ひたすらゲーム発掘日記

日々のゲーム記録や振り返りを書いていくブログ。プレイ日記、発掘記録はネタバレのオンパレード。 

軌跡シリーズ初心者の空の軌跡SCevoプレイ日記part4 三章 狂ったお茶会

今回は三章のプレイ日記ですがゲームは6章まで進んじゃってますww

このままじゃ5章のプレイ日記書くころには…

 

前作のクーデターの首謀者リシャール大佐に仕えていたカノーネが再び登場。

今回は一体何を企もうとしているのか(・・?

f:id:rpggameseiha:20160727195007j:plain

今回は久々の王都グランセル

迷子の子供がいるらしいので、エルベ離宮にいるらしいのでいきます。

f:id:rpggameseiha:20160727195456j:plain

迷子探しの途中で公爵が。 前作と同じく偉そうな感じw

f:id:rpggameseiha:20160727195538j:plain

公爵のイベント後、執事が左上の部屋に入ってて机の下を見ると、一章の時にいたレンが。 ふみゃ~んってネコぽい発言

 

レンをギルドまで連れていった後に各地脅迫状が送られていたとの報告が。

あ、これ脅迫状の届いたとこを全部調べるやつ‥

f:id:rpggameseiha:20160727200954j:plain

f:id:rpggameseiha:20160727200931j:plain

またまたオリビエの変態発言がw  

とりあえずミュラーはオリビエに関しては色々大変だな

f:id:rpggameseiha:20160727201247j:plain

レンは中々攻めてきますね。完全にドSの人間w

ティータとは真逆のタイプかも

 

脅迫状の調査が終わったところでレンが手紙を渡してくれましたがそれは意外な人物からの、

f:id:rpggameseiha:20160727203735j:plain

 しかしボイズがあるせいで、文章で察する前にヨシュアと分かってしまうw

 原作はボイズないらしいけど、ボイズでネタバレするってのが今後多そう。

てかこれはネタバレではないかw

 

f:id:rpggameseiha:20160727204132j:plain

 しかしそこにいたのはヨシュアではなくケビン。

どうやらケビンもここに手紙で誘導されたらしい。

いきなり影が現れたから、少し怪しいとは思っていたがw

って事はあの手紙は罠か(・・?

f:id:rpggameseiha:20160727211020j:plain

そしてギルドに戻ると、眠っている仲間達が。

完全にハメられたな。しかもレンがいない。 

 置手紙には、「レンと公爵は預かった。 お茶会に来い」と書かれてました。

やっとタイトルに関係のある話にやってきましたね。

f:id:rpggameseiha:20160727212102j:plain

途中でアガットと合流。 レベル差がやや大きい気が…

サブクエやってないのが原因かも知れない。

f:id:rpggameseiha:20160727212540j:plain

お茶会の現場にはカノーネが。

そこには公爵もいましたが、この感じだとガチでさらわれたぽっいですな。

f:id:rpggameseiha:20160727213548j:plain

イベントを進めるうちにカノーネの目的がリシャール大佐の解放が目的なのが分かりました。   

ここまでしてリシャール大佐を解放しようとするあたり、まだリシャール大佐をかなり慕っているみたい。

f:id:rpggameseiha:20160727214150j:plain

ここで、カノーネがだしてきた兵器と対決になりました。

ユリア大尉がゲスト枠参戦。 

クラフト数は少ないけキャラ性能は中々。 戦闘は思ったより簡単でしたが、カノーネと直接対決で二連戦。 セーブさせてくれー。

f:id:rpggameseiha:20160728214815j:plain

 今回の黒幕さん登場。 事前にレンが結社の人間というネタバレは知ってしまってたので少し残念な気持ち。

 

f:id:rpggameseiha:20160728215830j:plain

 レンの両親らしき人物を突き落とすやらロボがでてくるやら中々凄い事に。

1章にいた親は機械だったのか( ゚Д゚) それにこのロボットをパパとママと言うあたり過去に深い事情がありそう。 

今までエステル達といた時間は楽しんでたみたい。 こういう感じの裏切者って全て演技だったりするけど、今回は半分演技ってとこかな。

 

今回はここまでですが、ゲームの進行スビードにプレイ日記の更新スビードが追い付かない。