暇人のゲーム日課帳

自身のゲーム日課をメインに適当に書いていくブログ。ゲーム以外の事もたまに書きます。

ゲーム近況1 イースVIII,デイズゴーン,ひぐらしのなく頃に

6年ぶりに眼鏡を買い替えたのだが、遠方や小さい文字もはっきり見えるようになってスッキリした気分。ただ慣れるまでしんどい…w

それと3つのゲームを同時にプレイ日記に書くのはしんどい…と言う事でまた半年前の進行記録スタイルに戻ってしまいましたねw。ただ毎週書く程の気力はないので、週一縛りではなく2週間に一回ぐらいの不定期更新になるかも。

 

 

 

 

 

イースVIII①-シリーズ初プレイの巻

f:id:rpggameseiha:20190520224035j:plain

発売当時から関心はあったものの、軌跡シリーズを追っかけていたので中々プレイできずにいたイースVIIIをようやくプレイ開始。今年のファルコム新作はイースIXなので時期的には丁度良さそうですね。

 

f:id:rpggameseiha:20190520225257j:plain

主人公のアドルドラクエやペルソナと同じく喋らないタイプ。

元がvita作品と言う事もあってか閃の軌跡III,IVに比べるとグラフィックはやや見劣るかも。ただPS4向けに高解像度化されているので特には気にならない。

 

f:id:rpggameseiha:20190521211303j:plain

航海の最中にアドル達が乗っていた船は正体不明の触手に襲われ遭難してしまう。どうやらイースシリーズではよくある展開らしい…。

そして辿り着いたのはセイレンと言われるらしく、漂流して戻って来た者が誰一人居ないと伝えられているとか。

 

f:id:rpggameseiha:20190521212753j:plain

少し探索してみると浴衣姿のラクシャと遭遇。更に浴衣がこぼれて裸体を晒してしまうラッキースケベ何故こんな格好をしてたのか突っ込んだら負けな気がする…

アドルはラクシャの大嫌いな人にそっくりらしく、アドルに対して八つ当たりとも言える態度が目立ちますね。典型的なツンデレ?。

 

f:id:rpggameseiha:20190521212857j:plain

 2人目の仲間キャラとして加わったのはサハド。初対面から馴れ馴れしい程度で接してくる態度はラクシャとは真逆ですね。

 

f:id:rpggameseiha:20190521214006j:plain

アドルが就寝時に時折見る事になる夢。恐らく夢に登場している巫女はダーナだろうが、セイレン島の過去と深い関わりがありそう。

ダーナを操作できるのはいつ頃になるかな?。

 

f:id:rpggameseiha:20190521214047j:plain

プロローグを終えると第一部が始まり漂流村の開拓が始まる。序盤は漂流した人を探していくのとMAP埋めがメインになりそうですね。

少しずつ賑やかになっていくシステムはやっぱり良いよね。

 

f:id:rpggameseiha:20190521222605j:plain

戦闘はスピード重視のARPGって感じ。操作感もシンプルで複雑な要素もないのでかなりとっつきやすい。ただ歯ごたえはちょっと少ないかも。

弱点に応じてキャラを切り替える事さえ意識すれば特に苦労しなさそう。ただ高Lvの敵がたまにうろついてるのが怖い…w。

 

f:id:rpggameseiha:20190522205200j:plain

f:id:rpggameseiha:20190522201755j:plain

第一部では上記の通りMAP探索→漂流した人を見つけるので若干お使い感が強いが、少しずつ未開拓域を埋めていくのが楽しいですね。セイレン島の最果てには何が待ち受けてるだろうか…

フィールド曲はいずれもカッコよく、特に「名知らず海岸」は冒険してるなーって感じが凄い出てる曲。

 

f:id:rpggameseiha:20190522204219j:plain

パッケージにも登場している運び屋「ヒュンメル」と遭遇。一時的に同行する事にはなったが漂流村の住民になる訳ではなくどこか行ってしまうし…。

 

f:id:rpggameseiha:20190522205116j:plain

第一部の終盤では船長が何モナカに襲われる事件が発生。最初は動物などを疑ったが、最終的に漂流村の誰かが犯人という推測に辿り着く。

 

f:id:rpggameseiha:20190522205340j:plain

 一連の事件の犯人だったのは医者であるキルゴール。名前の時点で裏切り者臭があったのは、空の軌跡でもそんな奴が居たからだろうか…?。

最後は古代種に喰われる哀れな最期を遂げたが中々のサイコパスだった…。

 

f:id:rpggameseiha:20190522205409j:plain

何とか事件を解決したものの2人の漂流者が帰らぬ人になり、セイレン島に生息する古代種がウヨウヨしたりなど不安の種はまだ多い…。

 

f:id:rpggameseiha:20190522205515j:plain

アドルが見ていた謎の夢もはっきりとした内容になっていき、ヒロインのダーナも操作出来る様に。はじまりの大樹を奉じる巫女として正式に認められたダーナ

これからはアドルとダーナ、二つの視点で物語が進むことになりそうですね。それにしてもダーナのおぱいがhだ…(語彙力)

 

 

デイズゴーン①-ありきたりな洋ゲーか? それとも…

f:id:rpggameseiha:20190520212120j:plain

平成最後のPS4ゲーム?になったデイズゴーンをプレイ開始。

ゲーム開始直後からゾンビに襲来される過去編が展開されるのはラストオブアスっぽい感じがしなくもない。ざっくり言えば妻であるサラはヘリで避難、ディーゴン達は街に残る事になってしまう。ただ空白部分が多すぎて?と頷く展開も…。

デフォルトでは字幕が付いてないので設定で変更しておく。

 

f:id:rpggameseiha:20190520215825j:plain

序盤は相棒ポジであるプーザーと共に行動。ここで操作方法などを覚えていく事になるが、RDR2程ではないが操作がモッサリしてますね。個人的には軽すぎても嫌なので丁度いいかもしれない?。

 

f:id:rpggameseiha:20190520212900j:plain

ゾンビ(フリーカー)に襲われたと思ったらそうではなく、どうやらリッパ―と言う種族らしい。ただ意志がある分ゾンビより厄介な存在になりそう…。プーザーもリッパ―のせいでの重症を負ってしまう。

 

f:id:rpggameseiha:20190520215901j:plain

各地にあるNEROの研究施設。ガソリンを見つけ電源を復旧させると内部に入れるようなるが、近くにはフリーカーが巡回しているので用心は怠らない。研究施設の中には最大ステータスを上昇させる注射器がある。

 

f:id:rpggameseiha:20190520220320j:plain

最近のゲームでは大体あるフォトモードは勿論搭載。今作は寂れたロケーションが多いので退廃感のある写真を撮りたいが上手くいかないですねー(´Д`)。

そして表情を変更する事も可能だが、幸せ顔がサイコパス染みてる…w。

 

f:id:rpggameseiha:20190520220749j:plain

本作はサバイバルゲームと言う事でアイテム管理が重要。持てる最大所持数もそこまで多くないので、さっきまで上限数だったのに切らしてしまう事もしょっちゅうありますねー。そうなるとナイフを振り回すマンになってしまう訳だ…

更にディーゴンが愛用しているバイクも耐久地、燃料の概念が存在するので定期的にガソリンを補給しないと大変な事に…。FF15もガソリンあったよね?。

 

f:id:rpggameseiha:20190520221041j:plain

シナリオの事を全然書いていなかったが、ディーゴンは金稼ぎの為にあちこちを放浪中。 キャンプではバイクや装備品の強化や素材の売却、ジョブの受注が可能なのである程度ミッションを消化したら定期的に訪れたい所。

キャンプでは生き残った人達で生活をしている様子だが結構厳しそう…。

 

f:id:rpggameseiha:20190520221547j:plain

デイズゴーンの目玉となるのが大量のゾンビ。このフリーカーがとにかく数が多いので何も考えずに突っ込むと余裕で死ぬ。儂も10回ぐらい死にましたw。

爆発物までの誘導、スタミナの管理が非常に重要でフリーカーを一掃できた時の爽快感はかなりの物ですねー。

 

f:id:rpggameseiha:20190520223029j:plain

サラの墓標参り。ここで初めて冒頭にもあった2年前のシーンの回想が…。今後もシナリオを進めていく事で過去が明かされていくぽいね。

 

f:id:rpggameseiha:20190522202133j:plain

個人的に魅力的に感じるのが夜空の美しさ。廃れてしまった世界の中でも変わらず輝き続けているのが何とも美しいですね。ただ空を眺めるのに夢中になりすぎてフリーカーに襲われる…なんてことも。

 

f:id:rpggameseiha:20190522202406j:plain

皮が剥がれて二形態目に移りそうな雰囲気のフリーカー(適当)

 

f:id:rpggameseiha:20190522202528j:plain

一人で生き延び続けた少女をキャンプに連れ戻そうとした時にバイクの前でたむろっていたのは熊。…洋ゲーの熊は基本強いんだよね(RDR2並)

近づいたら一発で死んでしまったので、低い壁を利用してショットガンで地道に削って撃墜。今後もこういった強敵が増えるとか増えないとか…。

 

f:id:rpggameseiha:20190522203106j:plain

プロローグでも登場していたオブライアンと再会。何故サラが死んでお前は生きてるんだ?と激情するディーゴン。サラと別れた後に何をしていたか尋問をしてみたが、野営所で治療はしていたと。良い情報は結局得れず仕舞い。

 

f:id:rpggameseiha:20190522203237j:plain

襲撃キャンプを攻略。基本的に人間とフリーカーが双方ウヨウヨしているので、上手く誘導して敵対させるとプレイヤー側の負担が減りますね。

ここでランドマークの場所が分かる様になる地図が手に入ると今更知った…。あてもなくMAP埋めをしてた時間は一体…。

 

f:id:rpggameseiha:20190522203736j:plain

つまらない余談ではあるが崖のギリギリでブレーキを掛けたらこんな状態に。このまま落下する運命かと思われたが、バックを掛けたらあっさり復帰できましたw。

何かオープンワールドを結構プレイしている割には見落としが多い自分に不安を感じるが、ボチボチ楽しんでいく予定です…w。

 

 

ひぐらしのなく頃に①-鬼隠し編綿流し編

f:id:rpggameseiha:20190521213050j:plain

 2年前にアニメを視聴してゲーム版もプレイしたいなーと思っていたひぐらしのなく頃にをプレイ開始。PS4版かswitch版どっちを買うかで少し悩んだが、利便性が欲しかったのでswitch版でプレイ。

 

f:id:rpggameseiha:20190522205654j:plain

主人公の前原圭一は物語の舞台である雛見沢に引っ越してきたばっかり。前半ではレナ、魅音、沙都子、梨花の5人で放課後の部活をメインとした田舎の日常が描かれるわけだが…

 

f:id:rpggameseiha:20190522210125j:plain

中心人物の第一印象を書いていくと…かわいいモードになると制御が効かなくなる天然キャラのレナ。 盛り上げ役で空気の読めない魅音。 いっつも圭一にいたずらを仕掛ける沙都子。 物静かだが何を考えてるか読めない梨花…って感じかな。

80年代の田舎と言う事で懐かしい雰囲気を楽しめると思いきや、オタク文化が繁栄していたりとよく分からない点も…w。

 

f:id:rpggameseiha:20190522211246j:plain

年に一度雛見沢で開催される伝統的な祭りである綿流し。表向きは神秘的な雰囲気のある祭りであるのだが、鷹野と富竹の話によると綿流しが終わって間もない頃に必ず死人と行方不明者が出ると言う…。

 

f:id:rpggameseiha:20190522211450j:plain

そして先程の話は現実となり鷹野と富竹は奇妙な最期を遂げてしまう。それはオヤシロ様の祟りかと疑う様な…。

刑事の大石が言う様には事件の裏にはダム計画が絡んでおり魅音達が怪しいと睨んでいるらしく、圭一に有益な情報を探るようにお願いするが、これが日常の崩壊へと繋がっていく事になる…。

 

f:id:rpggameseiha:20190522211348j:plain

ダム事件の事を隠そうとするレナを問い詰めようとする圭一。するとレナも圭一に隠し事をしてないか?と問いかけてくる。そこで隠し事はしてないと言った途端…

嘘だッ!!

と迫真のボイス。今までのほんわかした性格からの豹変ぶりが凄い。ここから恐怖の始まりですね。

 

f:id:rpggameseiha:20190522211550j:plain

ここから非現実的な出来事が起き続け疑心暗鬼になっていく圭一。普段は何もないのに突然豹変するレナ達がとにかく怖い。

留守番をしている圭一にレナがお見舞いをしに来るシーンは初見だと怖いシーンに見えるが、鬼隠し編の真相を知った後だと凄く心が痛む…。 

 

f:id:rpggameseiha:20190522211813j:plain

レナの奇妙な行動は更にヒートアップしていく。圭一は誰も近づくな!と金属バットを持ち威圧を掛けていたが、その翌日にはレナは鉈を持つようになり、逃げようとする圭一をひたすら追いかけてくる。

 

f:id:rpggameseiha:20190522211753j:plain

レナから逃げて…謎の二人組から逃げて…目が覚めるとそこは圭一の自宅だった。いつもと変わらない様子の二人に見えたが、監督と言うワードが出た途端に会話は恐ろしい方向へ向かっていく。

罰ゲームと言う事で差し出された注射器。もう終わりかと思ったが…

 

f:id:rpggameseiha:20190522211944j:plain

 圭一の意識がはっきりとした状態に戻った時…既に圭一の部屋では異変が。そこにはレナと魅音が倒れており、自身の持っていたバットには血…。そこで圭一は状況を理解し家から飛び出すも…

 

f:id:rpggameseiha:20190525185715j:plain

圭一は助けを求め公衆電話から大石に電話を繋げるが、この時の圭一は既に末期状態。富竹と同じ自らの爪で喉を切り裂いてしまし電話は途切れる。

ここで鬼隠し編は終了。仲間達が徐々に豹変していく展開に加えてオヤシロ様の正体もはっきりしてない状態なので、怖さは随一かもしれないですね。

 

f:id:rpggameseiha:20190525190050j:plain

って事で次は綿流し編。プレイ順はアニメと同時系列で追っていくつもり。

鬼隠し編クリア後は選択肢が発生するようになるが、選択肢がフラグかどうか一目で分かる様になってるのは有り難い。

 

f:id:rpggameseiha:20190525190711j:plain

綿流し編の中心人物である魅音の双子の妹である詩音。二人は非常にそっくりな見た目ので中身がコロコロ入れ替わる。日常パートでは詩音のフリをした魅音に圭一が少しずつ惹かれていく訳だが…

 

f:id:rpggameseiha:20190525190803j:plain

あくまでも詩音のフリをする魅音に対してプレゼントをしようとした圭一。しかし今回は本物の詩音だったので拍子抜けである。焦る魅音がなんか好き。

 

f:id:rpggameseiha:20190525192022j:plain

再びやってきた綿流しの晩。鷹野、富竹、詩音、圭一の4人でオヤシロ様を祀る社に侵入するのだが、そこには恐ろしい物がごっそり…

鷹野による長話もあるが、雛見沢がかつては鬼が淵と呼ばれていた理由など世界観にまつわる話が多め。

 

f:id:rpggameseiha:20190525192524j:plain

綿流しの翌日、事件は案の定起きてしまう。…が鬼隠し編と異なるのは鷹野が失踪したのではなく焼死した事。…つまり神隠しになってしまうのは二人になると。

次のターゲットになるかもしれないと怯える圭一と詩音。

 

f:id:rpggameseiha:20190525192819j:plain

圭一は社に侵入した事を梨花に明かすのだが…

 

f:id:rpggameseiha:20190525192904j:plain

圭一が梨花に社に侵入してしまった事を告げた晩、梨花と沙都子は失踪してしまう。

レナと魅音と共に梨花達の家に行くシーンだがこの時の魅音の豹変ぶりェ…。

 

f:id:rpggameseiha:20190525193424j:plain

綿流し編では仲間が次々去ってしまう中でレナがとにかく有能。梨花や沙都子の失踪の真相を解明したり、圭一の心の支えになるなど…。鬼隠し編の狂いっぷりからは想像できない。

レナの推理の結果、魅音が事件の真犯人…と言う事で魅音の家に問い詰めにいく事になる。

 

f:id:rpggameseiha:20190525193646j:plain

全ての罪を白状する魅音。園崎家に課せられた使命が何なのかも明かされ事件は収束したように思えたが…

 

f:id:rpggameseiha:20190525193739j:plain

魅音梨花達を殺害した現場に向かうと魅音は豹変していく。囚われの身である詩音を前に圭一を拷問しようとする魅音。得体の知らないナニカを相手にしてるのだろうか…。拷問の直前に魅音は手を止めたが…

顔芸はひぐらしのなく頃にの伝統ですねw。

 

f:id:rpggameseiha:20190525193755j:plain

雛見沢から距離を置こうとする圭一。しかし鬼に豹変した魅音はどこまでも圭一を殺そうと追いかけてくる…。圭一の生死が分からないまま綿流し編は終了。

 

2週間分書いたせいか画像枚数が多くなってしまったので、もう少し早い段階でブログを書くべきだったかもしれない…w。