暇人のゲーム日課帳

自身のゲーム日課をメインに適当に書いていくブログ。ゲーム以外の事もたまに書きます。

オーディンスフィア プレイ日記part3 ベルベット編&終焉

f:id:rpggameseiha:20190512210033j:plain

令和最初のゲーム購入。今回はイースVIII,デイズゴーン,ひぐらしのなく頃にの3本を購入したが、案の定金欠に…w。6月末までは給料がないので、この2カ月間はこの3本を同時進行していく予定。

 

ベルベット編

f:id:rpggameseiha:20190512210918j:plain

5人目の主人公はベルベット。しかし、露出度がhだ…w

バレンタインの血を引く兄弟に告げられたのは母の予言。それが運命だと分かりつつも、ベルベットは抗う事を決める。

 

f:id:rpggameseiha:20190512211135j:plain

3章では死の国から脱出してきた叔父に当たるバレンタイン王と再会する。

バレンタイン王が現れるや体を震わせるベルベット。台詞からも色々匂わせるけど、一体過去にんな仕打ちを受けてきたのだろうか…。バレンタイン王はドS爺…

 

f:id:rpggameseiha:20190512213057j:plain

ベルベットの使用勝手だが、攻撃のリーチが長く特別癖の強いアクションもないので、最後に操作するキャラの割には癖の少ないキャラだったかも。メルセデスとオズワルトは結構癖強かったからね…w。

それにしてもプリガンは鎧を削るまでが長くて面倒な敵だ…。

 

f:id:rpggameseiha:20190512211546j:plain

4章の最後で魔王軍で囚われの身となってしまったベルベットを助けたのはグウェンドリン。父に愛されない苦悩を明かす台詞も…

この後グウェンドリンは罰を受ける事になる訳か…。

 

f:id:rpggameseiha:20190512211632j:plain

5章ではバレンタイン王とオーダイン王の憎しみぶつけ合いバトル。ベルベットがバレンタイン王に服従してしまいオーダイン王がやられたかと思ったら、倒れたフリをして反撃の機会を狙ってたり中々面白い展開。

 

f:id:rpggameseiha:20190512223646j:plain

6章で戦ったボスはベルドーと…またお前か。正直可哀想すぎる()

べリアルは置いておいて…この魔法使い、前回も書いたが攻撃をしようとしたらワープ移動で逃げるのでとにかく時間が掛かる。多分終焉を除けば一番倒すのに時間が掛かったボス戦だったかも…(強いとは言ってない)

 

f:id:rpggameseiha:20190512211744j:plain

終章ではバレンタインを滅亡へ導いたのはイングヴェイと発覚。

そして獣の姿と化したイングウェイ戦。部位が飛んで攻撃しない届かない一方で殆ど動かないのでワールウインドがかなり有効。

 

 

 

終焉

f:id:rpggameseiha:20190512211842j:plain

5人のシナリオを終えるといよいよ最終決戦。今回は探索は一切なくボス戦だけが続く。最後は5連戦が続き主人公の戦う順番を決めるのだが、ここでは予言を解釈していくと戦うべき主人公が見えてきますね。

正しい主人公を選択すればイベントが発生するので、選択肢が間違っていれば再ロードすれば問題なしかなと思う。

 

f:id:rpggameseiha:20190512212225j:plain

終焉シナリオを開始すると怒涛の展開の連続。レヴァンタンの覚醒、世界樹を求めて指進撃するオニキス、相変らず必死なべルド―… 

正直展開が大きすぎて頭がちょっとついていってない()

 

f:id:rpggameseiha:20190513185455j:plain

 一戦目はコルネリウスで6つ目の獣戦。空中での攻撃手段を把握してなかった事もあり長期戦化してしまう羽目に…。

元の姿に戻ったイングヴェイは後をベルベットに託し息絶えてしまう。

 

f:id:rpggameseiha:20190513190717j:plain

二戦目は醜い姿で蘇ったガロン王。予言によるとガロン王を倒せる者はタイタニアの血を引く者だけ。そしてオズワルトはタイタニア国の血を持つエドガーの息子だった為…。

因みにボス戦は殻を破壊→本体を攻撃と言う流れで戦うのだがこの本体が地上攻撃だと届かないので、攻撃手段が乏しいとかなり長期戦化してしまう…。

 

f:id:rpggameseiha:20190513191527j:plain

3戦目は世界樹を求めて森を全部燃やしちゃったオニキス。故郷が全焼、更にイングヴェイと叶わぬ再開などとても救いがない…。戦闘は操作方法を忘れてしまったのでPP消費を一定時間0にするアンリミデットシャフトでゴリ押し。なんかチキン戦法になってしまったw。

途中からもしかして…とは思っていたが世界樹の正体はメルセデスフォゾンが消滅した影響で最後は命が絶えてしまうが…。

 

f:id:rpggameseiha:20190513193135j:plain

4戦目はバレンタイン王の手により目覚めてしまったコルドロン。ガロンと同じく殻を破らないといけない仕様なので長期戦に…。呼び出されるザコが思ったより痛くて3回死にかけたw。

コルドロンを停止する事には成功したものの、脅威はまだ消えていない…。

 

f:id:rpggameseiha:20190513193647j:plain

5戦目は完全な姿として覚醒したレヴァンタン。とにかく巨大なボスな為、背中を辿って行きながら頭部まで行かないとならない。落ちたらちょい面倒。攻撃手段は前方を連続攻撃するニードルストライクが有効。

竜を倒したが空中に放り出されたグウェンドリン。生死を彷徨うが…

 

f:id:rpggameseiha:20190513195021j:plain

5連戦を終えると、本を読んでいたアリスのシーンに切り替わる。今までずっと喋らなかったキャラが喋るシーンって凄くおぉ!ってなる(語彙力)

世界が無くなってしまう話にショックを受けるアリスだったが、気まぐれな発言が災厄を打ち払う事になる。あの二匹のプーカはもしかして…

 

f:id:rpggameseiha:20190513195347j:plain

運命に導かれて集った4人の主人公達。メルセデスだけがここに居ないのが凄く寂しい。そして予言書によるとこの世界で生き残れるのは冠無き二人の王だけ…。

災厄を阻止すべくベルベットはコルドロンを操ろうとするが、その代償でプーカの姿になってしまう。ただこれで予言書通り生き残る人間が2人だけになるので結果的は良かった…のかな?。

 

f:id:rpggameseiha:20190513195535j:plain

グウェンドリンとオズワルドが目覚めるとそこには枯れ果てた大地が。 死の国より酷い状態の中で生きていかないといけない…そう思っているとフォゾンが降り注ぎ自然が蘇っていく。ここで流れるED曲が素晴らしかったですねー。

ED後の一枚絵に映っていたのは世界樹。かなり悲惨な展開になってしまったメルセデスだったが、少し救われた気分かもしれない…。

 

 

f:id:rpggameseiha:20190514201552j:plain

スタッフロール後に始まるカーテンコール。ゲーム内でもお世話になった商人が誰かに語りかけてるようだったが、話の展開的にアリスが読んでいた本の作者なのだろうか…?。

 

エンディングは様々な分岐があるみたいなので、トロコンも兼ねてプレイしたいと思うがデイズゴーンとイースVIIIを既にプレイ開始してしまったので、積みゲー化するかしないか半々ぐらいかも…w。