暇人のゲーム日課帳

自身のゲーム日課をメインに適当に書いていくブログ。ゲーム以外の事もたまに書きます。

オーディンスフィア プレイ日記part1 グウェンドリン&コルネリウス編

f:id:rpggameseiha:20190424190426j:plain

GWが始まって3日目…これといった予定がないので、暇な状態が続いてますねw。そして10連休が明けたら仕事が始まると思うと恐ろしい…w。

それはともかく数年前からそこそこ気になっていた作品であるオーディンスフィアをプレイ開始。10時間ぐらいプレイした時点では、絵本のような独特なグラフィックと演劇調に描かれるシナリオが印象的な作品かな?。

 

f:id:rpggameseiha:20190428135722j:plain

シナリオはアリスが本を読んでいく形で進行していく。

今作は5人の主人公が登場するが一人の主人公をクリアしないと次に行けない様になってるので、実質一本道シナリオぽい。1partで2人分の主人公の事を書くので、恐らく超駆け足日記になりそう…w。

 

グウェンドリン編

f:id:rpggameseiha:20190424190600j:plain

最初に操作する事になる主人公はグウェンドリン。テキストアーカイブを参照する辺り、どうやら魔王軍と妖精軍が激突している最中。

優秀なワルキューレとして活躍しているように見えるが、それは父である魔王オーダインの龍愛を得るため…。戦争とか世界の終焉が描かれるのでシナリオは結構重い。

 

f:id:rpggameseiha:20190424191033j:plain

本作のゲームシステムを大まかに言えば2DのARPG。〇+十字キーで技を発動させれるなど、直感的にアクションを楽しめる点は2D作品のテイルズに近いかも。

技の習得はMAP探索などで行うのでなるべく全てのエリアを探索すれば、スムーズにボス戦を進めれるバランスになってますね。また調合などで入手できる魔法薬は強力な物が多いので、活用すれば撃破時間を一気に短縮できる。 

システム面は全体的にクラシックな作りといった印象ですね。

 

f:id:rpggameseiha:20190424191002j:plain

2章のボス戦は主人公の一人でもある魔女ベルベット。魔女ベルベットは今は亡きバレンタインの王女らしく、実親がオーダイン王であるみたい。

結局ベルベットはブリガンに連行され…

 

f:id:rpggameseiha:20190424194434j:plain

処刑を迫られたベルベットを助ける為に向かった先で待っていたのは英雄ブリガン。

全くダメージが与えれなくLv不足か…?と思っていたが鎧を剥がすとダメージを与えれる仕様らしい。その事に気づいたのはコルネリウス編で再度戦った時なのは内緒…

ボス戦のBGMに既視感があると思ったらやっぱり崎元氏だった。

 

f:id:rpggameseiha:20190424200227j:plain

重臣であるブリガンを殺してしまった為、一国の王女として生きる事になる。そして王子である?オズワルトと言う人物はグウェンドリンにベタ惚れしてるみたいだが…。

この場所の雰囲気が演劇っぽい感じですこ。

 

f:id:rpggameseiha:20190428135922j:plain

オーディンスフィアの魅力の一つである料理。飯テロと言わんばかりの芸の細かいグラフィックが魅力的ですねー。

EXPを大量に獲得できるのも美味しい。

 

f:id:rpggameseiha:20190428141227j:plain

火の国に乗り込んだオズワルドを追いかけに行くと、くっさい台詞を連発するオニキス王に散々追っかけられる羽目に。ちっこい癖に無駄に固いボスを倒した後は何とか身を引けたが、相変らず「うわ…」な発言を連発してきますねw。

5章からMAPの範囲が広くなってきた希ガス

 

f:id:rpggameseiha:20190428143453j:plain

このゲームで少し厄介なのは持ち物管理。所持上限が少ないので、気が付けばパンパンになってる事もしばしば…。

食後のゴミはポイして、使わない装飾品はBOX保管するといいですね。

 

f:id:rpggameseiha:20190428142320j:plain

6章では奪われた指輪を取り返す為に妖精の国へ殴り込み。3人目の主人公であるメルセデスとの戦闘になったが、シナリオの時系列を見ると既にメルセデス編の終章を終えた後みたいですね。それとダメージボイスが少しエ口かった

 

f:id:rpggameseiha:20190428141327j:plain

終章では死の世界へ迷い込んだオズワルドを助けに行く事に。死の世界から脱出し、オーダインと決別した後には完全にイチャイチャ状態。

これでグウェンドリン編は終わり。一人のボリュームは5時間ってとこか。

 

コルネリウス

f:id:rpggameseiha:20190428143339j:plain

2人目の主人公はコルネリウスタイタニアの王子であるらしいが、何が原因なのかプーカという獣の姿になってしまったらしい。

まずは死の世界から脱出。別主人公操作なのでLv1から再スタート、アクションの操作感も若干変わってますね。技も豊富なので難易度は易しめ。

 

f:id:rpggameseiha:20190428211849j:plain

1章のボスはまたまたプリガン。3人目の主人公を途中まで進めて分かった事だが、どうやらボスは使い回されてる物が多いらしい。ここは焼き直し感あって残念…

まだグウェンドリンの姉が生きているので時系列は最古ぽいね。

 

f:id:rpggameseiha:20190428211952j:plain

タイタニアの城に向かうと、そこに居たのは偽物の王子。王様も存在に気づいてないので、何か酷い事を散々言われてる気がする…w。

タイタニアでは厳しい法律などで衰退が嘆かれている様子。

 

f:id:rpggameseiha:20190428212303j:plain

コルネリウスを追い詰めていくととうとう正体を現す。どうやら彼はベルベットの双子の兄弟らしい。

完全に恋人関係であるベルベットを手玉に取る気満々っすね…w。ベルベットが駆けつけてきたのでここは退却。

 

f:id:rpggameseiha:20190428212425j:plain

シナリオ上でも時々語られる今は亡き国バレンタインの存在。謎な部分は多いが、他主人公のシナリオを進めると明らかになっていくか?。

 

f:id:rpggameseiha:20190428212526j:plain

実をまとめて伐採した時がちょっとした爽快感。大回転攻撃は攻撃範囲が広い上に攻撃中も移動可能なので、かなり使い勝手の良い技…と思うよ。

でもまとめて種植えたらバックが一杯になるのはよくある話。

 

f:id:rpggameseiha:20190428212716j:plain

プーカの姿を戻す魔法のコインを巡ってアチコチ。そこで出会ったのはバレンタインの王。ここで序章で戦った魔物がガロン王とも明かされる。

 

f:id:rpggameseiha:20190429214821j:plain

終章では囚われの身になったベルベットを救うため、タイタニア城の地下へ。ベルベットの兄イングウェイを駆けつけてきたので、二人で協力しながら竜を撃破。

それにしても、ベルベットがなんかエ口要因になりつつある…w

 

f:id:rpggameseiha:20190428212655j:plain

元の姿には戻らなかったが、ベルベットとの愛を誓いコルネリウス編終わり。

シナリオは5人の主人公の話が絡むので複雑な印象が強いけど、演劇を見てるような演出が印象的ですねー。噂のポエムがどんな台詞を発言するか楽しみ。

 

日にち的にこれが平成最後の記事になるかな?。平成最後に締めの記事書こうと思ったけど、これと言って思いつかなかった()