってレベルじゃねーぞ!!)

大神は再移植という事を考えればまずまずか。興味のあるタイトルなのでいつかプレイしたい。後、地球防衛軍5がだいぶ粘ってますね。20万突破は余裕そう。

 

 

 

一月のフリプはラチェクラディスガイアなどと結構豪華

PS+民には一つの楽しみでもあるフリープレイですが、1月の配信内容が事前公開されたので✔しました。

openworldnews.net

ラチェクラディスガイア5と二本も当たりが来ましたね(*'▽')。ディスガイアは少し興味があったタイトルなので嬉しい。ただ現在プレイし始めたばかりのアトリエも同じくやり込み系ゲームである上に予定がパンパンなのでいつプレイできるかは全く分からないですねw。

ラチェクラはもうプレイ済みなので、被り枠になってしまいましたね。 逆に言えば過去に書いたラチェクラ記事が伸びるチャンスでもある(小声)まあ一年以上前の記事なので今と比べると文章力にやや問題があるが…w

ボリュームが少ないのが残念ですが、直感操作で楽しめる爽快なアクションゲームなので気晴らしにはおススメできるゲームですね。

余談ですが、リンク貼り付けしようとしたら何故か先頭に張り付く事が多い…。そのせいでHTML編集するハメになってブラウザが重くなるんですよね(-_-;)

rpggameseiha.hatenablog.com

rpggameseiha.hatenablog.com

 

 

 

来年、来月からのゲーム、ブログ予定

1月のゲーム予定は…

PS4,アトリエ、龍が如く0、グランツ(たまにやる程度)、モンハン

携帯機,FEif白夜,風雨トロコン&久遠の絆再プレイ→ペルソナ4G

その他,Ever17ゼノブレイド

 

と言った感じです。全体的に旧作がやや目立つが(゚ε゚)キニシナイ!!。欲しい新作が出ない時期こそ旧作をやるチャンスなのだ。そうなのだ。

 

ブログに関しては来年も週一でゲーム進行記録をメインに書いていこうと思います。複数の簡易プレイ日記を同時に書いてる感はあるがこっちの方がやりやすいので。

アトリエはせっかくなので久々にプレイ日記を書こうかなと思います。ただトロコンする保証はありませんがw。(前2作は未トロコン)

ゲーム音楽の内容はたまーにこの雑記エリアに書くぐらいにしようかなと思います。単品で何度も書くほど記述力がなかった(-_-;)。まあサントラレビューとかを少し考えてるんですけど、出来る気がしないw。

来年はもう少しゲームレビューやトロコンしたゲームの攻略を多く書きたいなと思います。今年もレビュー書こうとしたはしたが「書くの…やっぱつれぇわ」で簡易感想で済ませたケースが多いので、言語力低いのは承知の上で書こうかなと。その内書き続けたらコツも掴めるはず(震え) 

 

rpggameseiha.hatenablog.com

 ↑次回