暇人のゲーム日課帳

自身のゲーム日課をメインに適当に書いていくブログ。ゲーム以外の事もたまに書きます。

2018年プレイしたゲーム 簡潔な感想まとめswitch+その他機種編part3

前回から積んでた記事なので一応公開。来年以降も感想まとめ記事は書いていく予定だが、ハード別に書くのをやめたりと少し路線を変えると思います。

大した事ではないが、明日投稿予定の総括記事とネタがちょっと被るなコレ…

 

 

点数は5割主観的5割客観的につけるので、世間では評価が良くても自分が会わない場合は点数が低くなるかも。 6点未満はほぼ付けないので、実質点数のラインは6~10点ですね。

点数の基準

6点未満  ナニコノクソゲー(・・? 今のとこ地雷は踏んでいない。

6点~ 残念な部分が多かったゲームの点数。微妙ゲーライン

7点~  それなりに楽しめたが、特に印象には残らない。凡ゲーライン

8点~  普通に楽しめたと思えるゲームの点数。 良ゲーライン

9点~     遊んで良かったと心から思えるゲームの点数。 殿堂入りライン

10点  この点数を付けた時が自身の終戦(適当)

 

 

 

 

 

 

 

 

switch ゼノブレイド2

f:id:rpggameseiha:20180908185934j:plain

7年ぶりに発売されたゼノブレの2作目。

大ボリュームで描かれるシナリオとやりこみ要素、探索していて楽しいフィールドは健在でゼノブレらしい面白さは健在でした。

戦闘は前作のシステムをベースに、操作キャラ(ドライバー)に3体までセットできるブレイドと共に戦う物になっており戦闘の幅が広まった印象。ただシステムを把握するのに時間が掛かるのは前作と変わらず。

ただ前半のアニメ色の濃いシナリオや露出度の多いキャラが多かったりなど、若干オタ受けの強い作風になってるのは賛否が分かれる所でしたね。アニメ色のRPGも好きな自分は難なく楽しめましたが、苦手な人にはキツいかも…。

後半のシナリオはゼノシリーズらしい展開になり面白さが増す一方でムービーの割合が増えたり、MAP探索がつまらなくなるなど一長一短な所。

〇前作同様大ボリュームのシナリオ、やりこみ要素

△前作と異なり、アニメ色の強い作風

✖終盤以降のムービー量増加&一本道化

シナリオ:B  ビジュアル:B+

システム:B   オリジナリティ:C

快適さ   :   ボリューム:A+

クリア時間66時間 プレイ時期7/29~9/8

点数7,5/10

 

 

switch オクトパストラベラー

f:id:rpggameseiha:20181020203653j:plain

昔ながらのドット絵主体で作られたスクエニの完全新作。

ドット絵のクオリティは秀逸で、SFC後期作品のFF6ロマサガ3に匹敵する完成度だったと思います。 戦闘システムもFF5などでお馴染みのジョブシステムを採用しているが、ブレイク&ブーストと言う独自の要素もある。

また自由度の高さも魅力で、好きな順番で攻略できるシナリオや主人公事に用意されているNPCに行える固有スキルも面白い。

ただあっさりしすぎたシナリオ(8人分あるので致し方なしかもしれないが)、ワンパターンなダンジョンなど気になる点も少なからず。

 

〇自由度の高いゲーム性 徹底的にこだわったドット絵 

△バリエーションに欠けるダンジョン 主人公事の繋がりが薄い

✖条件の分かりづらいサイドクエス

 シナリオ:C+    ビジュアル:B+

システム:B+    オリジナリティ:B

快適さ   :C+       ボリューム:A

クリア時間9/10~10/13 プレイ時期55時間

点数8/10

 

 

PSP ペルソナ3 ポータブル

f:id:rpggameseiha:20181020203715j:plain

2006年に発売されたペルソナ3PSP版。自身はP3初プレイ。

PS2PSP移植の為、イベントシーンの一枚絵化やアニメパートの廃止など容量削減による欠点はあるが快適にプレイできる環境にはなっている。

シナリオは生と死を扱った内容になるので4,5と比べると暗い印象は強いが、終盤に掛けての展開はシリーズ随一だったと思います。

基本的なゲームパートは仲間との交流を深めるコミュ要素と影時間に探索するランダム生成ダンジョンと基盤は3で出来てた感じ。

個人的にゲームデザインはクールな感じの3が一番好きだったかも。

 

〇生死を主題にしたシナリオ 洒落なBGM

△携帯機移植なので簡略化された要素が多い(その変わりサクサク進む)

✖単調なダンジョン構成

シナリオ:B+  ビジュアル:A

システム:C+   オリジナリティ:B

快適さ   : B+   ボリューム:B

クリア時間45時間 プレイ時期10/14~11/17

点数8/10

 

 

3DS ペルソナQ2

f:id:rpggameseiha:20181213203729j:plain

ペルソナ3,4,5のキャラクターが集結するお祭りゲー。主人公はジョーカー固定でUIもP5寄りになっている。前作は未プレイ。

世界樹シリーズをベースにした戦闘は本家とはまた違う戦略性を求められるので、歯ごたえは中々ありました。また難易度はやや高くボス戦は適当にやってると負けるバランスになってたと思う。

クロスオーバー要素は悪くはなかったが、28人もパーティが居るのに控えにEXPが入らないので使用キャラが偏りがちになってしまうのは残念。

一番の問題点は全体的に安っぽいシナリオ。終始「同調圧力ダメ!」って展開が続くのでシナリオが進むにつれてドンドン呆れてくる。

 

〇緊張感のある戦闘

△控えメンバーにEXPが入らない

✖お粗末なシナリオ 

シナリオ:D  ビジュアル:B

システム: B+  オリジナリティ:C

快適さ   : C+   ボリューム:B

クリア時間35時間 プレイ時期11/29~12/23

点数6/10

 

 

vita アンダーテイル

f:id:rpggameseiha:20181213203640j:plain

 2015年に発売されたインディーズゲームの移植版。

「誰も死ななくていいRPG」のキャッチコピーの通り、プレイヤーの行動次第で敵を倒さなくて済むのが大きな特徴。コミカルなキャラ達の掛け合いも👍。

ジャンルはRPGとなっているが戦闘は弾幕シューティングとなっており、自分みたいに慣れてない人は少し苦戦するかも?。 またゲーム好きならニヤリとするメタ要素も数多くありましたね。

 

 

PC 素晴らしき日々

f:id:rpggameseiha:20181119230336p:plain

ケロQより発売されたADVゲーム。過去に発売された「終ノ空」の設定も用いてるらしいが,

プレイしなくても問題なし。(というかプレミア化してるらしい)

章事に異なる主人公でシナリオが描かれており、違う視点でプレイしていく事に謎が明かされていく。伏線の明かし方も中々巧妙。また哲学を多く取り入れた作品でもあり、小難しい内容ではあるが考えさせられる内容。

とにかくキツイ描写の多いゲームでもありイジメや電波、ホラー色のある展開などは特に好き嫌いが分かれる要素でしたね。

個人的にはBGMが至高だったゲーム。夜の向日葵は聴いてて癒される( ˘ω˘)。