暇人のゲーム日課帳

自身のゲーム日課をメインにダラダラ書いていくブログ。ゲーム以外の事もたまに書きます。

アルティマニア片手にサガフロンティア2プレイ日記part5(完) 最終シナリオ サウスマウンドトップの戦い&最後のメガリス

無事サガフロ2をクリアしたので最後のpartを書いていこうと思います('◇')ゞ。今回は高難易度シナリオなので攻略寄りな記事になった気が…w。

前周のプレイではクリアできなかったサウスマウンドトップの戦いに見事勝利、完熟エッグ討伐、全シナリオクリア(街シナリオは除く)と2周目らしいプレイができたかなと思います。 前置きはこの辺で…。

 

ギュス編 サウスマウンドトップの戦い(最終コンバット戦)

f:id:rpggameseiha:20171212175538j:plain

ギュス編最後を飾るシナリオは4度目となるコンバット戦。ヤーデ侯のデーヴィドと偽ギュスターヴとの戦乱が幕を開ける。

何となくプレイで勝てた今までと違い戦略と運がかなり重要になります。

 

f:id:rpggameseiha:20171212175939j:plain

この戦闘では鉄器兵率いる偽ギュスターヴ達が脅威。他兵士に比べHPが2倍も高い上にチャージなど強力な攻撃を使用してくるので無理に戦うとゴリゴリ削られる。 しかし偽ギュス撃破以外にも8ターン耐えて勝利する条件もあるのでそちらの戦法で攻略していこうと思います。

しかしこの偽ギュス達は3ターン目まで動きません。なのでそれまでに一般兵をいかに削れるかが重要。4ターン目以降はユニットが全滅しない用に気を付けながらひたすら耐えます。毎ターン偽ギュス達の手前に配置すれば相手は一マスしか進めないので8ターン目まで耐える事ができます。

ここで注意するのは偽ギュス達も戦闘可能な相手が居ればエンカウントしてくるので3ターン目までは絶対に3マス距離を離す事。そして4ターン目に偽ギュス達の一歩手前に味方ユニットを3体配置する事。後はこの足止めユニットが壊滅しない限り勝てます。

自分は他にも敵ユニットが三体ほど残っていたのでそれらを処理しながら戦っていたので常にヒヤヒヤしてましたw。自陣地入られる所だったし…

後弓ユニットは撃たれ弱いので(盾未装備の為)兵士数が4体のユニットを相手すると最悪の場合、兵士数4人でも全滅する可能性があります。なので無理な戦闘は防御して耐えるのも重要。他ユニット含め。

 

f:id:rpggameseiha:20171212181309j:plain

何とか8ターン耐え抜きました ^^)。一度8ターン目でやられたのでモチベ低下しまくりでしたが、何とかクリアまで辿り着けた…。難しい上に長いのは本当辛い。

 

f:id:rpggameseiha:20171212181440j:plain

最後はデーヴィドによる演説と世界初の平和条約「ハン・ノヴァ条約」が結ばれ長かった戦乱はようやく幕を閉じるのであった。

この後の歴史はゲームで語られないが術と鋼が共存した世界が続くと思いたい。

そしてもう一つの歴史も結末を迎えようとしていた…。

アルティマニアではデーヴィド軍は術と鋼を混ぜた戦闘を行ったと言うが、弓軍と槍軍しかいないじゃないか( ゚Д゚)。 相手の方が鉄器兵居たりフレイムナーガー使って来たり逆じゃないかと突っ込みたくなりますw。

 

 

 

ナイツ編 最後のメガリス(準備編)

f:id:rpggameseiha:20171212182150j:plain

 ナイツ編もいよいよラストダンジョン突入。不気味でありながらどこか神秘的な所ですね(小並) まるでアニマを司る古代遺跡の様な…

 

f:id:rpggameseiha:20171212182505j:plain

ここではダンジョン内に居るボス敵を撃破する事でラスボスを弱体化(形態を減らす)事が可能なのですが、今回はこれを全部スルーして完熟エッグを倒したいと思います('◇')ゞ。 ただでさえ強いエッグがもっと凶悪になりますw。

 

f:id:rpggameseiha:20171212182550j:plain

ただ今の戦力ではやや力不足なので技の閃きとステータスの強化を行っておきます。 弱い敵でもステータスは成長できるのでザコ敵でステータス強化、強い敵とエンカウントしたら閃きを試します。

今回手に入れた技はマルチウェイと水晶のピラミット。後者はともかく前者は強い技なので是非とも欲しい!と言いたいところだが中々閃いてくれませんでしたw。しかも閃いてくれたのは資質のないロベルトと世の中は不条理だと思い知る。 流石最強の一般人ロベルトだけの事はある。

 

f:id:rpggameseiha:20171212183037j:plain

後は4連携技を予め準備しておきいざエッグ戦!。

エッグ戦であったら便利(と言うか必須)な物をまとめると…

必須級 ☆☆☆

・強力な技(単体で1000以上は与えれる技) 燃料切れを防ぐ為にWP消費技とJP消費技を一つずつ用意しておく事。火力がないとまず倒せない。

・黒の石鎧(ちゃんとシナリオを進めてたら一つはあるはず。石化攻撃がある石形態では絶対必要と言っても過言ではない)

・デッドストーン(LPの少ないジニーとプルミは装備してないとかなり苦戦するかと思われる。特にジニーは死亡した時点でゲームオーバーなので必須)

準必須級 ☆☆

・強力な装備、各属性のアニマ(なるべく防御力の高い装備と音属性以外のアニマを使用できる用にしておきたい)

・生命の水…生命力強化で追いつかない回復や倒れた仲間を復帰させれる術なので全員使える用にしておきたい。

・生命の息吹…状態異常回復技で主に石形態でお世話になる。できれば全員付けておくべき。

・ガードビースト…30%で完全防御が入る便利な術。これも全員使える用にしておきたい。

・生命力強化…毎ターン自然回復が付く術。これもガードビーストと同じくかなり便利なので全員装備しておきたい。

あれば便利かも ☆

マインドスケープ…全員に連携率増加と状態異常防止効果を与える術。あくまでも全員に掛けれる術なので枠が足りないなら二人ぐらいでもおk。

リヴァイヴァ…ドラクエでいうリザオラル(説明投げ槍)。一応宿形態(後述説明)とかで余裕がある時に掛けれると便利かも。

 

 

ナイツ編 最後のメガリス(エッグ戦)

f:id:rpggameseiha:20171212185014j:plain

ラスボスは宇宙空間に包まれた不思議な空間での戦い。エッグの出現とともにラスボス曲Mibgestaltが流れ始めます。このBGMは今まで使われたメロディを集結させた曲になっていて緊張感を最高潮まで上げてくれますね。

70年間エッグを追い続けたウィルは意気込みがかなり入ってますね。他のメンツもそrぞれ意気込みを語っていますが…

 

f:id:rpggameseiha:20171212185404j:plain

一人場違いな事を言ってますねw。ヒドイです><

小説でもヒドイです言ってたので口癖なのかもしれないw。

 

f:id:rpggameseiha:20171212185547j:plain

いよいよエッグ戦。全形態と戦う事になる完全版なわけですが全形態合計のHPは何と20万以上!。 今までの中ボスのHPが3万ちょいだった事を考えると、えげつない事が分かりますね。 しかも最初の形態と最終形態以外は5ターン以内に倒さないと逃げられてまた倒すハメになります。

またエッグを倒す上で共通して覚えておきたいのは…

補助魔法(ガードビースト、生命力強化)は最初のターンで掛けておく。倒れたりなどで効果が切れる事もあるが以後は余裕がある時だけ掛ける。(早く倒さないと次の形態に逃げられるので)

全員動ける状態なら4連携を狙う。もし無理なら連携時に使用しない方の消費技を使う。(連携時にJP消費技を使うなら連携できない時はWP消費技を使用)

倒れた味方は生命力強化で早く起こす。 (LPを減らしたくない場合は除く)特に石形態で石化無効の味方が死ぬと一瞬でゲームオーバーの危機になる。

回復が追い付かないならLP消費回復も使う。

・各形態はかめごうら割りで防御力を下げてから攻撃する。 

・何形態か分からない場合(通常形態の見た目)はエンシェントカースと世界の合言葉は森に要注意。

こんな所か。取りあえず強敵なので予備知識がないとしんどい(-_-;)。

 

 

 まず最初の形態は強力な攻撃はしてこないものの、LPを削る全体攻撃スタークエイクがウザったらしいです。なので補助魔法を掛けたらさっさとHPを削っていきましょう。(ここで早速LPダメージ無効のデットストーンが活躍)

以降はランダムで形態が切り替わり、全部の形態を倒すと最終形態が出現します。なので各形態に分かて書いていきます('◇')ゞ。

 

◇通常形態2,3

HPが低い上に攻撃方法も最初の形態と変わらないので苦戦はしない。ただスタークエイクによるLP削りに注意。

 

◇水形態

水属性の技をメインに使用してくるので湖水のローブなどを装備していると楽に戦える。また水耐性のある装備は熱耐性も大抵付いているので他の形態(特に炎)でも約に立ってくれます。

スタークエイクもないので防具が揃っていれば雑魚ですがHPが高いので無理ならスルーしておきましょう。

 

◇獣形態

ダメージの高い最強打と状態異常攻撃があるので補助魔法がリセットされやすい形態。

ただ状態異常の回復に専念してるのと撃墜に間に合わないので、毒になった味方は倒れるまで使用しても問題なし。

 

◇音形態

無駄に硬い形態。かめごうら割りは必須。

攻撃ターゲットを味方に向けるサイケデリックウィスパーが厄介。全体攻撃は絶対使用しないように。  それ以外は問題なし。

 

◇石形態

一番厄介な形態。エンシェントカースは全体石化技で何と石化率は80%。

石化耐性が付いてる味方は常に生命の息吹を使用できるようにすべし。自分は石化回復役がLP貧血を起こし回復が追い付かずに一回ゲームオーバーに…。なので石化回復役はデッドストーン装備してるキャラが良いかも。(プルミがおススメ)

またスタークエイクを使ってくるのもやらしい。

 

◇術形態

世界の合言葉は森は耐性がないと300ダメージを超える強力な技。術形態と分かったらHPは常に高めを意識しておきましょう。

育成をある程度してるなら思ったより苦戦しない形態。ここはLP回復を手加減しなくても良いと思います。ただし撃墜できるなら。

 

◇炎形態

水形態と同じく耐性があるとザコ形態。ただプルミが耐性弱かったのでしょっちゅう倒れてましたがw。

HPが高い形態なので体制が整ってないならあえて倒さずに補助魔法掛け、WP&JP回復に回した方が良いと思います。

 

そしてすべての形態を倒すと…

 

f:id:rpggameseiha:20171212193031j:plain

来ましたね、最終形態。攻撃方法はゼノサイドとシューティングスターのみになり力押しの勝負になります。 

ゼノサイドは世界の合言葉は森に劣らない強力な全体攻撃なので、生命の水、生命力強化での回復はほぼ追い付きません。なのでLP消費で回復していきます。その為に最終形態までにどれだけLPを維持できるかが重要。初見時はプルミのLPが0になり陣形が崩れ負けた記憶…。

 

f:id:rpggameseiha:20171212193515j:plain

最終形態は常に4連携を狙って戦います。 火力があれば3ターンから4ターンで倒せると思います。

 

f:id:rpggameseiha:20171212193724j:plain

念願完熟エッグをったぞー!

そして最後の結末へ…

 

ナイツ編 最後のメガリス(エンディング)

f:id:rpggameseiha:20171212194200j:plain

ラスボス後待ち受けていたのは巨大化したエッグ。

何故か生き残ったエッグに仲間達は戸惑いを見せるが…

 

f:id:rpggameseiha:20171212194340j:plain

グスタヴの持っていたギュスターヴの剣によりエッグは完全に割れる。70年間追い続けた因縁は表の主人公の形見により終結を迎えた。

今までの事がこみあげ泣きだすウィル。自分もこれでようやく長い因縁が終わったのか…って気持ちになりますね。

そして静かにこの地を去るジニー達。

 

f:id:rpggameseiha:20171212194830j:plain

 そうしてパッケージイラストの意味に繋がります。

ここのシーンは鳥肌でしたね(*'▽')。 今まで繋がりの弱かった二つのストーリーが遂に繋がった気分。 アニマを妨げる鋼の剣だからこそ成し遂げれたことですね。

それでも剣が折れるぐらいエッグの力は強力だったという事になるが…

 

f:id:rpggameseiha:20171212195247j:plain

ラスボス戦考察で記事が長くなってしまいましたがラスボス撃破に掛かった時間はおよそ40分。ゲームクリアまで約20時間でした。

やっぱりこのゲーム、ボリュームは控えめですね。歴史を跨ぐゲームだから2倍ぐらいボリュームあっても良かったと思うが…。何というか何故sagaシリーズでやったというか…

それはともかく後日感想記事書こうと思います( ..)φ。

2017年プレイしたゲーム 簡潔な感想まとめ携帯機+その他機種編

ほぼ今年プレイしたゲームの感想(kanon,大逆転裁判は後で追記予定。感想を書いてない記事は目次に表示されないようにしておきます)を書き終えたので、下書き放置してた記事を再公開しました。

今回の記事はPS4以外の機種全部が対象なので、感想を書くゲームの機種がバラバラになってますがご了承を…。

・感想一覧

 

 

 

点数は5割主観的5割客観的につけるので世間では評価が良くても自分が会わない場合は点数が低くなるかも。

点数

~4点  何なのだこのゲームは!?と後悔するゲーム。 クソゲー判定

4点~ 欠点や気になる所があるが一応楽しもうと思えば楽しめる。 微妙ゲー判定

6点~ ゲームとしては普通に楽しめるが特に印象にも残らない。 凡ゲー判定。

7点~ 気になる所はあるが概ね楽しめたゲーム やや良ゲーライン。

8点~ 完成度が高い、もしくはかなり楽しめたゲーム 良ゲー判定。 

9点~自身がかなり気に入ったゲーム。もしくはかなり完成度の高いゲーム。 神ゲー判定。

10点 多分、滅多に付けることはない点数。 凄まじい完成度のゲームのみに付ける点数。

 

 

PS ファイナルファンタジータクティクス

f:id:rpggameseiha:20171122193208j:plain

FF初となるSRPG。その為外伝作品ではあるが、中世の暗黒時代を思わせるブラックな世界観や戦争、身分差別、単純な勧善懲悪で割り切れないキャラ達などを取り入れたシナリオはかなり魅力的。それだけに後半からはこういった要素を感じ取れる機会が減っていくのは残念でした。

システムはタクティクスオウガとFFのジョブシステムを融合したかの様なものになっており良い感じにFFらしいSRPGになっている。システムに慣れてない序盤~敵が強い中盤は丁度いい難易度だったが終盤からインフレ化し始め戦闘バランスが悪くなっていくのはやや欠点。

戦闘シーンを盛り上げるBGM(ラムザ君の憂鬱など)やトゥーン基調の2D,3Dが混じったグラフィックも魅力的。 

暗い世界観やナンバリング作品とかけ離れたシステムなど、やや好き嫌いが分かれる作品ですがハマれる人はとことんハマれる作品だと思います。

プレイ時間30時間強 点数8.5/10

 

 

PS サガフロンティア2

f:id:rpggameseiha:20171211175634j:plain

 PSで展開されたサガフロの2作目。しかし何でもありの自由度の高いテイストの前作とは真逆の内容になっている。

世界観は術が優遇されているファンタジー基調の中世時代が舞台となっており、グラフィックは2D基調の水彩画がかなり綺麗。また浜渦氏の手がけるBGMも良質でサガフロ2の雰囲気や世界観にマッチングしている印象。

また一世紀に渡ってストーリーが描かれるのも特徴で、時代の移り変わりで世界情勢や登場人物が変わっていくのは歴史を傍観してる気分になる。特にギュスターヴを軸としたシナリオ展開は術不能者でありながら自らの道を見つけ出し歴史を変えていくドラマ性の深いに内容になっている。 その一方で説明・描写不足が目立ちここはどうなったのか?となる場面などが多数ある。

一方でsagaシリーズの醍醐味である戦闘や育成は歴史を追っていくゲームデザインになった影響で自由度がかなり低下してしまい(自由に街やダンジョンを行き来できない)物足りなくなってしまった。

ストーリー&ビジュアル面は良くできているが、sagaシリーズ独自の良さが大きく失われてしまったので好き嫌いが分かれやすいかもしれない。自分は好きなので高得点を付けましたが、従来のsagaとして見ると6点ぐらい妥当かも…

プレイ時間20時間 点数9/10

 

 

PS2 リトルバスターズ

f:id:rpggameseiha:20171111164717j:plain

 key作品の4作目。PS2でのプレイだったので快適性が若干劣っていた印象。

シナリオは友情をテーマにしている事もあってか横の繋がりがメイン。

日常パートはkeyらしいノリでクラナドと同じく楽しい。ミニゲーム要素がそれをより沸きたてていた印象。ギャルゲー成分が作品を重ねるにつれ強まって行ってるのは気のせい。

個別ルートは難解な話や少し退屈する内容(個人的に)でこれといって印象に残らなかったが、最終シナリオであるrefrainは今までの伏線回収も含め感動できる内容になっていました。

BGMはAIR,クラナド程印象には残らなかったが良曲揃い。

プレイ時間約40時間 点数8/10

 

 

PS2 智代アフター

f:id:rpggameseiha:20171211175702j:plain

クラナドの智代ルート後の話が展開される外伝作品。

BGMの良さ(特にOP曲)やkey独自のテキストは健在で安定したシナリオの面白さはある。ただシナリオのテーマ性が他作品と比べて暗めであり、最後の展開も報われないバットエンドでここはかなり好き嫌いが分かれる。最後の展開に対してどう思うかでかなり評価が変わると思います。

一応クラナドの関連作品ではあるが派生元の本編とは結構毛色が違った印象。それと外伝作品という事もあってかボリュームはかなり少ない。

プレイ時間約10時間 点数8/10

 

 

PS2 Kanon

f:id:rpggameseiha:20171211175722j:plain

 クリア後に追記予定。1ルートだけやって感想書くのはどうかと思うが…

 

 

 

PSP うたわれるもの

ストーリーを読むADVと戦闘を行うSRPGを交互に進めていく和風戦記物。

叛乱をきっかけに国盗り合戦へと発展していくシナリオは戦国時代を思わせる内容で引き込まれる内容になってました。それゆえに終盤の展開は好き嫌いが分かれるかも。

和風な雰囲気を漂わせるキャラクターやBGMも良好。

SRPGは良くも悪くもシンプルで手ごたえのある戦闘を求める人には物足りないかも。あくまでもゲームを盛り上げる一つの要素と言った所か。

クリア時間30時間ぐらい? 点数8/10

 

 

PSV ネットハイ

リア充の嘘を暴くというネット文化を存分に入れた逆転裁判方式のゲーム。

名前通りネットスラングがあちこちで用意されており馴染みのある人なら楽しめると思うが、苦手意識のある人には敬遠したくなる内容かと。

バカゲー臭が漂う一方でストーリーは現代のネット社会に立ち向かうという王道な内容になっている。

その一方で対決パートは非常に難易度が低くやりごたえは殆どない。

一風変わったADVがやりたい人にはおススメ。

クリア時間25時間ぐらい? 点数7/10

 

 

PSV AIR

f:id:rpggameseiha:20171111164956j:plain

泣きゲーと名高いkey作品の2作目。

前評判の通り、家族愛にスポットを当てたシナリオはキャラの描写などもしっかり描かれており、所々感動させられました。(一応ジャンルは恋愛アドベンチャーだがそっち系の要素はほぼない印象)

また90年代の夏のノスタルジックを感じさせたリ、よりイベントシーンを印象的にさせるBGMの出来も良い。個人的にはストーリーよりBGMの方さ刺さった印象。

結構前のゲームと言う事もあってか、台詞回しやキャラデザは古臭い。

プレイヤーが関与するのが選択肢のみだったり、遊び心の乏しさなどゲーム性は限りなく低い。(ゲーム性はノベルゲーム最大の課題とも言える気もしなくない)

クリア時間 25時間ぐらい 点数8/10

 

 

PSV CLANNAD

f:id:rpggameseiha:20171111164759j:plain

 クラナドは人生のフレーズで有名なkey作品3作目。

序盤~中盤は個別ルートを進める学園生活、終盤からは大人になっていく過程が描かれるアフターストーリーの2部構成になっており、前作と同じく感動させられる場面は多数。ボリュームの多さを生かして様々な形で家族関係の描写を描いてたかと。

最後の展開は少し唐突すぎて初見は感動より戸惑いの方が多かったが、一応シナリオの筋は通ってたので、さほど問題点にはならないかも。

前作より個別ルートが大幅に増えておりボリュームやシナリオの幅が増えた半面、トゥールエンドにかかる時間や難易度が上昇している。こだわりがないなら攻略を見た方がテンポよくシナリオを進めれる。

AIRに比べると古臭さはだいぶなくなった印象。キャラは相変らず見た目、性格共に好き嫌いが分かれやすい物である。

ネタ要素やギャクのパターンが豊富で、笑える所も有り。流石に10年以上前なので少し古い気がしなくもないが…。

BGMも相変らずの良い出来で、ゲームの雰囲気や演出をより印象深くさせている。

プレイ時間 40時間~50時間 点数8/10

 

 

PSV 閃の軌跡

f:id:rpggameseiha:20171111164825j:plain

シリーズが出過ぎてKH並に風呂敷が広くなったゲーム。一応閃シリーズからでも楽しめると思うが自分はクロスベル関連がさっぱりでした。

貴族派と革新派の対立を中心に繰り広げられるシナリオやNPC一人一人にキャラ付けされてたりと舞台設定は良く出来ている。

BGMは完成度が高く、リピートしたくなる曲も比較的多め。

戦闘などの基本システムは今までの軌跡シリーズがベースだが3D化に従って細かい変更があったりする。 ロード時間増加やもっさりしたモーションは3D化の発展途上感を匂わせる。IIIでの進化に期待。

シナリオはお使い展開や続編前提の終わり方など気になる所が多め。

プレイ時間 40時間ちょい 点数6.5/10

 

 

PSV 閃の軌跡II

f:id:rpggameseiha:20171111164908j:plain

閃の軌跡クリア直後から始まる前作の続編。 基本的な内容は前作と同じだが、細かい修正、改善点、追加要素があり遊びやすくはなっている。 

前作の一本道構成を踏まえてか後半からは自由度が高くなりやりこみ要素も豊富になった。BGMも前作同様良曲揃い。ただIでも使用した同じマップを再度探索したりとSCと同じく使い回しが目立つ。

一方でシナリオ展開は淡々とした内容が続き、伏線も何個か回収されず終わってしまうので不満感が目立つ。一応一区切りは付いたが。 軌跡シリーズどころか閃の軌跡すら終わらない状態が続いているのでそろそろ完結させてほしい。

プレイ時間 40時間ちょい 点数6/10

 

 

PSV 風雨来記3 

 

f:id:rpggameseiha:20171211180736j:plain

北海道全地域を駆け巡る一風変わったADVゲーム。実写の静止画+一枚絵という仕様だが絵はちゃんと溶け込んでいる印象。

メインの旅要素はバリエーション豊富なロケーションを巡れる事もあって中々充実している印象。メジャーなスポットは勿論、穴場スポットも多くある。 観光好きな人、北海道に興味がある人には楽しめると思います。

もう一つのメイン要素である恋愛は可も不可もないあっさりとした感じで特に印象に残る内容はありませんでした。一応オマケ程度には楽しめる出来。

またフラグ管理がややこしく、特に一部のヒロインルートの攻略は自力ではかなり困難かと思われる難易度になっている。

一応北海道のロケーションを楽しむゲームとしては充分楽しめました。ただ主人公の意識高い発言が少しウザいw。

プレイ時間 一人旅+ヒロインルート全制覇で約40~50時間。

点数 6.5/10

 

 

 

 

Wii さよなら月の廃墟  f:id:rpggameseiha:20170924205103j:plain

廃墟探索をテーマにした作品。

現代の日本をモチーフにした廃墟リアリティに作られていて、環境音まで拘っているので退廃感漂う雰囲気は最高クラス。 後半になっていくと廃墟との関連性が見られないステージが減っていくのが残念。おまけに一本道なステージ構成が続くので怠さ倍増。

ストーリーは序盤は一人ぼっちな感じを味わえたが、物語が進むにつれ他キャラの登場キャラが増え終盤にはSFチックな展開になるのは好き嫌いが分かれる所。また説明不足な所も目立つ。

ゲームシステムは懐中電灯をwiiリモコンに見立てるなど工夫してる部分も見られるが、全体的にもっさり動作やUIの不親切さが足を引っ張っている。

雰囲気ゲーとしての魅力はあるが、それ以外の要素の不満が強くて良ゲーになれなかった印象が強かったです。

プレイ時間10時間 点数6/10

 

 

3DS 大逆転裁判

後で追記予定…だが2の感想を別記事書く事になるのは何か躊躇いが…w。時期的にプレイするのは来年になりそうだし…。

 

 

 

 

今週のゲーム進行状況+雑記⑳ FF12&サガフロ2クリア,風雨来記3トゥールエンド、他kanon&大逆転裁判プレイ開始など

 前いつも寄ってるゲームショップに行くとswitchが一台だけ置いてありました。おおってなったがどうやら抽選キャンセルで余った分らしい。まだまだ入手しやすいとは言い難いが、普通に置いてるだけでレアな光景ってのもなんか面白いw。 まあ自分は金ないんで買いませんでしたけど(-_-;)。

そして、冬と言えば、寒い。寒いと言えば鼻炎が辛いw。おかげでゲームに対するモチベがやや低下中。まあ一番辛いのは起きた後の午前中らへんなので、ゲームへの影響は薄いかな。

f:id:rpggameseiha:20171210213538j:plain

モンハンβで3rd以来にプレイしましたが、モンハンとしてはそれなりに進化してたかな。まだ30分程しかプレイしてないので感想はこれといって書けませんがw。

少なくとも臨場感は大幅にUPしてるけど、中身はいつものモンハンって感じ。

 ・ネタバレ回避用目次

 

 

 

 

 

 

 

今週のゲーム進行状況

ファイナルファンタジーXII-35時間程掛けてストーリークリア

f:id:rpggameseiha:20171209204923j:plain

3週間ほどかけて無事FF12クリア。グランツーリスモの低下したモチベが全部こっちに回ってきてるので少し早めにクリアできました。

だがトロコンには結構な時間が掛かりそうなので(wiki見る限り)、トロコンを目指すなら間違いなくアトリエがプレイできるのは数週間ほど遅くなりそうですねw。 まあ初期パッチが当たる(バグ多いのは間違いない)&ある程度の攻略情報が出る頃かと思うので時期的には悪くなさそうだが。

↓以下クリアまでの簡易プレイ日記的なの。

 

f:id:rpggameseiha:20171204175708j:plain

週初日から帝国兵にボコボコにされる事態w。FF12は敵に囲まれるとあっさり逝ってしまうので注意が必要。

対策で3体以上敵がいるならドンブムを使用するようにすると死亡率がやや低下しました。 攻撃魔法も範囲攻撃なので〇体以上と一緒にセットするとMPの節約にもなりますね。 ちょっとずつ学習してマニュアル戦闘(自分でコマンド入力する場面)を如何に減らせるかがFF12の醍醐味ですね。

 

f:id:rpggameseiha:20171204175733j:plain

パーティ側が大きくレベルが高いエリアはガンビットOFFのキャラを操作しながら二人に盗むをセットすると申し訳程度に稼げれます。

 

f:id:rpggameseiha:20171204175755j:plain

今まで放置していたモブ討伐を少しこなしたら一気に受注数が増えましたw。

モブに苦戦しないって事は標準の進行具合じゃないって事だろうなぁ。まあテレポストーン買えるようになったので、やる機会増やそうと思いますが。

 

 

f:id:rpggameseiha:20171209211729j:plain

 今まで存在を知らなかったクランを訪れる。

これでやっとクランショップが利用できる用になりましたが、数世代前のゲームは攻略なしだと、存在すら知らないまま終わりかける要素やっぱり多いw。

 

f:id:rpggameseiha:20171209211704j:plain

 クランショップで買ったデコイがかなり強力。HPの高い攻撃役にセットするとかなり安定して戦えるようになりますね。ただデコイ役が死んで処理が追い付かなくなると一瞬で追い込まれますがw。

ただ追い込まれる事は少ないのでボス戦以外はオートで進めれる場面が増えすぎてなんかつまらなくなってしまたけどw。

 

f:id:rpggameseiha:20171209211759j:plain

 新状態異常のウイルスが凄いウザったらしい。エスナで治療できないので一度HPが減った仲間はセーブポイントまでほぼ邪魔な存在になってしまうw。

終盤はこの状態異常が増えるので対策は必須。

 

f:id:rpggameseiha:20171209211852j:plain

 ストーリーは先週も書きましたが破魔石ガー、破魔石ガーしか覚えてないので書く事が中々見当たらないw。アーシェの心情の変化があるのは感じ取れるけど今一伝わりにくいと言うか。 ヴァン? 知らない子ですね。

もしかしたらストーリー考察スレでも見たら見直すかもしれないけど…。最近のFFシリーズのストーリーの殆どは何かしら難があるのがね…。

 

f:id:rpggameseiha:20171209211956j:plain

 ラスダンの前座に挑めるようになった後は下準備。各地を転々して魔法回収や装備を整えました。リブートは20%入手でしたが一発で入手。この後も3%装備を一発で入手したり意外と運が良いのかもしれない。

 

f:id:rpggameseiha:20171209212046j:plain

f:id:rpggameseiha:20171209212029j:plain

 いよいよ長ダンジョン大灯台の攻略。相変らずバルフレアの主人公主張がうっとしいですw。ヴァン「ムセテンナヨ!お前のせいで(ry」

ここでパーティーメンバーの分担を簡易に確認。

ヴァンは盗む+盾役。探索時は基本的にパーティに入れますね。

バルフレア白魔導士なので回復役。RPGの殆どでは必要不可欠な存在なので自然とレベルも一番高くなってましたw。マス越えで時魔法も覚え始め、時魔同士のアーシェの位置が危うい事に…w。

フラン黒魔導士+弓使い。全体攻撃のエアロガと単体攻撃のショックが便利。盗む、密漁もあるのでボス、探索双方で活躍。

バッシュは赤魔導士。赤魔導士恒例の中盤までは強いが終盤は…現象は今回も同じで活用する機会はやや減少。でも回復と攻撃魔法両方使えるのは大きい。

アーシェは時魔同士で補助役として活用していたが他の魔法も他キャラで取られ始め今後活用する機会があるか不安になるキャラである。強力な攻撃魔法もないし。

パンネロは盾役+申し訳程度の回復魔法あり。聖剣を装備してみたら案外強かったので今後はボス戦で活躍してくれるかも。

 

 

f:id:rpggameseiha:20171209212142j:plain

 さて大灯台デルタアタックを試そうとしてた時に石化攻撃を喰らいエスナが使用できないという自滅ぶりを早速発揮w。 この後の探索は金の針がなかったので少々つらかったですね(-_-;)。

 

f:id:rpggameseiha:20171209212218j:plain

 2度目のデスマラソン。じり貧のハイポーション回復で何とか抜け出せましたw。

たたかう禁止でここまで苦戦するとは…。

 

f:id:rpggameseiha:20171209212307j:plain

 最上階ではシドなどと対決。

ただ大灯台の道のりと比べるとすごい楽でしたw。4倍速なのでザコ戦と同レベルの時間で倒せてしまうw。

 

f:id:rpggameseiha:20171209212343j:plain

 大灯台の後はいよいよラストバトル。 ムービーが11年前の作品ながら臨場感が凄いですね。ちょっと解像度が気になるが…。

 

f:id:rpggameseiha:20171209212432j:plain

 ラスボスは序盤から存在感のあるキャラがあるパターンの方でした。FFで序盤から存在感ある奴か極端な空気ボスの二極率がすごい高い気がするw。

肝心のラスボスは弱くてほぼオート戦闘でいってしまったw。ヴァン囮でバルフレアに回復任せたら余裕というか…。

 

f:id:rpggameseiha:20171209212504j:plain

ラスボス後はエンディング。主題歌がまあまあ良さげですね。

あれから一年。仲間達はそれぞれの道を歩んでいるという形で絞めました。でもEDムービーに現れなかったバルフレアが気になる… 

あっさりした小並感想ですみませんw。

 

f:id:rpggameseiha:20171209212518j:plain

主人公であるはずのヴァンは風俗空族デビューしました。空耳があるって少し期待してたが言うほど風俗とは聞こえなかったかも。

それよりパンネロの見た目の変貌ぶりが気になってしょうがないw。

 

グランツーリスモsport-サーキットエクスプレス埋め。やっぱオフ要素少ない…

f:id:rpggameseiha:20171209212637j:plain

 今週は先週よりも更にグランツーリスモをする時間が減りましたが、主な進行した内容はサーキットエクスプレスを全ゴールド埋めでキャンペーンの達成率が100パーセントになったぐらいか。(まだミッションチャレンジで4つゴールドを埋めれてないが)

もう殆どオフコンテンツをやり尽くしてしまったので早くオフラインの大会追加して欲しいですね。オンラインの大会はいつでもできるって訳じゃないから、気軽にできないし今後は何をメインに楽しむか考えないとね。

何というか用意されたコンテンツをコツコツじっくり楽しむのが自分の性に合ってると再実感したと言うか…。オンラインゲームって同じステージやコンテンツを何度を試行錯誤しながら楽しむスタイルだからそれが合わないのかそれとも違うのか…。 

自分に合ったゲームスタイルをはっきり問いただすのは難しいことである(-_-;)。(何かGTSの話から逸れてスミマセンw)

 

f:id:rpggameseiha:20171209212714j:plain

 プレゼントカーでGT-Rが当たったのがラッキーだった(小並)

 

風雨来記3-一人旅ルートクリア。しかし3位が中々取れないw

f:id:rpggameseiha:20171207193959j:plain

 購入からおよそ一か月半。無事一位到達で一人旅ルートクリア。最後まで基準が点数が曖昧なので一位取れるか不安でしたが達成できて何より。

 

f:id:rpggameseiha:20171207194129j:plain

主人公の憧れの人と電話で繋がる展開になりました。二人とも意識高い系だし気が合いそうw。 

で、残りは2位と3位を取るトロフィーがあって2位エンドは獲得できたのだが…

3位に全然慣れない\(^o^)/

 

f:id:rpggameseiha:20171207194415j:plain

でもよく見ると3位になってるのに2位扱いなってたぽい(・・? スクショの順見る限りバクに会った可能性もあるか。 こういう時はもう一回試すか。

 

f:id:rpggameseiha:20171207194651j:plain

それに気づかず3位入賞をやろうとしてた時偶然、星を見るイベント(条件が面倒&ランダム発生)が発生。3位入賞イベントが発生せずに萎えてましたが、このイベント見れたのでまあ良いやってなってた自分。 どっちみちトロコンするなら3位入賞しないといけないが…。

取りあえず今後の目標はランダムイベ全消化→スポット全埋め→残りのトロフィーといった感じです。 今年中にトロコンできるかのう(・・?

 

 

サガフロンティア2-鬼畜シナリオを双方無事にクリア

f:id:rpggameseiha:20171210202141j:plain

今週の後半はサガフロ2のクリアを目指して専念してました。そのせいで他の携帯機ゲームどころか据え置きゲームの時間まで吸収するハメに…w。

それはともかく高難易度シナリオと名高いギュス編「サウスマウンドトップの戦い」ナイツ編「最後のメガリス」を双方クリアできました。 両シナリオ共長期戦が求められるので、敗北した時の脱力感は中々大きい(-_-;)。その分クリアした時の達成感は高かったですけどね。

最後の展開がパッケージイラスト(平原に一本の突き刺さった剣)の意味に繋がるのは鳥肌ものでしたね(^_^)/これのせいで剣の突き刺さった演出が好きになったのは内緒。

詳しい感想は後日書くプレイ日記に書きます。

プレイ日記→ part4 (part5は後日書いてからリンク貼ります)

 

 

kanon-keyの原点を少しだけプレイ

f:id:rpggameseiha:20171204212711j:plain

 key1作目のkanonをプレイ開始AIRより一年前の作品なので古臭い部分が多そう。後移植のPS2版だが発売は2002年だったはずなので、UI面もきついかも…

最初はディスクを読み込まなくてヒヤヒヤしましたw。フーフーしてもう一回読み込んだら行けましたが、いつ読み込み不良を起こしても仕方ないと思えるようにしておきます。(調べてみた所初期のPS2は青色のCD-ROMを採用してるらしく、一部の規格だけ読みづらくなる事はよくあるらしい) プレイはEver17が届くまでの時間潰しでやるので、多分一ルートクリアしたら積みゲー行きかと思います。

 

f:id:rpggameseiha:20171204212732j:plain

 OPから分かるようにとにかく絵が古い智代アフターリトバスは比較的最近の絵柄だったので抵抗はほぼなかったが、それらに慣れてから来るとやっぱりキツいw。

取りあえず最初はこの月宮あゆから攻略していきます。うぐぅ

 

f:id:rpggameseiha:20171204212748j:plain

 文字のフォントがやっぱり古さを感じますね。後オートモードがないのが地味に不便である。のんびりボーと眺めながらプレイしたかったな。

 

f:id:rpggameseiha:20171210203947j:plain

 メインヒロイン?と月宮あゆAIR観鈴に近い子供っぽい性格か。うぐぅが口癖らしいがかなり多用してくる。ゲーム中で何回使うか計測しても面白いかもw。そしてぼくっ子である。

主人公は7年前にこの冬の街に住んでいたらしく、その時も彼女と会っていたらしいが記憶が殆どないというところがストーリーの抑え所か。流石に初期作品なので退屈しそうな所が多そうだが呑気にやっていくつもりです。

 

 

 今週購入したゲーム達-Ever17,大逆転裁判など

f:id:rpggameseiha:20171209190232j:plain

今週は大逆転裁判Ever17を購入。肝心のEver17はネット通販で購入したのでまだ到着してませんがw。 大逆転裁判は中古で2500円で購入。今更だけど2が発売してすぐの時は1&2の限定版がサントラ付でお買い得で売ってたな~。あの時にマネーを確保すべきだったなと今更後悔(-_-;)。まぁ、ドラクエ優先だったし。

 ↓微ネタバレ有の大逆転裁判一話の感想

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今作は明治初期が舞台という事もあってか時代を感じさせる雰囲気が所々ある。歴史は詳しくないですが、レトロな雰囲気は個人的に好きなので世界観は充分堪能できそうです。法廷BGMもレトロチック。

尋問は科学が発達してない時代という事もあってか複数の人物の証言を尋問するシステム(レイトンが初出)が採用。と言ってもレイトンの時の様な現実離れした裁判からは遠ざかりそうなので非ナンバリングならではのトリックや矛盾の探し方に期待。

 

肝心の話だが一話は可も不可もないといった所。アウチの小物感は時代が違っても同じで安心w。 一方犯人は動機が不明かつ法的に逃げられる。これがいつも逆転なら4,5話ぐらいで伏線回収かって期待できるけど、未完結って言われてるしなぁ。真相知れるのは2になりそう。

てか成程君2話連続殺人の疑い掛けられるのは可哀想w。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

適当な雑記

今週のゲーム売上-ゼノブレ2は前作越えの堅調な動き

www.4gamer.net

今週の新作1位はゼノブレイド2で約9,7万本で前作越えと堅調な動きを見せました。ただコア向けという事もあってかswitch好調の効果はやや薄そう。

3DS向けのカービィは約3万と小粒レベルの売上。最近の3DSソフトは任天堂製ですら10万突破行くか行かないかが多いので、その影響をモロに喰らった感じですね。セールス面では今度出るswitch版カービィがどれだけいくかに期待。

信長の野望PS4版が2,8万。switch版が0,6万で計3,4万と安定して固定層に売れてますね。ただ評判は悪いのでランキング外落ちは早そう。

リトルウィッチアカデミアは…まぁPS4キャラゲー市場がまだまだ未熟という感じがしますね…。あくまでも海外展開がメインでしょうか(・・?。

旧作はswitchソフトを中心にランクイン。どう森スマホ版効果で地味に売上を伸ばしています。 CODは30万突破と何だかんだブランドが強いと思わせる。累計ではBO3並まで伸ばせそう。 そしてグランツーリスモが何気に粘ってますねw。何とか20万本は突破しそうで何より。

ハードはswitchが今週も10万台超えと好調。年末年始(12月、1月)だけで100万台は余裕に売れそうですねw。

 

 

 

 

ゲーム購入方法のメリット、デメリットを自分なりに考える

ネット通販を見回ってて少し思ったので何となく書いていきます。例えばゲームの購入方法は大まかに分類するとネット、ゲームショップ、DL購入の3つになりますが主観的、客観的要素を入れて初心に帰って比較してみました。

 

○メリット一覧

ネット通販→安く、ほぼ確実に買える。

ゲームショップ→ゲームを買う実感が一番得れる(自己満足)、欲しいと思ったその日に買える(買うまでの手間が短い)、出てすぐのゲームなら在庫もちゃんとある。

DL販売→確実に買える、入れ替えの手間を省ける。たまにあるセールでかなり安い価格で買える機会がある。

✖デメリット一覧

ネット通販→アカウントが必要。商品が届くまで時間がかかる。

ゲームショップ→ネット通販に比べるとやや割高。店によって品揃えの差があるので古い、マイナーなゲームは見つけにくい。

DL販売→高い。vitaは容量喰う。コレクター欲がでない(これまた利己的な理由)

 

自分からするとこんな感じなので、基本は一番ゲームを買う実感を得れるショップで買ってますね。実はネット通販あまり使用してないから慣れてない(小声)

で、見つからないゲームはネット通販で購入。

コレクター気質の自分からするとDL版は好みではないのですが、かなり安かったりする場合はDL版も買ったりしますね。(最近アマガミ1200円だったので気が付いたら、手が滑ってPSチケットを買っていた

 

 

アルティマニア片手にサガフロンティア2プレイ日記part4 ギュス死後②&ジニー・ナイツ編

 

いよいよサガフロ2も終盤。と言ってもジニー編突入に12時間しか掛かってないので、なんか物足りない気もするがw。

因みに両シナリオ最後は超鬼畜難易度なので育成がないギュス編はともかくジニー編は下準備しないと痛い目に合います(゜o゜)。 この最後のシナリオ以外は難易度さほど高くないのがかえってキツい。育成が出来るならともかくシナリオ事に自由行動できる範囲限られてるからなぁ…。

 

ギュスターヴ編 偽ギュスターヴ誕生~ハン・ノヴァの戦い

f:id:rpggameseiha:20171208191252j:plain

戦乱が収まらない中、世界ではギュスターヴの子孫を名乗る偽物が増えていた。それだけギュスの名が世界に広まった証拠ぽいですね。

その中でも一躍偽物と活躍したのが↑の写真の偽ギュスターヴである。なお彼に関しては名前すら伏せられているので出世などは一切不明。まあ偽物はもしかしたら…ってレベルで実は本物だってオチがあっても良さそう(適当)

ウィルの探し求めてた物が部分的にギュスターヴと繋がるのはある意味恐怖。その恐怖はギュス編ラストシナリオで体感する事になる…。

 

f:id:rpggameseiha:20171208192056j:plain

突然のサルゴン主人公シナリオ。この脈絡もなく出現するのが謎のインパクトがある要因かもしてないですねw。 モンスターを討伐する為に石切場後までやってきたわけだが、そこで偽ギュスターヴと遭遇。この時点では不信感を覚えるサルゴンだったが…

(ちなみにこのシナリオはスライムとの連戦が待っています。特別強いわけではありませんが何度エンカウントするので精神的に怠いですw)

 

f:id:rpggameseiha:20171208192426j:plain

 気が付いたらサルゴンに付いてたモブ2体がスライム化してしまったがサルゴンは何とか耐える。 アルティマニア曰く試練的な物らしい。つまりサルゴンは受け入れられたという事になりますね。

強力な力を得たサルゴンはギュスターヴの部下になる事を誓う。

 

f:id:rpggameseiha:20171208192917j:plain

 一方ヤーデ候のデーヴィド(ケルヴィンの孫)は和平会議を開いていたが中々進歩が見当たらなかった。その一方で偽ギュスターヴは着実に力を付けてきており、またデーヴィドの父チャールズは隙を見計らってハンノヴァへ攻め込もうとしていた。しかも平和の為ではなく自分の為に動いてる辺り、何とも利己的な人間である。

 

f:id:rpggameseiha:20171208193113j:plain

しかし偽ギュスターヴの力は予想以上の物だった。チャールズはなすすべもなく敗戦し命を失ってしまう。このシナリオでは偽ギュスターヴを動かしコンバット(SRPG的な物)を行うが難易度はかなり低い。それだけ偽ギュスの力が強力である事を表してくれますね。

ハンノヴァは偽ギュスターヴの手に渡ってしまう。その一方でデーヴィドは打倒偽ギュスターヴを掲げる。 残すギュス編シナリオは後一つだがこの終わりなき戦乱はどうなってしまうのか(・・?

 

ジニーナイツ編 ジニーの旅立ち~ラウプホルツ探索

f:id:rpggameseiha:20171208194315j:plain

ナイツ編もいよいよ最終世代、最後のナイツ家はまさかの女性キャラのジニー

出張したウィル爺ちゃんを探し求めて密航までしてしまう。 行動力はあるが行き当たりばったりと随分なおてんばキャラである。まあそれが可愛いけど(すっとぼけ)。

 

f:id:rpggameseiha:20171208194848j:plain

f:id:rpggameseiha:20171208194928j:plain

あんな展開こんな展開になりかけたジニーはプルミによって助けられる。あくまでも非道な行動が許されないから助けただけというのは貴族の信念を感じる。

もう一方ロベルトは↑の一言だけでロリコン疑惑まで持ち上げられた最強の一般人。実際は亡くなった妹の面影が被っただけらしいが。…もしかして→アガット

変な髪型で定評のあるグスタヴは無口だが腕は立つという良くあるキャラ。この二人は面会があるらしいがこの二人の身分は後々分かります。

この4人で暫くはダンジョン探索になります。今のうちに来るべき決戦に備えておきましょう。

 

f:id:rpggameseiha:20171208195743j:plain

取りあえずジニーのHPが400近くになるまで育成。完熟エッグに挑むならHP450以上欲しいがまあ大丈夫でしょう。(適当) 後はある程度技を取得していく。最低限使う武器の技はWP消費とJP消費のを一つは覚えておくべし。(当然ある程度火力のある技を修得)

ジニーに関しては打たれ弱さ以外は武器、術共に優秀なステータスなので、そこをカバーできるかでラスボスの難易度が大きく変わると思います。

 

f:id:rpggameseiha:20171208200705j:plain

2回目のダンジョン探索ではリッチナイツの真相を知る事にある。相変らずロベルトは変態ぶりを披露してくれますねw。男って、どうしてこうかな?(呆れ)

結局リッチナイツは帰ってこなかった事が発覚しジニーは号泣してしまう。前情報なしだとウィルも生死伏せられてたのでもしかしたら…とはなりますね。

 

f:id:rpggameseiha:20171208202625j:plain

ウィル爺ちゃん迷子の孫をようやく保護するの巻。この先長くないとか言ってますがまだこっから数十年も生きると言う…。

何と85歳で電撃参戦しますが年齢が年齢なのでよっぽどの事がないなら使用する事はないでしょうね(-_-;)。 最小年齢と最高年齢タッグの誕生である。

 

f:id:rpggameseiha:20171208203051j:plain

ウィルに同行する事になったジニー達。ヴァン先生とウィルはいつの間に知り合いになったのやら。ジニー編でようやくギュス編との繋がりが強くなってくる。実際主人公どうしに接点があったのはウィル編終盤ぐらいだった気がするなぁ。

横にいる赤頭巾は修行という理由で同行する事になりますが、最終的にラスボス倒すハメになるとは思わないでしょうw。ヴァン先生ヒドイです><。

ミーティア童顔&年増なのにバリバリの斧使いというギャップが地味に人気がある…らしい。ぶっちゃけ童顔&年増は嫌いではないが…(小声)

 

f:id:rpggameseiha:20171208203956j:plain

新しく加わったメンツでギュスターヴの陣営にエッグ探しに。既にハン・ノヴァが偽ギュスの手に渡った後ぽいですね。ここではデッドストーンの入手を必ずしておく事。でないと…

一方偽ギュスに嗅ぎ付けられ手下達と戦う事に。まあ育成した後なので苦戦はしませんがw。

 

f:id:rpggameseiha:20171208203917j:plain

 何とか追っ手を振り切った後はヤーデ軍最後の戦いを見届ける事になります。これが鬼畜と名高いサウスマウンドトップの戦いである。ナイツ編では見るだけで終わるがギュス編視点ではだいぶ過酷。

 

f:id:rpggameseiha:20171208204543j:plain

ここでグスタヴの出世が明らかに。 グスタヴはギュスターヴの孫にあたり、ヴァンからファイアブランドとギュスターヴの剣を両方授かる事に。

アルティマニア読むと相反する関係に当たる武器を同時に授かったと書いてますがまさにそうですね。 それとギュスターヴの想いを胸に、もう片方の主人公の因縁の敵を倒す事になるとか胸熱すぐる。

 

f:id:rpggameseiha:20171208204556j:plain

 一方プルミエールの過去の描写も入る。カンタール候の娘である事が明らかになり、ジニー編パーティがギュス編メンツとウィル編メンツが集結してる事を更に実感させられますね。ロベルトは知らんけどw。

 

f:id:rpggameseiha:20171208204610j:plain

ヤーデ候が決着を付けた今、次はウィル側が決着をつける番。(まだプレイヤー側としては決着を付けれてないがw)

いよいよエッグの潜むラスダンに向かう事に。

 

f:id:rpggameseiha:20171208204622j:plain

 間違ったシナリオを進行してしまい街シナリオ消えた…/(^o^)\。 グッバイ妖精王のリラ… ロベルトの武器どうしよう*1

それ以外にも育成の続きもするはずだったのにそれもできなくなってしまい戦力不足の場合はラスダンで育成する事になってしまいますね。結界石(LP以外全員全回復)と生命の木の実(LP回復)があるのがせめての救いか…。 

下準備も怠ってしまうのも一つの楽しみなのだよ(震え)…って事で次partがプレイ日記最後になると思います。 さてケアミスを何個もしてしまったがラスボスは撃破できるだろうか(・・?

 

*1:+_+

アルティマニア片手にサガフロンティア2プレイ日記part3 ギュス死後①&リッチ・ナイツ編

思ったよりリッチ・ナイツ編が早く終わってしまったので、早くプレイ日記を書かないとブログが追い付かなくなってしまうw。 ただ前二つのpartより文章量は少なくなりそうなので、書くのに掛かる時間は少し減りそうだが。 ギュス編に関しては4つしかシナリオを進行させてないので枠がかなり少ない事にw。

 

ギュスターヴ死後~大きく変わっていく世界情勢

f:id:rpggameseiha:20171204185319j:plain

 ギュスターヴの死後、ハンノヴァに各地の諸侯が集結。ただカンタール候を除いて。

ギュスターヴの死を見計らったのかカンタールは進軍を開始する。

 

f:id:rpggameseiha:20171204185408j:plain

 ハンノヴァは窮地に生い立たれるが最後まで残ったが限界を感じ撤退。しかしカンタール候はハンノヴァ領地を奪わなかった。ここでもまた計算していたのが疑う事態が発生、無数のモンスターによってハンノヴァは炎上。

カンタールは一体どこまで読んでいるのか…。しかし突然現れた火竜(恐らくフィリップの変貌後)によってモンスターは駆除され窮地は回避された。

 

f:id:rpggameseiha:20171204185425j:plain

 その数年後カンタールが死亡し世界情勢が再び変わる。この後ケルヴィンが盟約を結び、無事ハンノヴァの奪還に成功する。 この奪還するまでの長い期間は争いの中心地だったのか(アルティマニア曰く)

一方で約一名カンタールの意志を継ごうとしたキャラ(ヌヴィエム)が。この時チャールズの卑劣な発言などが原因で再び戦乱へと導く結果になる。(別に意味で数年間捉えてた自分が居ますが、この事は葬ろうw)

 

f:id:rpggameseiha:20171204185704j:plain

 ヌヴィエムの策略により再び起こった戦い。何とかケルヴィンの勝利に終わったが、盟約の崩壊とケルヴィンの死亡により再び戦乱へと陥る

戦乱を終結させる事はできなかったが、最後までギュスターヴの意志を引き継いだケルヴィンは親友の鑑でしたね

ギュス死後は勢力が多くなるので少し話を掴みどりにくいですね(^_^;)。

 

リッチ・ナイツ編 樹海へ~エッグとの死闘

f:id:rpggameseiha:20171204185734j:plain

 ウィル編終了後、年表は一気に約20年飛ぶ。ウィル編では若かったパトリック達もすっかりおっさんにw。最初はリッチがナイツの家系と明かされない事もありエレノアが主人公で動きます。

戦闘はファイアーストーム連発しておきましょう。

 

f:id:rpggameseiha:20171204185748j:plain

 各地を回っていた理由はケルヴィンの依頼だったらしい。しかしエレノアは金と男にめっちゃ関心ありそうなキャラですねw。

暫くはショップを巡れないのでアイテム所持数上限に注意。

 

f:id:rpggameseiha:20171204185834j:plain

 宝巡りの後はナルセスからの依頼で生命の木の種を取ってくる事に。

しかしナルセスさん、どうみても72歳には見えないw。どこ情報か忘れましたがウィルに継いで長い102歳まで生きてたらしいですね。それよりも長いウィル爺ちゃんはもしかしたら裏ルートで(ry

因みにこのシナリオはリッチ単体なのでLPには特に注意。今後一人の時含め、戦闘はなるべく控えるべき。

最後にボス戦がありますが生命力強化があると便利。

 

f:id:rpggameseiha:20171204185846j:plain

シナリオを最後に謎の少女に声を掛けられる。 逆不審者かな(・・?

この少女が後にリッチの運命を大きく変える事になる。

 

f:id:rpggameseiha:20171204185858j:plain

唯一壮年期のウィルを見れる場面。今までの掛け合いを見る辺り家出少年にしか見えなかったが、タイクーンの身分に縛られたくなかった事が距離感を生んだみたい。まあ特別仲が悪いって意味ではなさそうだが。

嫁になったコーディはグラ流用&セリフなし。まあ登場するだけサービスと思っておきましょう。グラ流用は老けてないと思えばいい(すっとぼけ)。

 

 f:id:rpggameseiha:20171204185812j:plain

その後ノースゲートにて将来のリッチの嫁となるディアナとの出会い。 正直描写が少なすぎていつのまにそういう関係になったんだ(・・?が本音だがw。

一部の間ではWP回復量が5と全キャラ最高である事で有名だとか。

因みに戦闘面は焼殺が強力で再び術優遇になります。結構な確率で即死してくれる上に即死が外れても1000ダメージと高威力。

 

f:id:rpggameseiha:20171204185911j:plain

f:id:rpggameseiha:20171204185921j:plain

 「あの空に虹を」はリッチ編では珍しく明るめのシナリオ。ユリアの願いを叶えるためにひと肌脱ぐことに。 男たらしのエレノアと女たらしのリッチの掛け合いがちょっと微笑ましいですねw。 

それとサルゴンの挨拶で何故か吹いてしまう。誰だよお前(;゚Д゚)!? 後に敵として立ちはだかるなんてこの時は想像できないw。

ダンジョンでは初めてIVバージョンの戦闘曲が流れます。因みにサルゴンが登場するシナリオではほぼ全部これが使用されてるので、サルゴンのテーマと言われてるみたい。ニコ動行くとサルゴン弾幕が見れますw。

最後の景色は水彩画が良い味出してますね。

 

 

f:id:rpggameseiha:20171204190023j:plain

 その後は再びシリアス調の強い展開に戻る。再びエッグを持った少女ミスティが現れ、危険を感じたリッチはディアナを避難させる事に。

しかもこのミスティはアルティマニア曰く自身の好奇心で動いてるので操られてないに等しいらしい。でもエッグの虜になったという意味では操られてるかw。

何かリッチを試してる感ありますね。

ここから続く二つのシナリオはタイマンが続くのでHP残量には常に注意していきます。ボス戦でLP切れが特に注意。

 

f:id:rpggameseiha:20171204190046j:plainf:id:rpggameseiha:20171204190059j:plain

ミスティを追い詰めるがここでミスティの真意が聞ける。最初から自身がリッチに殺害される用に仕立て上げられていた。エッグをリッチの手に渡らせる事が目的だったわけである。 

 

f:id:rpggameseiha:20171204190115j:plain

 しかしリッチは卵の支配から逃れるために自らの意志で命を絶ち切った。最後まで己を突き通したリッチだっただが、帰らぬ人に…。

正直ミスティの行動は謎が多かったですね。結局2周目プレイでも分からないところは分からない。

 f:id:rpggameseiha:20171204190130j:plain

 その頃、ディアナ側では新しい生命が誕生しようとしていた。…コーディがいないじゃないか(涙目) 

このジニーナイツが最後の世代となり最終決戦に挑むことになります。しかし親子三代が揃わないのは残念な事である…。

次partはシナリオこそ長くはないが、最後のシナリオが超高難易度なのでそこでプレイ日記を切り分けようかなと思います。(part5で完結予定方向で)

今週のゲーム進行状況+雑記⑲ FF12ウェミダー!,GTSアプデ,智代アフタークリア,年末年始の予定,風雨来記3,12月のソフト✔など

 

普段のゲーム進行記録や月末に書く内容(トロフィー収集状況&ゲームの発売予定✔)に加え、今回は年末年始の予定の事も書いたのでいつもより書いた内容の種類が多めになりましたw。


・ネタバレ回避用目次

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週のゲーム進行状況

ファイナルファンタジーXII-やっとシステムに慣れてきたか…

f:id:rpggameseiha:20171202220805j:plain

FF12はやっとシステムに馴染んできて楽しめるようになってきた印象。でも全滅率は相変らず高いがw。

ストーリーは移動&探索→数分程あるイベント→移動&探索といった感じでFF15と同じやりこみ重視の作品って感じがしますね。 

肝心の話の内容は…破魔石が何とかこうとかしかぐらいしか覚えてないw。 イヴァリース作品は勢力が多すぎてどっち側の人間か時々分からなくなる(^_^;)。

 

f:id:rpggameseiha:20171202221322j:plain

戦闘はライセンスボートの2つめが解禁&召喚獣が使用可能になりできる事がだいぶ増えた印象。中盤だなーってなりますね。

しかし召喚獣は召喚しても敵の矛先が一斉に振り向いてくれるとも限らないので、召喚者のHPに余裕がない時に召喚してしまうと… 

 

f:id:rpggameseiha:20171202221741j:plain

一方ストーリーの進行具合。

エルトの里でフランの故郷のイベント発生。一応道は開けてくれたので助かった。それにしても平気にフランと歳を聞こうとするヴァンはやっぱKYw。

 

f:id:rpggameseiha:20171202221945j:plain

f:id:rpggameseiha:20171202222016j:plain

森を抜けた後はデスマラソン開幕。とにかく敵の攻撃に対して回復が追い付かないので処理しても無駄と判断し、一気に休憩地点まで駆け抜ける事に。

全滅してもオートセーブがあるから安心ですね。(ゆとり並)

 

f:id:rpggameseiha:20171202222253j:plain

一方帝都首都では何か騒動が発生。でも全員鎧のせいで誰が誰か分からんw。FF12のストーリーが分からんのはこれもあるかも…。何というか顔を覚えづらい。

 

f:id:rpggameseiha:20171202222618j:plain

f:id:rpggameseiha:20171202222519j:plain

ストーリーイマイチ理解してない要因のもう一つが戦闘やガンビットの攻略に専念しすぎてる事。話の展開よりもどうガンビット組むか…とか考えすぎてそっちの事に全然追い付てないんですよねw。シナリオ重視とシステム重視の比率ってある意味大事かもしれない…。

戦闘時に使うコマンドの後ろに小回復系ガンビットをセットすると結構便利な事に今更気づく脳筋になってしまったパンネロのケアルがこれで活用できる。

チャージもかなり便利なアビリティ。MPの回復量こそ多くないがこれがあるかないかで魔導士系キャラの使い勝手が結構変わる。基本は魔法アビリティと戦うの中間にセットすると落ち着く。

 

f:id:rpggameseiha:20171202223410j:plain

貯めたおたからを一気に売る時が至福の時。一気にギルが貯まる爽快感が溜まらないですねw。でも買える装備は3,4つぐらいと言う…w。(それにライセンスを取得してなかった…も襲い掛かる。)

 

f:id:rpggameseiha:20171202223626j:plain

現在はウェミダー!でお馴染みのフオーン海岸まで進行。ここでバルフレアが自身の境遇を明かしますが、その明かす相手は主人公であるはずのヴァンではなくアーシェ。

ヴァンが主人公(笑)って言われるのも仕方ないか。

取りあえず育成や寄り道は楽しい。

 

グランツーリスモsport-アプデで仕様などが変わった模様

f:id:rpggameseiha:20171202225046j:plain

最近in率がやや下降気味のグランツですが初の中規模アプデ来ましたね。車追加に不具合改善+UIの変更などやる気はそこそこ感じれました。

12月中にはオフライン大会のアプデが来るとのことなのでかなり期待。やっぱり色々な車を駆使して大会攻略するのがグランツの醍醐味だと思う。

でもさぁ…FIAカップ中に強制エラーでその日の大会リトライできなかった時はちょっと怒りましたよw。 今までブログには書いてませんでしたが強制エラーが結構多いんですよね。多分5回以上エラー発生したと思う。

 

f:id:rpggameseiha:20171202225430j:plain

新車のコブラは数少ないレトロ枠なので元の車は知りませんが結構走らさせて貰ってます。 GTSは10年代の最近の車ばっかりで味気ないから、もっと00年代以前の車追加してほしいですなー。

 

f:id:rpggameseiha:20171202225941j:plain

f:id:rpggameseiha:20171202225956j:plain

↑例の強制エラーで綺麗に0の文字が浮かんでいます(半ギレ)

今週のネイジョンカップはそれぞれ約200ポイントで計600ポイントを獲得。どのレースも真ん中以上の順位を記録できたのでそれなりに満足だが、ポイントの加点方式がよく分からん。先週も一位だったのに100すら超えなかったり…。

最後の鈴鹿のレースで予選は不調だったが、一気に10台相手を抜いた時は中々爽快でしたねw。その後はいつもの集中力切れで2つ順位落としましたがw。

 

f:id:rpggameseiha:20171202230625j:plain

一方オフラインの要素はサーキットエクスプレスを進行中。もう鬼畜ミッションで疲れたので息抜き感覚でやってます。こっちは初心者にも優しい仕様である程度慣れた人なら難なくゴールド取れる難易度だと思います。(苦手なコースを除く)

一コースクリアする度に車貰えるのも美味しい。

 

f:id:rpggameseiha:20171202230643j:plain

フォトモードのスポットが1000も超えてたことに驚き。正直この数=収録車数だったら良かったのにな(-ω-;)ウーン。

つまりグランツはフォトのロケーションを楽しむゲームだったのか(白目)

 

 

風雨来記3-駐車場イベント埋め、一人旅ルート開始など

f:id:rpggameseiha:20171203154609j:plain

週の前半は駐車場イベント埋めに専念。既読スキップで一度見たイベントかどうかはすぐ分かる。 前半は既に消化した駐車場イベントばっかり出現してちょっと怠かったですね(-_-;)。

攻略では地域限定の駐車場イベントと書かれてたのに普通に発生したりとこのゲームが如何に情報不足か感じた…。イベントが発生しなかったら再ロードの繰り返しでスタミナ切れを防げれます。 

同じスポットを何度も尋ねる単純作業で途中で飽きが来たのでセーブデーターを残しておいて他のトロフィー集めをする事にしました。(別のデータでも消化したイベントはシステムデータで共通して保存される)

現在の消化数は17個。残りは4つだが地域限定イベントがないか少し不安。

 

f:id:rpggameseiha:20171203155336j:plain

f:id:rpggameseiha:20171203155348j:plain

続いて北海道の最西→最東に行くイベントを消化。ルートを図って攻略したのにスタミナ切れで敗北…。って事で再度ルートを見直す。

↑の青の点の道を辿って行ったら見事到達できました。 分岐では左のエリアが表示されるのに実際に行く方向は右方向なのに気づかなかったせいで、ずっと別の遠回りをしてしまってたらしい…。(高速道路の仕組みを思い出せばすぐ分かる話だったのに…)

 

f:id:rpggameseiha:20171203155940j:plain

これでランダムを除くサブイベ全消化で一気にトロフィー二つ取得

これとは別件だが全スポットを訪れるトロフィーで何故か全部訪れた時は獲得できなかったのに、適当に散策してるといきなり獲得した時は一瞬戸惑いましたね。このゲーム意外とフラグ管理いい加減(。´・ω・)? トロコンできるか不安になってきた…

 

f:id:rpggameseiha:20171203160201j:plain

現在は一人旅ルートを消化中。こっちがメインのルートなので今更攻略していくかって感じもするが、「やっぱりトゥールエンドはある程度やり尽してから到達したいよね」という謎のプライドが働く。

複数回訪れた後に記事を書くと高評価を貰えるスポットが多い、記事を書かないスポットは写真を撮らない(混ざるので)、毎日記事を書く事を頭に入れながらやっていく。 ただスタミナ管理が面倒なので既にトゥールエンド到達した人の攻略を読ませてもらってますw。

 

 

サガフロ2-ギュスターヴ死後も物語は続く

f:id:rpggameseiha:20171202231347j:plain

ストーリーはサガフロ2の核でもあるギュスターヴが歴史から退場し大きく流れが変わり始めましたね。 ギュス編は主人公の死による後継者争いが軸になっていくはず…。親友のケルヴィンは有能な人材。

ただ後半はナイツ編がメインになりシナリオ数が少なくなるんですよね。

 

f:id:rpggameseiha:20171202231335j:plain

 ナイツ編は主人公がリッチに交代。優秀な術師の子孫なのに剣をメインに使う生意気自分なりの生き方を持ってるキャラ。 まあアルティマニアの父親の名誉に束縛されたくないって設定が反映されてるのでしょうね。

プレイ日記を書いてるので今回も書くことは省略。今は既にラスボス戦に備えて装備を集めてます。初見時でエッグがどれだけ強いかは承知してるので。

プレイ日記→part2

 

智代アフター-もう一つの人生の結末は…

f:id:rpggameseiha:20171130203032j:plain

 誤ってバットエンドに入ってしまい再びスタート。やっぱり2世代以上前のゲームになると色々不便な所多いですね。

また智代とイチャイチャするのかぁ(呆れ)

 

f:id:rpggameseiha:20171203161813j:plain

と言っても既読スキップはあるので10分程で戻ってこれました。

まずは恭文の因縁(夢)を終わらせるイベントまで到達。今回は一本道で色々なキャラクターのスポットに当てた展開になるみたいですね。

 

f:id:rpggameseiha:20171203162106j:plain

続いてともの母親の場所を嗅ぎつけて結構な田舎になってきたが、ここで母親がともと離れた理由が明らかに。

病気で先が長くないと、何も言えなくなりますな…。 それでも智也はともと母親が過ごせる道を見出すために動き出す。 それはつまりともとの別れを意味するので智代は拒否的な動きを見せるが、途中からは熊の恰好で手伝ってくれました。やっぱり不器用な感じの智代は良いですね(*‘∀‘)

 

f:id:rpggameseiha:20171203162352j:plain

 そしてともと母親が再び親の形を取り戻す日に智代は熊の恰好でまた現れたが、最後は熊の頭を取り外し智代として別れを挨拶をする。

ここまでなら少し暗い話が多いがkeyらしい展開だなーと思ってたが…。

 

f:id:rpggameseiha:20171203162901j:plain

後日、智也は意識を失い重体を患ってしまう。

今までの無理が遂に体に響いてしまったか…。

 

f:id:rpggameseiha:20171203162958j:plain

目が覚めるとどこか違和感のある文章。その正体はすぐ分かる。智也は記憶喪失になり中学三年の記憶まで戻ってしまったらしい。

それでも智代は弱みを見せずに記憶回復に励む。

 

f:id:rpggameseiha:20171203163230j:plain

f:id:rpggameseiha:20171203163257j:plain

時々焦りを見せる智代だったがその意味は最後のシーンで明らかとなる。既に事故から3年が経過し智也は何度も記憶を失っていた。その度に智也の記憶はリセットされてた事になる。 今までの違和感の正体の真実が予想以上に重かった…。

智代が目覚めた時に意外と落ち着いてたのもそういう事だったか…。でも一時智代は全て忘れようとしたあたりともの境遇と被る所がある…。

そして智也が好きという感情を再び得たこの日智代は手術の提案をする。だが成功率は高くない…。それでも手術をする事を選ぶ。

 

f:id:rpggameseiha:20171203163915j:plain

最後手術をする前にともが駆け付けくれる。 何というかめっちゃ成長してるΣ(・□・;)。智也にともの記憶がなかったとしても物凄く心強い。

そして画面がフェードアウトしていき…

 

f:id:rpggameseiha:20171203164133j:plain

その後は謎のキーボードで撃たれる文章だけであの後どうなったか語られ最初はどうなったのか分かりませんでした。(時々入る謎のキーボードの文字打ち演出はクリア後の智代が打っていた(・・?)

でも頭を整理すると手術は失敗してしまい、記憶は取り戻せたがその後すぐ亡くなってしまう、このCGは最後に二人で見た夕日という事になるか。

渚のアフターとは真逆にバットエンドという展開が待ち受けてましたね(-_-;)。3年間も智代はこの重みを背寄ってたと言うのか…。

何というかスッキリしませんがOP曲とED曲は結構な良い曲でした(小並)多分一週間ぐらいは自分の頭で解釈と議論が続くと思うw。

※春原が一セリフだけ登場しましたが、「僕、この町 に戻る場所・・・なくしちゃったんだね」が印象深かった。 ちょっと重いですは

 

 

 

11月のトロフィー収集状況 

 

f:id:rpggameseiha:20171130201402j:plain

f:id:rpggameseiha:20171130201425j:plain

↑毎月恒例のトロフィー振り返り。今月の収集数は59個で増加率は14%とやや微妙な値。トロフィー不作期抜けたかと思ったらそうでもなかった。

 

f:id:rpggameseiha:20171130201718j:plain

先月クリアしたばかりの閃の軌跡IIIの割合は37%とIIより3%だけ上昇。ストーリークリアのトロフィー率が高い辺り固定層が多いのが分かりますね。プラチナも時限要素多いのに結構高いし。

まあ自分は時限多すぎてトロコンする気ないですけどね。(ザコ並)

 

f:id:rpggameseiha:20171130201945j:plain

グランツーリスモは47%。正直オンライン大会で91勝とかよっぽどのガチ勢じゃないと獲得できないのは見え見えなのでトロコンは諦めてますw。

何となく獲得できそうなトロフィー埋めて行ったら60%ぐらいはいけるかな(・・? トロコンを諦めたゲームの鬼畜トロフィーは全力スルーw。

 

f:id:rpggameseiha:20171130202251j:plain

風雨来記3は44%と順調に獲得中。ADVゲームでプラチナ1,7%はある意味レア?

取りあえずヒロインルートはコンプリートしたので(まだヒロインルート限定スポットとかが余ってるがw)現在は一人旅ルート→サブイベ→全スポット散策を目標にトロフィー収集中。

 

f:id:rpggameseiha:20171130202529j:plain

プレイ開始ばっかりのFF12は中盤の差し掛かりという事もあってかまだ17%。来月末にアトリエを購入予定なのでそれまでにどれだけやり込めるか(・・?

 最近はトロフィーは半分ぐらいついで感覚での収集なのがあまり収集数が捗らない要因かも(・・? アーカイブPSPのゲームにもトロフィーあったらなー(欲望)

 

 

 

 

 

12月発売予定のゲーム✔ 大作こそないが中規模ソフトが多い印象

2017年最後になる月の発売ソフトをまとめてみました。(☆は興味のある、もしくはいつか購入したいゲーム)

switch ゼノブレイド2 ☆

switch  すみっこぐらし 

PS4  地球防衛軍5 ☆

PS4  龍が如く極2 ☆

PS4  仮面ライダー クライマックスファイターズ

PS4  デットライジング4

PS4など LA,ノワール

PS4など デジモンストーリー

3DS  牧場物語ふたごの村+

3DS  妖怪ウォッチバスターズ2

PS4など リディ―&スールのアトリエ ☆

PS4  大神 絶景版 ☆

PS4  アイドルマスター

PS4  A列車で行こうExp

3DS  マリオパーティ100

※その他バイオハザードなど多数の完全版ソフトが発売。

 

大規模のソフトこそはないもののそれなりの規模のソフトが揃った月という印象。でも去年と比べると…ね(・・? ま、まあ一月、二月がお祭りだし(小声)

個人的に今月一番の目玉はゼノブレイド2かな(・・?まだswitchは持ってませんがもし購入したらいずれプレイしたいと思うソフト。

次に興味のあるソフトはアトリエと大神。 アトリエは不思議シリーズ完結という事なので今回もプレイしたいとは思うのですが、思い切って限定版買うか他のゲームの事も考えて通常版にするか検討中。限定版の差額でサントラ一つ買える事考えたらやっぱ通常版かなぁ(・・?  大神は雰囲気やBGMが良さげぽいので、いつかプレイしたいですね。価格も安いので。

龍が如く極2もまあまあ興味ありですが発売日に買うほどってシリーズではないので中古で安くなったら買います。(乞食並)

それと今月は完全版ソフトの多さが目立ちますね。DLC色々配信→アプデ適応済完全版の流れは嫌いではありませんが、ちょっと多すぎる(-_-;)。 他に出すソフトないんか我( ゚Д゚)

 

 

 

 

適当な雑記

今週のゲーム売上-控えめな週だが10位でも一万本キープ 

www.4gamer.net

今週も一位はポケモンWパック含め約20万本。2週目という事もあってかWパックがかなり下降しました。 現在の累計は135万とダブルミリオンを達成できるかが1つの目標になりそう

新作TOPは初音ミクで約3,5万とそこそこの動き。その他の新作は全部1万割れで旧作中心のランキングになった印象。 ウルシュタインIIは海外評判が良かった割にはと言った感じ… シングルシューティングってあまり人気ないのか(・・?

年末年始に入ったのかswitchの勢いが上昇中。ソフトの売上もマリオが7万と、先週以上を記録し、ハード売上は何と15万台どこにそんな在庫あったんだ。

12月の新作はやや弱い印象ですが、switch効果で市場は去年と同等以上を維持できそうです。

それとTOP20に一つも入らないvita見てると…わりぃ、やっぱつれぇわ。

 

 

年末年始入ったのでアレコレ(ゲームの購入、ブログの予定など)

またまたこの季節がやってきました。多数の新作が発売される時期なのでトコトンお金が削られる時期ですw。

取りあえず購入する予定(全部買うとは言ってない)の品物を並べてみます。

PS4 リディ―&スールのアトリエ(金に余裕あれば限定版)

PS4 戦場のヴァルキュリア(廉価版)

PS4 モンスターハンターワールド

PS4  龍が如く0

3DS 大逆転裁判1&2

wii  ゼノブレイド

某ゲームショップで各ゲームの値段を合計すると総合価格は約3万。これだけでswitch本体買えるのか…。でもハード買ったら数カ月ゲームソフトに飢える現象が起きるから買うの渋るんですよね(^_^;) PS4の時も同じでしたw。

アトリエは限定版にするか考えてるのでまた予約はしてません。どっちみちプレイ予定はFF12HDクリア、トロコン後なので決めるのはそれかで良いか。

ただ戦ヴァル廉価版とモンハンはさっさと予約すべきかもね。

wiiでゼノブレやるのはいくら何でも時期外れすぎる気がするが(゚ε゚)キニシナイ。ゼノブレ2やる時の期待値を高める為なのだ、そうなのだ。

大逆転裁判ドラクエ11と時期被ってプレイしてませんでしたが、そろそろプレイしていこうかなと思います。2は評価高いので期待してる。

龍が如く0も同じくストーリー評価が高いのでプレイ予定。新エンジン適応前の作品なので極2や6は後回しって事だ…。

一番の注目作はやっぱりモンハン。久々の据え置き新作(HD版とかは除く)という事でかなり期待が入ってそうです。 海外展開も考えてると思うのでヘマなかけないはず…(震え)

 

ブログは年末企画的な記事を書こうかなと思います。予定としては一年間のプレイしたゲーム振り返り、2017年のゲーム業界振り返り記事(売上データが出た後)を書く予定。

まあ書くことを欲張りすぎて挫折しない事に気を付けますがw。

 

またまた公園散策の巻f:id:rpggameseiha:20171202144413j:plain

 また公園散策してきたので適当に写真うpの巻。暇人なりの暇つぶしを何とか模索中ナノです…。疲れたので文章は控えめで。

池が何故か青かったがこれはこれで綺麗か。

 

f:id:rpggameseiha:20171202144501j:plain

魚?の死体が。何故こんな所にΣ(・□・;)!?

 

f:id:rpggameseiha:20171202144545j:plain

まだまだ紅葉が色づいてる所も有れば…

 

f:id:rpggameseiha:20171202144612j:plain

散りさった後の場所も…

左上を見ると分かりますが白鳥のボートの上に大量の鳥が居ずいてるのは少し笑いましたw。

 

f:id:rpggameseiha:20171202144703j:plain

間近で鳥を観察できました。

池一周した後もここに留まってたけど単純に黄昏テルだけなのか(。´・ω・)?

 

アルティマニア片手にサガフロンティア2プレイ日記part2  ギュス編&ウィル編終了まで

 

 

サガフロ2ってスケールの大きさの割には意外とボリューム少ないんですよね。初回クリア時も30時間掛からなかったはず。 今回は慣れてるので攻略速度は早くなると思うが全部のシナリオ消化と完熟エッグ撃破を目標にしてるので一週目より早くクリアできるかどうかは五分五分といった所。 

今回はギュス編とウィル編を交互に書いていきます。一部各主人公同士のシナリオの接点もあるので。しかしアルティマニアは鳥頭の自分にはストーリー振り返り用としても超便利ですねw。

 

ギュス編・前  父の急逝~兄弟再会

f:id:rpggameseiha:20171129204559j:plain

半隠しシナリオの海賊とのシナリオで少しほっこりした後はいよいよギュスターヴ産まれの地であるフィニー王国の奪還へと動き出す。 ギュス父の死はあっさり語られるが、ゲーム中では死因ははっきりしないままである。まあ歴史ってのは分からない事だらけなのですよ(-_-;)(すっとぼけ) 

ここでネーベルスタンが新たな味方として加わる。

 

f:id:rpggameseiha:20171129204627j:plain

 ギュスにとっては約20年ぶりの東大陸。 ここでギュスの不安が窺える描写が。そして12世の後継者も巡り戦いが始まる。

 

 

f:id:rpggameseiha:20171129204642j:plain

 初のなるコンバット戦。ちょっとしたSRPG方式なっていてるがおまけ感覚でやると意外と敗北してしまう。実際一回陣地に入られ負けました(小声)

戦闘はネーベルとケルヴィンと一般兵は14世を追い詰めてギュスは陣地に入られないように防衛すると良いかも。 実はどうなったら勝利になるかあまり分かってないのでひたすら14世を攻め続けてましたw。

 

f:id:rpggameseiha:20171129204723j:plain

 戦闘後は14世の最期を見届けに行く。自身を出来損ないと、皮肉まじりながら話すのは12才と時と比較すると精神的な変化が見れる。

それに対して14世が「できそこないめー!!」と2回嘆くのが印象深い。アルティマニアには鉄を中心とした装備で戦をしたと書いているが、普通に軽装備の兵士ばっかりだった気が…。

 

f:id:rpggameseiha:20171129204856j:plain

 そして20年ぶりとなるフィニー王国帰還となったギュスターヴ。追放時の寂れた感じとは真逆の多数の人々に囲まれながらの帰還となるのが感慨深い。

ここで久々の兄弟との再会となる。妹であるマリーは比較的友好的な態度での接待だったので難なくクリア。 一方ケルヴィンは意味不な発言で一気にむっつりスケベキャラと化すのであったw。

 

しかしフィリップの王室に行くと待っていたのはギュスターヴが引きちぎられた絵画が待っていた。ここで流れ出すBGMが物悲しすぎる…(´;ω;`)

家族愛から突然引き裂かれたフィリップやレスリーが今までの事がこみ上げて涙を流すシーンなどこのシナリオは屈指の名シーン揃いですね。

 

f:id:rpggameseiha:20171129204917j:plain

 そしてフィリップとの面会。強烈な殺意を持ってギュスに近づくが… しかしフィリップは手を止める。どうやらギュスから母親ソフィーのアニマを感じるとの事。

そしてギュスは兄弟二人に母ソフィーの遺言を伝える。「本当にごめんない、フィリップ、マリー」のセリフと同時にソフィーのアニマが現れるシーンは卑怯だ( ;∀;)。

フィリップは泣き崩れてしまう。 この後は完全に許されたわけではないが国の為にも和解する事を誓ったフィリップであった。

 

f:id:rpggameseiha:20171129204943j:plain

 このシーンはギュスターヴの成長が一番感じ取れたシーンですね。本人も「晴れ晴れとした気分だ」と言ってますし。

それに対してフリンは「(良いことが)ず~っと続くといいよね。」 本当ずっと続いたらいいのになぁ…(-_-;)(年表見ながら)

 

ウィル編・前 鉱山にて~タイクーンウィル

f:id:rpggameseiha:20171129205011j:plain

 一方ウィル編。ギュス編は中盤が良すぎて何かウィル編の印象が少し薄いが(゚ε゚)キニシナイ!!。 グラン・ヴァレの美しさは必見ですね(*‘∀‘)。のんびりしたBGMも良い相乗効果効いてる。

 

f:id:rpggameseiha:20171129205039j:plain

 ナルセスも引退するとか言いながら何だかんだ付いてきてくれました。やっぱり頼れるツンデレ先輩である。  それとこっからはラベールが同行しますが、コーディにとっては因縁の敵である。理由は…お察し。

 グラン・ヴァレを超えるとナルセスさんとはオサラバ。優秀な術役がいなくなるのは残念ですがウィルも充分術レベル成長したしだいじょぶですよ(震え) ラベールがねぇ…もっと術使えたらねぇ…。

 

f:id:rpggameseiha:20171129205053j:plain

「 タイクーン・ウィル」は長時間シナリオ。難易度もやや高め。 メガリスを求め長時間ダンジョン探索。ファイアーストームが強いので楽々一掃と行きたい所だがJPが切れるので技をちゃんと兼用しながら行く。

最後には欲望にやられてしまったラベールの兄ウィリアム(よくみたらウィルと名前一緒じゃないかw)はアニマの暴走により怪物へと変貌してしまう。 

ここからは三連戦となるので余裕がなければ結界石を使用すべし。でも後の世代考えると無駄遣い良くないよね…(-_-;) 一つ使うたびに卵が「あいつまた使ってるよw」とか思ってそうw。

様々な困難を乗り越えてウィルはタイクーンの称号を得る事となる。

 

ギュス編・中 ハン・ノヴァ建設、ファイアブランドの悲劇

f:id:rpggameseiha:20171129205116j:plain

 フィリップと和解しギュスは新たにハン・ノヴァ建設の計画を進める事になる。ここで何を建設するか決めれますが、全部歓楽街にすると担当者が凄いノリノリになりますw。  なおハン・ノヴァを歩き回れるのはだいぶ後になります。実際計画して建設終わるまでの期間ってどれくらいあるんだろう(・・?

 

f:id:rpggameseiha:20171129205128j:plain

 一方フィリップはファイアブランドの儀式を終えてない為、正式に王にはなれていなかった。しかし30才近くにもなった為、儀式は力が暴走して失敗に終わる。儀式はフィリップの子供に任せる事に。(大人になればなるほどアニマは強力になるので儀式は子供の内に済ませるらしい)

しかし儀式は何者かの暗躍によりフィリップの子供は暗殺され失敗に終わってしまう。しかも危機と悟ったフィリップはファイアブランドを手にするが案の定力は暴走、怪物と化し去って行ってしまう

せっかく戻りつつあった良い流れは再び引き裂かれてしまった…。

 

 

ウィル編・後 アニマ教の噂、ウィル対エッグ

f:id:rpggameseiha:20171130220328j:plain

 ウィル編はコーディとラベールが離脱し脳筋おっさん中心のパーティになり一気にムサ苦しくなるw。 やっぱり女性陣って一人は必要ですわ(^_^;)

アニマ教がエッグを持ってる噂との事なので再びハンの廃墟へ。

 

f:id:rpggameseiha:20171130220142j:plain

 最深部に行くとギュスターヴ一行がフィリップ暗殺の疑いのあるアニマ教を虐殺しようとするイベントが発生。  確信ではなく疑いなのにギュスターヴが虐殺を行うなのはアニマに対する恨みや妬みを感じますね。 

結局アニマ教は白か黒か分からないままシナリオ終了。

 

f:id:rpggameseiha:20171130220402j:plain

 翌年は海賊がエッグを持っているという噂を嗅ぎつける。ここでウィルがいつもと違う態度を取った事によりナルセスと少しギグシャクしてしまう。

それでも協力するタイラーに対してナルセスが一言「タイラー、お前は本物の男だなー」 

sagaシリーズはセリフがあっさりしてる分、印象に残りやすいセリフも多いですよね。ただサガフロ2はもう少しシーン有っても良かったと思うが…。

 

f:id:rpggameseiha:20171130220421j:plain

 タイラー達はおびき寄せた海賊の討伐、ウィルは海賊船へと潜入する事になる。ここでギュス様が助っ人参戦してくれます。何気に壮年期唯一の戦闘できるシナリオ。  単体でも1000ダメ超えれるギュスさんカッケ―。

ここも無駄使いすると後々苦戦するシナリオ。術使いがいないとつれぇわ。

 

f:id:rpggameseiha:20171130220342j:plain

 一方ウィルは海賊との一騎打ち。

回し打ちでエッグを海の底に沈めて上げましょう。

 

f:id:rpggameseiha:20171130220222j:plain

 こうしてエッグとの因縁を終えれたウィル。しかし船は沈没する一方…。ウィルの生死が不明なままシナリオが終わってしまう。

※小説ではギュス達に助けられるシーンが有り。何気にギュスとウィルが対面してるシーンってゲームにはないんだよね(-_-;)。1シーンぐらい欲しかったナ。

 

ギュス編・後 主人公の死、そこから本当の物語が始まる。

f:id:rpggameseiha:20171130220526j:plain

 再びギュス編。隠しシナリオである暗殺者ヨハンはギュスの配下になるまでの経緯が分かるシナリオ。 これスルーして後のシナリオやるとおま、誰?になってしまうんですよね(-_-;)。 サソリの毒の意味もやっと分かりました。

 

f:id:rpggameseiha:20171130220547j:plain

 将軍の思い出はネーベルスタンがギュスに過去の話をするシナリオ。 これも今回初めてやるシナリオでしたが流れとしては良い話ダナーって感じ。

この後将軍は病気で亡くなってしまったらしいんですよね(-_-;)。

 

f:id:rpggameseiha:20171130220614j:plain

 そして訪れるギュスの最期。南の砦で駐留していたギュス達に無数のモンスターが襲い掛かる。そこで現れたのはヨハン。既にサソリの毒が回り体が弱っている様子…。モンスター達はヨハンに任して戦闘開始。

この戦闘はヨハンが死ぬまで終わらないのが酷すぎる…(´・ω・`) しかも一戦闘終わるたびにLPが1減るのも…  

フリンはヴァン先生を脱出させる為に外まで同行していたが、役目を果たした後は砦に残ったギュスへの元へと戻っていく…。この時普段は弱弱しい印象のフリンがちょっと勇ましくなるのが印象的。

 

f:id:rpggameseiha:20171130220643j:plain

翌日騒動が収まった後に砦へと向かうとそこに残っていたのはギュスターヴの剣ただ一つだけだった。描写不足なのがやや残念ですが、主人公の死から更に物語が加速するってのは面白いですね。 因みにギュスターヴの人物像のモチーフとなったのは織田信長らしいですね。没年も同じだったり暗殺を巧まれたりとか。

これだけ歴史に名を刻んだ男が姿を消した時、世界情勢はどう変わるのだろうか…。

これでサガフロ2のシナリオは半分ぐらい終了か(・・? でもエッグ戦準備で結構時間使うと思うのでクリアまではまだ遠いと思うw。