暇人のゲーム日課帳

自身のゲーム日課をメインに適当に書いていくブログ。ゲーム以外の事もたまに書きます。

2018年プレイしたゲーム 簡潔な感想まとめswitch+その他機種編part2

いつものクリアしたゲームの感想をざっくり書く記事。ゼルダとサマポケはお盆休み中に何とか感想記事を完成させたい(´-ω-`)。

switchタイトルは独立で感想を書こうと思ったが、PS4程ソフトをプレイしないと思うのでその他機種と合併しました。どっちみちアクセス数伸びなさそうだし…(小声)

 

点数は一応5割主観的5割客観的につけるので、世間では評価が良くても自分が会わない場合は点数が低くなるかも。そろそろ優柔不断な性格を打破して白黒とはっきりした点数を付けたい頃…。

点数の基準

~4点  ナニコノクソゲー(・・? 今のとこ地雷は踏んでいない。

4点~  残念な部分が多かったゲームの点数。

6点~  可も不可もないゲームの点数。 凡ゲーライン

7点~  それなりに楽しめたゲームの点数。 まあ良ゲーライン

8点~  かなり楽しめたと思えるゲームの点数。 お気に入り、良ゲーライン

9点~     遊んで良かったと心から思えるゲームの点数。殿堂入りライン

10点  この点数を付けた時が自身の終戦(適当)

 

 

 

 

 

vita 零の軌跡evo

f:id:rpggameseiha:20180503112813j:plain

空の軌跡を含めると4作目に当たる軌跡シリーズ作品。前三作から舞台や主要キャラクターは一新されたが、世界観は共有されているので、過去作ネタは多め。

空の軌跡を経験済みならとあるキャラに関するイベントは必見。一応未プレイでも問題なく楽しめるようにはなっている。

ストーリーは人々から信頼されてない警察(支援課)が本作の舞台であるクロスベルが抱える大きな壁や問題を乗り越えていく内容になっており、遊撃士とはまた違ったストーリーの魅せ方を出来ていたと思います。

ただ空evoシリーズからプレイした場合は、戦闘の早送り機能がない&文字が読みづらいなど不親切な部分が所々気になる。(零evoの方が発売が先の為)

シナリオ:B+ ビジュアル:B+

システム:  オリジナリティ:C+

快適さ   :C    ボリューム:B+

クリア時間35時間 プレイ時期4/3~5/7

点数 8/10

 

 

vita 碧の軌跡evo

f:id:rpggameseiha:20180607190752j:plain

前作零の軌跡の数カ月後から物語が始まる続編。当然だが前作プレイ前提の作品。

シナリオは人々からの支持が高まった支援課が、帝国や共和国などの大陸情勢などのクロスベルが抱える大きな問題と対立する内容になっており今回も楽しめました。ただ次回作に持ち越しよりな展開なのは少々気になる点。

プレイアブルキャラは2人が加わり計6人になっている。また導力車での移動やバーストなど申し訳程度の追加要素もある。

また文字フォントは読みやすくなり、アーツや総攻撃演出がスキップ可能。BGMの改悪もマシになり零の軌跡evoに比べると良質なリメイクになっていたと思います。

シナリオ:B  ビジュアル:B+

システム:B   オリジナリティ:C+

快適さ   :B    ボリューム:B+

クリア時間42時間 プレイ時期5/8~6/5

点数 8/10

 

 

PSP 車輪の国、向日葵の少女

f:id:rpggameseiha:20180503112707j:plain

2005年にPCで発売されたADVゲームの全年齢向け移植作品。

罪を犯した人々は収容所に入らない代わりに、義務を背負い生活しているという一風変わった世界観が特徴的。波瀾万丈のヒューマンドラマが繰り広げられると言う事前情報通り、義務を解消していく中で登場人物達の葛藤や生き様が描かれるので期待通りの面白さはありました。

また前日談である悠久少年少女の法月編も同時収録されており、こちらも完成度の高いシナリオとなっていました(全ルート制覇しないと見れないが)

また人間味溢れる話の為、人の心の弱さも猛プッシュなのでシナリオは重め。

ストーリー重視のADVゲーではありがちな話だが、今作はヒロインが3人のみ&話は一本道なので恋愛ゲーム要素は薄め。後、メタいネタが少なくはない(若干すべってる)ので、苦手な人には受け付けない可能性も…。

シナリオ:A  ビジュアル:B

システム:-   オリジナリティ:B+

快適さ   :   ボリューム:B

クリア時間40時間 プレイ時期4/4~5/4

点数8/10

 

 

PSP 幻想水滸伝II

f:id:rpggameseiha:20180607190929j:plain

20年前に発売された戦記物RPG。IIで前作との繋がりが強いらしいが、未プレイでも問題ないと思います。(自身もIIのみプレイ)

シリーズの醍醐味である108人も登場する仲間キャラクターの多さは魅力的で、やりこみ要素の一環にもなっている。

シナリオは一大陸を中心とした戦争が描かれ勧善懲悪で収まらない問題や、お互い違う道を辿りつつも守るべきものの為に戦う主人公達のドラマはグイグイ惹きこんでいく物がありました。グラフィックは昔ながらの2D絵。

一方システム面に関してはかなりオーソドックスなコマンド性RPGかつ難易度もやや低めなので、特質するような要素はなかったですね。

シナリオ:A  ビジュアル:B

システム:C   オリジナリティ:B

快適さ   :B    ボリューム:C

クリア時間25時間 プレイ時期6/6~6/28

点数8/10

 

 

switch ゼルダの伝説BotW

f:id:rpggameseiha:20180801193037j:plain

switchのロンチとして発売されると同時に絶大な支持を得たゼルダの最新作。

メインとなるオープンワールド要素は無限に溢れた謎解きやアクション、豊富な移動手段、トゥーン調で描かれたグラフィック、環境の変わり続ける世界など…自然にその世界を探索したくなる工夫がされており探索の楽しさは今までプレイしたゲームの中でもトップクラス

また圧倒的な自由度の高さも本作の魅力で、メインシナリオの進行やフィールドを探索する順番に束縛されるものがないに等しかったですね。

ボリュームも非常に膨大で、様々な謎解きが待ち受ける祠、各地に隠れているコログ族探し、従来のサブクエ的存在のミニチャレンジ、世界に散らばっているアイテなどの写真を埋める図鑑要素など幾らプレイしてもきりがない程。

ゲーム性が非常に充実してるにも関わらず、あまり癖の強さ(敷居の高さ)が感じられないのも本作の褒めれる点ですね。

シナリオ:C  ビジュアル:B+

システム:A+   オリジナリティ:A

快適さ   : A   ボリューム:S

クリア時間60時間 プレイ時期6/8~8/11

 点数9,5/10

 

PC サマーポケッツ

f:id:rpggameseiha:20180716204512p:plain

一応?7年ぶりとなるkeyの完全新作。キャラ絵はいたる氏に変わってNa-Ga氏などが担当しているため、良くも悪くも無難な絵柄になっていた印象。

タイトルにサマーと入ってる通り、AIRを漂わせる夏の雰囲気やBGMが魅力的でプレイしてるとどことなく懐かしく感じる場面も少なくなかったですね。

醍醐味となるシナリオは昔ながらのkey色の展開が強く、原点復帰を感じさせれる内容。特に伏線回収と親子愛にスポットを当てた最終ルートは必見。過去作程の衝撃はないものの、AIRクラナドが好きな人は買いだと思います。

また難易度は日にち事に会うキャラクターを選択できるようになった為、最終ルート到達難易度は今までで一番低いかと。ボリュームは可もなく不可もなく…。寄り道要素は島ポケや卓球などと、人によっては中毒性があるかも…w。

シナリオ:A  ビジュアル:B

システム:C   オリジナリティ:C

快適さ   :   ボリューム:B

クリア時間40時間 プレイ時期7/12~8/14

点数8,5/10