暇人のゲーム日課帳

自身のゲーム日課をメインに適当に書いていくブログ。ゲーム以外の事もたまに書きます。

今週のゲーム進行記録+雑記49 ゼルダBotW,デトロイトトロコン,幻想水滸伝IIクリア

かなり今更ですが、はてなブログのアイコンがかなり味気ない気がするので、良さげなの欲しいなぁ…と思うこの頃。自分でデザインしても良いんだけど、まぁお察しな事になるだろうしなぁ…(^_^;)。後レイアウトとか変えたい所。

・ネタバレ回避用目次

 

 

 

 

 

今週のゲーム進行記録

ゼルダBotW③-2つ目の神獣を解放 ようやく折り返し地点?

f:id:rpggameseiha:20180701173142j:plain

この一週間でようやく2つ目の神獣を解放する所まで進行。寄り道を適度にしながらメインクエの所まで来たつもりだが、取りこぼし要素は半端ないと思いますねw。コログ、試練の祠以外にもやりこみ要素多いし。

既に35時間以上プレイしてるので、クリアは80時間近く掛かりそうな予感。

 

f:id:rpggameseiha:20180701173305j:plain

今作の謎解きアイテムは冒頭の時点で全て揃ってるのだが、未だにアイテムの新しい使い方が見つかるので全然飽きないですねー。

最近では見えずらい場所にあるアイテムはビタロックやマグネットで発見できたりなど、まだ未知の使い方が眠ってるかもしれない。

 

f:id:rpggameseiha:20180701173157j:plain

MAPも半分埋まったか…ってところですね。次は山脈地帯を乗り越えて中央ハイラルの西にある地域を探索していくつもり。

未発見のコログや祠、未探索の地域にはマーカーを付けてるが、だいぶ数が増えてきましたね…w。MAPの情報量が増える前に埋めていくべきかも。

 

デトロイト⑤-全員生還END達成で無事プラチナ獲得

f:id:rpggameseiha:20180701112309j:plain

発売から一カ月ちょい…。ようやくデトロイトのプラチナトロフィーを獲得し、これで24個目になりました。因みにトロコンまでは40時間強。

大半の内容は選択肢を埋めていく事で獲得できるのでチャートを見ながら取得していけば簡単にトロコンできますが、やはりイベントスキップ不可のせいで周回時は凄いかったるかった…(^_^;)。 今回も未選択の展開を中心に感想。

 

f:id:rpggameseiha:20180701112848j:plain

今回目指すのは全員生還END。初回プレイではハンクとルーサーを死なせてしまったので二人を死なせないように注意しつつプレイ。

最初の任務で達成率を99%にしてみたが、結局ダニエルは死亡。どのルートでもこやつは死ぬ運命なんすね(-_-)。

 

f:id:rpggameseiha:20180701113047j:plain

今回はハンクとの関係を築くルートを選ぶ。今までコナーとハンクはトロフィーの優先度の影響で敵対し続けてしまったから今回は友情で結ばれた二人を見たい。

ここでハンクの過去を知るのが、最初の重要なポイント?。

 

f:id:rpggameseiha:20180701112954j:plain

カーラの宿泊場所選びで今回はモーテルを選択。

一番良い宿泊場所だと思って泊まったのに、テレビ見たらトッドのせいで世論ダダ下がりで草生えない。まぁ最後は支持になったから良かったけど…。

 

f:id:rpggameseiha:20180701113423j:plain

カーラが記憶を失うシーン。手順間違うと容赦なくリセットされるのね…。

最初はルーサーのリビングに来いが?だったけど、あれって記憶リセットされる前提の会話なのね。てっきり自我芽生えてるのかとオモた。

 

f:id:rpggameseiha:20180701113717j:plain

最終シナリオはコナーに自我が芽生えたので全く別の展開へ。サイバーライフに侵入し変異をさせようとした矢先に偽物のコナーが現れる。

乱戦が発生しどちらが本物か分からなくなってしまうが、本物のコナーしか知らないハンクの息子の名前を答えた事により万事回避。

この偽物コナーは何故息子の名前だけ知らなかったし…。

 

f:id:rpggameseiha:20180701113538j:plain

f:id:rpggameseiha:20180701113604j:plain

f:id:rpggameseiha:20180701113623j:plain

 そして4周目でようやく全員生還END。マーカスは一周目でgoodENDを迎えれましたが、3人にカナダに到来するカーラ達、友情を芽生えたコナーとハンクを見れたので今までで一番スッキリしたエンディングを迎えれました(^_^)/。

ただ本を取り逃して最後のトロフィーはそっちになっちゃったけど…。

 

幻想水滸伝II④-その強さがあれば、すべてを守れると思った

f:id:rpggameseiha:20180626202911j:plain

 約26時間程掛けて幻想水滸伝IIクリアしました。勧善懲悪では収まらないシナリオ、キャラクター達に最後までグイグイ惹きこまれる作品でしたね(^_^)/。

戦闘システムはまぁ無難すぎる感じでしたけど、今でも根強いファンが居るのも納得できました。

 

 

 

           ーーーーーーーーーーーーーーーー

・ティントに向かい現れたのは、序盤で健を交えたネクロマンス。街を占拠され裏の坑道を抜け街を奪還する事になる。ここからはセーブなしでボスと2回戦う事になるので、紋章を使い切った状態のままネクロマンスと戦う事になりヒヤヒヤw。

 

・ルシアと言う主人公達に対して強い敵対心をむき出す人物が本拠地に忍び込み一対一の戦闘。彼女は後に王国軍とも協力し敵対していく事に。

幾度なくジョウイと顔を合わす機会が続くがやはり二人の決意は固く、争いはいよいよ終盤を迎える。今更だけど、戦争パートはサガフロ2のコンバット並にあっさりしたゲーム性だったなぁ…。

 

・ロックアックス解放戦でジョウイとばったり遭遇した主人公。一騎打ちが始まると思いきや、外野が割り込んできやがった(´゚д゚`)。都市同盟や王国なんかより自分の事しか考えてない何とも利己的な野郎だ。

そこに割り込んだナナミが致命傷…。一時的とは言えゲス野郎を成敗する為に久々にジョウイと一緒に戦闘。何か強い紋章覚えてるし。戦闘後は後ろめたさを残したままジョウイは去ってしまう。ナナミが生死を彷徨う中見守る事しかできない状態。しかし願いは届かず帰らぬ人になってしまう(;´・ω・)。

戦争で、ピリカの心には大きな傷が残り、主人公とジョウイは別の道を歩み、姉であるナナミが亡くなり…悲しすぎる。

 

・王国軍との決戦。まずは戦争パートでの戦いになったが、今までのイベント戦みたいなのではないので適当にやって全滅しかけました(^_^;)。でもハメたらそっからは陥落するまで攻撃しまくる作業ゲーに…。

城内では配下達の死闘が続く。一方ジョウイはピリカに最後の挨拶を告げていた…(´・ω・`)。もう運命には逆らえないんだなぁって…。

 

・ラスボス戦だけど…何かインパクト薄い(´゚д゚`)。中盤まではルカ様が独走して、終盤では主人公とジョウイの関係が中心になるからぱっと出感が…w。一応獣の紋章は重要な存在ではあるが…。因みに2回ゲームオーバーになったのは内緒…。

 

・王国の陥落により都市同盟軍の勝利で終わった戦い。リーダーになる選択をするとそのままエンディングになるが、最後の一枚絵にはジョウイの姿が。

再ロード後あの約束を交わした地へ行くと…ジョウイの姿が。お互い同じ物を守る為に今まで戦ってきたと思うと、感慨深くなるなぁ。別の道を歩んだのにね…。

 

f:id:rpggameseiha:20180628211208j:plain

↑ここで初めてキャッチコピーのセリフが。

・ジョウイとの一騎打ちを終えると、今まで王国の皇として戦った心境を語る。

黒き刃の紋章と強大な力を持つハイランドを持つ事で、誰も傷つく事のないやさしい世界が手に入ると思っていた。

そしてジョウイは最後に主人公に紋章を託し命を絶ってしまう(´・ω・`)。この約束の場所で始まって、そして終わってしまった…。

何と言うかクリア後の感覚はFFTに近いものでした(-.-)。お互い自分の信念を持ちながら戦い、最後はハッピーエンド、バットエンドとも言えない結末。勧善懲悪で割り切れないゲームは色々考えさせてくれるなぁ…。

※どうやら二人が生存するエンディングがあるらしいので、もし2周目をする機会があったら目指してみたい。でも個人的にはノーマルENDの方が因果応用働いてる事多いから好きかも。(428のエンディングを思い出しながら)

 

 

 

 

雑記スペース

今週の主なゲーム情報(428移植がようやく発売日決定)

dengekionline.com

今週の売上一位はマリオテニスで約12万本と今回もswitch好調の波に乗った好調な出だしとなりましたね。累計で30万~40万行くと予想してるが…。

switch版マイクラも約6万強とまずまずの出だし。マイクラはいずれの機種でもロングセラーの傾向が強いので年内でハーフミリオン達成まで伸びそう。

一方newガンブレは約6万と前作から半減する結果に。vita版が切れて売上が減るのは仕方のない事だが評判が評判なので…でもワゴンで伸びる可能性があるね。

しかし50位時点で売上が700本のみとかなり悲しいランキングですね…。後はW杯効果でウイイレなどが再ランクイン中。 

 

www.4gamer.net

10年前に発売された名作「428」のPS4版発売日が9月6日に決定。記事を見る限りPS4向けに調節したのみで追加要素はなさそうだが、初めてプレイした時はドハマりしたので再度プレイしてみても良いかもしれないですね。

 

www.4gamer.net

うたわれ斬のOP映像が公開。今までのアニメーションではなく3Dモデリンクキャラを映したオープニングですね。これはこれで良いかも?。ただ偽りメンツしかOPに映ってないのが怖い。ボリューム不足とかないよね(。´・ω・)?。

限定版はいつものBOXにアートブック&サントラ+オマケって感じですが、このネコネのプレートいいっすね^〜。閃の軌跡IVもあるし、財布と相談しないと…。

 

 

 

過去のゲームを振り返る-2011年
ニンテンドー3DS アクアブルー【メーカー生産終了】

ニンテンドー3DS アクアブルー【メーカー生産終了】

 

 2011年と言えば3DSが発売した年。発売当初は価格面などがネックとなり、やや鈍い動きでしたが、今となってはDS以上に現役で働いてるゲーム機となりましたね。そろそろ世代交代してもええんやで。

またモンハンが3DSに移行した年でもありますね。携帯機で人気を得たシリーズという事もあってか3DS期でも勢いは凄かった記憶。

一方地デジ化やwiiブームの終焉などでwii市場が一気に弱くなった年。ここから長らく任天堂据え置きは迷走してしまった印象ですね(-.-)。

 

 一方ソニーも新型携帯機のvitaを発売した年。だがモンハンシリーズは3DSに移行した事、PSPの方が需要が高かった事などが合わさりPS3と同じく普及するまでに時間が掛かった印象ですね。

vitaはPSPの正当進化系と言っていいゲーム機だったけど、いかせんスマホ普及期と被ったのがアダとなった感じ。

この年のPSPRPGと言えばFF零式碧の軌跡ですね。零式はまだ体験版目的で買ったHD版を詰んでるんですよね…。

 

テイルズ オブ エクシリア (特典なし) - PS3

テイルズ オブ エクシリア (特典なし) - PS3

 

 PS3は相変らず堅調と言った年。15周年記念として発売されたTOXは初週でハーフミリオンを達成するなどかなり脂がのってた時期ですね。最近は動きが静かになってしまったテイルズだが、新作発表は期待してますよー。

一方FF13-2は当時価格暴落が酷かったらしいですね。恐らくFF10-2に近い売上を期待してた小売が多かったのかも…。酷評が目立つFF13シリーズだが、個人的にはFF13コレクション的なのを来年に発表して欲しい。

他の代表RPGメルルのアトリエ二ノ国辺りかな。