暇人のゲーム日課帳

自身のゲーム日課をメインに適当に書いていくブログ。ゲーム以外の事もたまに書きます。

今週のゲーム進行記録+雑記62 閃の軌跡IVプレイ開始,オクトパス3章,428クリア&隠しシナリオ

もう冒頭はネタがない時は何も書かなくていい気がしてきた…w。

 

 

 

 

 

 

ゲーム進行記録

閃の軌跡IV①-待ちに待った閃シリーズの完結編

f:id:rpggameseiha:20180928162625j:plain

あれから一年…遂に発売された閃の軌跡IV。やっぱりRPGの新作買う時が一番盛り上がりますねー!

最初はこっちで書こうとしたけど、ネタバレ配慮とか文章が長くなりそうな事を考えてプレイ日記に書くことにしておきます(´-ω-`)。

 って事でいつもの用に進行記録はネタバレ控えめで書けそう事でも書くか。

 

f:id:rpggameseiha:20180929164504j:plain

 前作一番の問題点だったスレッジハンマーはご覧のとおり大幅に弱体化。イベント消化で多少強化はされるが、それでもだいぶ落ち着いた性能になってる。ただブレイク復帰が早いのは極端すぎる気もしますね(-ω-;)。

後はBGMとかPも安定のクオリティ。閃シリーズは不評少なくないけど、安心して遊べるシリーズな気はする。ただ…長すぎるw

 

f:id:rpggameseiha:20181001191642j:plain

現在は10時間程プレイしてミュゼが加入するところまで進みましたけど、流れがほぼ閃の軌跡IIと同じですね。 中盤辺りまでは少し退屈かもしれない。

 MAPは新規と使い回しが半々ってとこか。

 

 

428 封鎖された渋谷で③-真ENDまで達成

f:id:rpggameseiha:20180928162915j:plain

この一週間で真エンディングを見るところまで達成。一度プレイ済と言う事もあってか、サクサク消化できてしまう。

やっぱりED曲は使いすぎってのは改めて実感できるなぁ…。普通に好きだけど。

 

f:id:rpggameseiha:20180928163132j:plain

今までの伏線が回収され始め大詰めへと入って行った428。ひとみを狙う真犯人が父である大介と知った亜智は電気工房へと向かう。

そこで痛いほど知った大介の鈴音を助けたいという気持ち。それでも人を殺してまで心臓を奪うのは違うと亜智は説得し今までの因縁は終着する。

 

f:id:rpggameseiha:20180928163223j:plain

マリアがいる元へと駆け付けた加納のカナン。そこで亜智が説得していた場面と出くわし、いよいよ428の登場人物が集結。

黒幕のアルファルドが19時にスクランブル交差点へと来いと宣言し、最後の戦いが始まろうとしていた…。

 

f:id:rpggameseiha:20180928162849j:plain

 一方大沢編。研究所のパスワードを入手する為、田中の愛人でもあった愛と話し合いを試みる…が愛はパスワードを知らなかった。

そこに掛かってきた加納からの電話。大沢マリアを助ける為に研究所へ向かって欲しいと聞きつけたがそれを止めようとする愛。

だが大沢の決意は固く、失った物を取り戻す為に再び立ち上がろうとしていた。

 

f:id:rpggameseiha:20180928163334j:plain

 いよいよ最終チャプターの18時~20時。主人公の4人中3人が刑事な上に4人ともコンタクトを取りながらのパートなのでシナリオが収束してきた感じですね。

建野は難なくジャンプできるけど、ジャックは選択肢を間違えると出現しないので初見時は躓く可能性もありますねw。

アルファルドとの決戦前、加納は交差点でどう動くかの作戦、亜智はアルファルドを取り囲む為のメンバー集め、建野は抗ウイルス剤を手に入れる為研究所へ、そしてジャックは黒幕の動きを感じ始め個人で動き始める。

 

f:id:rpggameseiha:20180928163417j:plain

 ミノがKOKを取材している中、再びKOKの元へと向かった亜智。命を懸けた説得で進はもう一度亜智と共に動く事を決意。

駒が揃った今、アルファルドとの対決が始まる。

 

f:id:rpggameseiha:20180928163432j:plain

 シナリオ開始時のシチュエーションでもあったスクランブル交差点。そこにやってきたのは、大沢ひとみの教授でもあった人。最初は何でこんなパット出が黒幕なんだ?ってなるけど、替え玉だとしても小者感がね…。

加納と亜智は共同で動いてるのでBADENDは基本共倒れ。しかも大半が爆発エンドなので嫌な程世界はそれでも変わってしまった人も多いポイントですよね(^_^;)。

 

f:id:rpggameseiha:20180928163512j:plain

 ↑ここでさりげなくバットエンドにつながっている。

一方建野&ジャック編。建野は大沢と合流し研究所へ侵入しようとしたがジャックからの電話でカナンの正体を知った建野はカナンを止めることに。そこで二人からは緊迫した状態が続くが…。

このお互い様々な境遇を抱えてる状態で銃を構えてるのが熱い。

 

f:id:rpggameseiha:20180928163611j:plain

 全員のルートを終えると最終ルート。パスワードを無事突破しウーアウイルスから解放されたマリア。しかしアルファルドとの対峙はまだ続いているので、それを止めようとする。マリアは弾を外しアルファルドがカウンター…それを庇ったのは大沢。最後の最後で父親としての本能が動いたがこの結末は辛い( ノД`)。

アルファルドは確保されたが、目的の半分である抗ウイルス剤が含まれた血液は確保されており若干モヤモヤ感…。

加納や亜智もスクランブル交差点での爆弾停止に成功し、一つの誘拐事件から始まった壮大な事件はようやく幕を閉じる。

 

f:id:rpggameseiha:20180928163627j:plain

 一方4人の選択肢を正しく選ぶことで開放される真ルート。大沢を犠牲にする事もなくカナンが生存してた事も明らかになるルートだが、最後のシーンが結局消化不良気味ですっきりしないところはありますね(゜-゜)。

 

f:id:rpggameseiha:20181001204826j:plain

クリア後に解放される隠しシナリオその1「鈴音編」。本編で存在が明かされていた亜智の妹の話。同じ境遇を持った二人の話が描かれる。

終盤の手紙で15歳まで生きたいと強く願った理由が分かるシーンは、BGMの相乗効果もあり泣かせにきますね( ノД`)。

おまけシナリオなので、バットエンドもなく一本道。

 

f:id:rpggameseiha:20181001204850j:plain

隠しシナリオその2「カナン編」。本編で謎の多かったカナンの過去が明かされる話でもあるが実写ではなくアニメ、余りにも428と違いすぎる作風で批判されるのも仕方がない内容ですね(-ω-;)。シナリオ自体は悪くないんだけどね。

シナリオライターはフェイトの人らしいが、まだ未プレイ…。

 

f:id:rpggameseiha:20181001211018j:plain

最後の隠しシナリオはエコ吉編。シナリオ自体はあの裏で起こっていたもう一つの物語って感じがあって良いのだが、条件が難しすぎる(-_-;)。 本編の特定のチャートに存在するJUMPポイントを数回探さないといけないが、自力だと範囲広すぎて気づくのまず無理だろってレベル。

ここは良くも悪くもチュンソフトと伝統芸と言うか…。

メイキングEDは今までずっと静止画でしか表現されなかったキャラクター(俳優)達が描かれるので、感慨深いですね(^^)!。

 

 

オクトパストラベラー③-3章までクリア いよいよ終盤

f:id:rpggameseiha:20181001192818j:plain

現在の進行具合はプレイ時間約30時間で全員の主人公の3章を終えた所。3章のシナリオは今までの範囲で行われていたので、戦闘面では若干退屈でしたね。シナリオは面白くなっていく展開が多かったけど。

けしかけるで突破できたと思ったら、二段構えだった時は泣いた。

 

f:id:rpggameseiha:20180927203123j:plain

アーフィン編。センブリッチを訪れたアーフィンは怪我をした男を助けようとしたがオーゲンと言う薬師から助ける価値がないと言われる。

模索していくと怪我人のミゲルは泥棒である事が判明するが、それでもアーフィンは怪我の治療を行う。しかしミゲルは怪我が治った途端悪事を働き、アーフィンはミゲルを打ち果たす事にする。

助けるべき命とそうでない命。迷いながらもアーフィンは次の目的地へと向かう。

 

f:id:rpggameseiha:20180927203305j:plain

トレサ編。再び元海賊であるレオンと出くわし、彼の親友が残した宝を探し求め洞窟へと向かう。そこでレオンとバルタザールの過去と宝物とは一体何なのか?という疑問を知る事になる。

しかしトレサは飴で慰めようとされたりなど、終始子供扱いされっぱなしですねw。プリムロゼとは正反対なキャラな気がする。

 

f:id:rpggameseiha:20180927203342j:plain

ハンイット編。赤目を倒すのに必要な「薬草ヘンルーダ」を探し求め森へと向かうがそこで待ち構えていたのは一匹のドラゴン。狩りの話を師匠に聞かせるとの意気込みでハンイットは対峙する事になる。

今まで戦闘の話してませんでしたけど、三章になってからはボス敵がガクンと強くなった気がしますね。かと言って開拓したMAPもないので少し辛い時期。3章のシナリオが全部2章までの範囲なのがね(´・ω・`)。

 

f:id:rpggameseiha:20180927203544j:plain

テリオン編。前回と同じく緑竜石を探し求め洞窟を探し当てていたが、そこで元相棒と思わぬ再開を迎える。回想シーンを見る限りテリオンはダリウスの踏み台に過ぎず、自己主張が強くなってきたテリオンとは決別していた模様。

元相棒との再会、盗みを犯したテリオンを信じようとするコーデリア…4章の展開は面白くなってきそう。

 

f:id:rpggameseiha:20180927203704j:plain

オルベリク編。2章の時は多少補えたが、ベンチ組の戦力差が露骨になり始め辛くなってきたかも…。

エアハルトの場所を嗅ぎ付けやってきた街ではエアハルトはすっかり英雄扱い。魔物退治を行ってる所で彼と再会したが、彼の言葉から語られたのは復讐をしても、達成感などなく虚しさだけが残っていたと言う物。

ボス戦の後に一騎打ちを行ったが一戦目はご覧の通り。一応低レベルでも何とかなる難易度で助かった…。

 

f:id:rpggameseiha:20180927203758j:plain

プリムロゼ編。今まで通り2人目の黒ローブの男を倒す流れだろうと思っていたが、物語は思わぬ展開に。プリムロゼの父親を殺したのは、身内でもあるシメオンである事が発覚してしまう。

起承転結の転に当たるシナリオ展開が3章は多いですね。

 

f:id:rpggameseiha:20181001192555j:plain

オフィーリア編聖火リレーを続ける中、リアナからは父が亡くなったとの報告を受ける。しかもリアナの背後には黒ローブの人間が。種火があれば父が生き返るという事で、リアナから奪い取られてしまう。

 

f:id:rpggameseiha:20181001192627j:plain

サイラス編。前回に続き禁辺の書を探していたが、シナリオを続けていく内に学長の本性が明らかになる。 人の姿からかけ離れた学長と戦う事になったが、何回も力尽きてしまうサイラス先生ェ… 

ベンチ組のレベル上げも考えた方が良いのかもしれない(´-ω-`)

 

f:id:rpggameseiha:20181001192751j:plain

全員の3章を終えシナリオもいよいよ終盤。久々に街を巡れたけど、強力な武具を集めてる時がやっぱり好きだなぁ…。 

最初は盗みが神ゲーとか言ってたのに、トレサの買い取るを使う頻度が高くなってきましたねw。やっぱりお金が貯まってると色々買い物したくなるんじゃ(=゚ω゚)

 

 

雑記スペース

今週の気になったゲーム情報

dengekionline.com

今週もスパイダーマンが売上1位を記録し累計30万本を狙えるラインまで来たか。

シュタインズゲートエリートは約3万本と可も不可もなくと言った売上。switch版はPS4版とほぼ同じ売上でサードも普及してきてると実感できますね。

その他はアトリエアーランドシリーズなどがランクイン。こっちはまだ未プレイのシリーズなんでいつかプレイしたいけど、来年以降になりそう。

 

・RDR2の発売が近くなり色々情報が増えてきたが容量はなんと105G超えと聞き、かなりビックリしましたw。ディスクも2枚組になるとか。

大自然のロケーションとか動物のこだわり凄いだろうから、フォトモードがあるといいなぁ…。

 

 

新しいゲーム棚が欲しい(唐突)

f:id:rpggameseiha:20181001195657p:plain

ブログでは大して挙げてなかった気がするので、完全自己満なゲーム棚語り。定期的にゲーム棚晒さないと死んでしまう(大げさ)

前から何度も言ってる気がするが中度のパッケージ派なので、こうやってゲーム棚眺めてるだけで気分に浸れるんですよね(-ω-)。

それとナンバリングが飛んでるとスッキリしないですねー。基本フリプとか別機種でプレイしたゲームが大半。 まぁ統一感出すためだけに、もう一度同じゲームを買うのは悩ましい所だけど…。

一応この棚は50本までしか入らないのでそろそ新しい棚が必要だが、もう敷地と言える敷地がないので…。とにかくデカい棚と敷地が欲しい!