暇人のゲーム日課帳

自身のゲーム日課をメインに適当に書いていくブログ。ゲーム以外の事もたまに書きます。

今週のゲーム進行状況+雑記24 龍が如く0&FEif白夜プレイ開始,アトリエ,Ever17少年編など

 

rpggameseiha.hatenablog.com

 ↑前回

今週からは暫くスクショ用意できないゲーム、プレイ日記で別枠を書いてるゲームが多くなるのでどう書くかに困ってますw(-_-;)。まあスクショに甘えずに文章を書く機会とでも思っておこう(適当)。

・ネタバレ回避用目次

 

 

 

 

 

 

 

今週のゲーム進行記録

リディ―&スールのアトリエ-メイン進行速度は案の定スローペース

f:id:rpggameseiha:20180107184327j:plain

 ↑多分、マティアスの顔を見る事は二度とないかもw。

プレイ日記を書いてるゲームなので大雑把編集。

現在アトリエの進行具合は6章の真ん中。ようやく覚える事の多い錬金ライフに慣れてきた感じですね(*‘∀‘)。 毎度の事ですが錬金で強いアイテム、装備を作り過ぎてヌルゲー化の道を辿ろうとしてます(^_^;)。やってる事は同じなのに何故かやめれないのが錬金の中毒性と言う物か…(すっとぼけ)。

ストーリーはノート埋める→シナリオ進行→ノート埋める…ソフィーのアトリエと同じ感じで、良くも悪くも作業性が強いのも変わりない。まあ錬金の合間に発生するキャラの掛け合いがメインでストーリーはオマケ程度ですね。

 

f:id:rpggameseiha:20180107190012j:plain

前述通り錬金要素の辞め時が見つからず、ストーリーの進行速度ははっき言ってスローペースですw。 ソフィー先生を最後の仲間キャラクターに持ってくるあたり、優遇されてる感強いですね。まあ不思議シリーズで一番人気高いし…ね(・・?

今週のプレイ日記範囲→ part1 part2

 

龍が如く0-如くシリーズの前日談(箇条書き)

f:id:rpggameseiha:20180103200219j:plain

一年半前にプレイした極以来に龍が如くを再びプレイ。今回はシナリオ評判の高い0をやっていきます。モンハンまでの繋ぎで購入したので、プレイペースに気を付けないといけないですね…。

 

5章まで進行したが桐生、真島共に先の気になる展開が続きますね。ただ主人公二人の接点はないに等しいので、ここからどう交差していくか楽しみですね(*'▽')。

主人公は2章事に交代するので、適度な感じに二人の話を楽しめますね。KH3Dの強制主人公交代は辛かった記憶w。

スクショほぼ不可のゲームなので(下の画像はミニゲームで撮影したが、いっつもこの二人対戦してるな)、箇条書き感想。こうなるとブログにおける写真の存在は偉大だなと思い知る(すっとぼけ)。

  ------------序盤のネタバレ有--------------

 

 

 

 

 

 

f:id:rpggameseiha:20180103200245j:plain

・今回の舞台は今から30年前のバブル真っ最中。この時は生まれてすらいない為どんな時代かさっぱりですが、今とは明らかに違う部分が何個かありますね。例えば連絡経路がポケベルや公衆電話のみだったり、ネオン灯があちこちにあったり…。バブルを知らない世代としては逆に新鮮味が強いですね。

・極が0から流用してるからなのか、施設の造りが全く同じ所が多いですね。そのせいで若干既視感が出ると言うか…。

1,2章は桐生視点でシナリオが進む。何というかイメージ守るためだろうけど、桐生ちゃん少し老けて見えてしまうw。この頃はまだ錦とは対立なんて1ミリもなかった時期ですね。シナリオは何気ない出来事がきっかけで殺害の揺れ衣を着せられ、カラの一坪を中心とした話に巻き込まれていく感じか。何故たった一坪の土地がそこまで重要な立ち位置なのか…。

・2章で不動産の社長が登場するが、某ジャニーズのリーダの顔に見えるw。それと街全部の電気を遮断するシーンはこいつやべぇよ…ってなる。実際、日本の裏の顔を操ってる企業ってどんくらいあるんでしょうかね(・・?

・2章に入るとサブシナリオ解禁。今作も種類かなり豊富ですね(*'▽')。メインの目的地行くはずがサブやり過ぎて全然進まない事は良くある事w。これといった報酬はないけど気分転換にはいい成分。

・パッケージに金と女と暴力と書いてる通り、これらの要素は満載。マネーは序盤でも数百万は余裕でジリ貧でHP回復アイテム買ってた頃が可愛く見えるw。成長システムも金で行うのも時代を反映してますね。どんな感じで成長させてるのか気になる…

・セクシャル要素も相変らず。サブなどで入手したえっちぃなカードを店に持っていくと、桐生ちゃんが…。 ティッシュ映すのは悪意ありすぎw。てか全部で30種類ぐらいあるのか…w。まあサブ要素は気まぐれでやっていきますか。

 

f:id:rpggameseiha:20180106141518j:plain

3章からは大阪が舞台で真島視点に切り替わる。どうやら店のオーナーをやってるらしく極の時の雰囲気違いすぎてビックリしたが、とある事情で極道をやめさせられた真島が極道復帰の取引で経営してたみたい。

・主人公が違うので当たり前だがアクションのスタイルも違いますね。前作は3スタイルの切り替えを全然してなかったのでなるべく使え分けたい。 後は、武具調達の依頼をできるのだがオーナーさん帰ってくるの早すぎるだろw。気にしたら負けだろうけど、絶対飛行機以上の速度の経由がないと無理だってw。

4章でマキムラマコトという人物の殺害依頼を受けるが、いざ現地に行くと誰もいない…。そこで盲目の少女と鉢合わせになり、ちょっと和んだ展開にw。

その後ターゲットの店長と出くわすが、彼がマコトではなく盲目の少女がマコトと発覚。しかも第三勢力も彼女を狙ってる模様。取りあえず、彼女を連れて現場を離れる事に成功はしたが…。一体マコトという少女は何者なのか?

最後は依頼の通り、ナイフを構えたが…。(ここで暗転し、主人公交代)

・5章で再び桐生視点に戻るが、あらすじが用意されてるので、鳥頭な自分でも安心してストーリーを楽しめますねw(^_^)/。でも真島があの後どうしたか気になってしょうがない。 後、錦に服のセンスを指摘される桐生ちゃんは笑ったw。

 

 

 

 

 

ファイアーエンブレムif-13章まで進行(進行具合は箇条書き)

f:id:rpggameseiha:20180106140941p:plain

大逆転裁判2をクリアしたので繋ぎにファイアーエンブレムif白夜王国をプレイ開始。  長らくSPRGの新作にありつけてなかったのでいい機会かもしれないですね。SFCのVCを一作やっただけなのでプレイ経験はかなり浅め。

こっちも直撮りで書いてるのでほぼ箇条書き。個人的にはタクティクスシリーズの高低差の概念がある戦闘が好きだけどFEの大人数の戦闘も楽しいですね。

    ---------------------------

 

 

f:id:rpggameseiha:20180103144727j:plain

・アニメムービーの質はかなり良さげですね。でも3Dポリゴンは一部のキャラが少し不気味…w。まあイベント以外では気にならないが。

・キャラクターはやや萌え路線が強め。SFCのやった時も美形寄りが多かった気がするがまあこれが現代化の波ってやつかな。(すっとぼけ) どっちの国にも妹属性があるので安心ですね。

・まずはチュートリアル暗夜王国白夜王国が争いをしてる所から始まる。主人公の所有権争いで白夜行ったり、暗夜行ったり忙しいですねw。なんか味方に対して敵の数が多いステージ多くない(・・?

・2時間ぐらい進行した所で白夜と暗夜の分岐が発生。このデータを持ってません。で若干萎えますねw。選択肢(選択できるとは言ってない) 自分が購入したのは白夜なのでそっちで進行。

 

f:id:rpggameseiha:20180106141037j:plain

・どちらかの王国に付いた後はマイキャッスル要素が解放。ここで身支度とか店を設置して買い物とかをできるようだが…。何よりマイルームのイチャイチャ加減が凄い。キャラを撫でる要素は予想以上にギャルゲーで少し気まずいですねw。やるのは任意なので突然フリーズがないのが安心だが…。

・8章?で村のやつから襲撃の疑いを掛けられて交戦になったが、村長の言い分が「やってないなら力で示せ!」 うーん…。これは筋通ってるのか…?

・11章は船戦。敵の殆どが飛行ユニットなのと飛行のみ移動可エリアが多いので、弓ユニットと飛行ユニットと扱い方が重要ですね。一回適当に攻めて負けたw。2回目の少し危なかったので戦法やユニットの特徴を再確認すべしかも。

・12章から鎧兵が大量出現。アーマー特攻がないとロクにダメージが与えれないですねw。後、味方も敵も一撃で死ぬことが多い気がする…。

 ・後サクラが可愛い。(小並)

 

 

 

Ever17-視点(主人公)が変わった事により起こる違和感

f:id:rpggameseiha:20180105183504j:plain

 武編のストーリーを2つクリアしたので次は、少年編を開始。

まだ半分も終わってないと思うと先は長い…。

 

f:id:rpggameseiha:20180107193442j:plain

序盤はとにかく違和感が続く展開。武編では登場しなかった松永沙羅が少年編では登場するが、同じ時間軸のはずなのに何の違和感もなく武達と会話をしている。

その変わりココがこっちのストーリーでは登場しない。(一応一瞬だけ幻?として登場するが)各主人公が登場しないこの二人…、パッケージでは手を取り合っているので重要な繋がりがありそうですね。

 

f:id:rpggameseiha:20180107202840j:plain

あと巨大なマグロの謎のインパクトw。

こいつが黒幕かな?(適当)

 

f:id:rpggameseiha:20180107202828j:plain

 しかし少年編と武編の視点の違いを除けばほぼ同じ展開が続くので、少しだれてきますね…(-_-;)。 簡単に言えば長い日常パートの下りをもう一回やるようなもんなので、ここが一番の踏ん張りどころと言ったところか…。

 

適当な雑記

2018年の大まかな目標

疲れ気味で書いてるので前置きはなしで。(投げ槍)

 

①プラチナトロフィー累計30個以上を目指す

現在のプラチナトロフィーが17個なので、1カ月に1つ獲得をベースにやっていけたらなと思います。後はプラチナ率10%以上で埋まるのはなるべく避けたい。ヌルトロファーとは言えノベルゲーで埋まるのはちょっと抵抗ありますねw。まあ今年はノベルゲー率下がると宣言してるので大丈夫でしょう(小声)。

 

②読解力を上げる

ブログやってるくせに全然読解力が増えないのも小さい悩み。

理由として考えれるのは、本を読む機会がないからか?と思い実際に読んでみたら驚く程自分の脳みそに内容が入らない。これは少しずつ慣れるしか方法ないかも…。

 

③ゲーム、ネット以外の時間も設ける

やっぱり画面見っぱなしなのは体にも目にもあんまり良くないかなって事で「他の事もやろう」ってはなるんですが結局見つからずに一日が終わる事が多いので、今年はそうならない日をなるべく増やしたいですね。

 

④ゲームの感想記事(トロコン記事含む)をなるべく書く

 これは前に書いたので省略。

とにかく鳥頭の自分には記憶を保持するのが大変w。記憶保持の役割としても働いてるのが、進行記録&プレイ日記だったりするが…。

 

⑤2017年以上のゲームライフを送る

まあこれは言わずもかな。

ぶっちゃけKH3が出るか出ないかでだいぶ左右されそうですがw。

 

 初日の出(大嘘)

f:id:rpggameseiha:20180106140754j:plain

 タイトル通りですw。本当は初日の出見たかったのですが、やっぱり睡魔には勝てなかった…。 って事で代わりに気まぐれで寄った夕暮れの海の写真うp。

どうでもいいが日の入りを初日の出って言ってもごまかせそう。意味ないけどw。

 

f:id:rpggameseiha:20180106140813j:plain

 枯れ木で夕日を覆うように撮影したらなんか良い雰囲気。

 

f:id:rpggameseiha:20180106140829j:plain

 やっぱり夕暮れの海って何か落ち着きますね(^_^)/。

波の音、ほんとすこ。

 

 

rpggameseiha.hatenablog.com

 ↑次回