暇人のゲーム日課帳

自身のゲーム日課をメインに適当に書いていくブログ。ゲーム以外の事もたまに書きます。

今週のゲーム進行状況+雑記30 戦ヴァルをプレイ開始,モンハンW,ゼノブレ,ペルソナ4G,久々の外出など

最近はてなスターが正常に付かない不具合に遭遇したかも。まあ言葉では説明しにくいが、はてなスターをクリックしても読み込み不良なのかちゃんと反映されないんですよね。(押しても、アカウントのアイコン?が表示されないまま)

これってちゃんと付いてるのかな(。´・ω・)?

・ネタバレ回避用目次

 

 

 

 

 

 

今週のゲーム進行記録

モンスターハンターワールド-レウスとディアブロ狩り

f:id:rpggameseiha:20180215223418j:plain

今まで放置してたキャンプクエストを今更達成。素材はシャムオスを狩りまくってたら入手できました。これがあるかないかでは、狩猟の快適さ結構変わりますねw。

 

f:id:rpggameseiha:20180215223606j:plain

何となく装備一式を揃えたくなったのでレイギエナを狩りまくる事に。自分は共闘は素材集めをする時をメインに使用してます。メインクエはなるべくソロ狩りを目指しているが…途中で挫折しそうw。

 

f:id:rpggameseiha:20180215223754j:plain

で、五回程クエストを挑みようやく一式揃いました。装備コンプ目指すと、となるとやや作業ゲー感が強くなる。 しかし見た目がモンハン仕様の竜騎士みたいですねw。ガリスリンガー用意しないと…(使命感)。

 

f:id:rpggameseiha:20180215223830j:plain

 装備一式揃えた矢先にリオセウス登場。ぜってい不利属性狙って登場した奴じゃん(半ギレ)と思ったら炎属性は-5だけで良かったw。

実際閃光弾があれば比較的ソロでも簡単に狩猟できました。解毒剤忘れたせいで回復が面倒でしたが…w。

 f:id:rpggameseiha:20180218150924j:plain

一方ディアボロスは苦戦が続く。何か攻撃力が高いような…。

 結局、負けな気はするが援護を求めてしまった…。硬いモンスターはやっぱり苦手っすよ…(^_^;)。

現時点でのプレイ時間は20時間強。インフルのせいなのか、思ったよりモチベが上がらないのか、ややスローペースのプレイですね。

 

 

戦場のヴァリキュリア-4発売前に原点の作品をプレイ

f:id:rpggameseiha:20180215210326j:plain

アトリエが片付いたので、放置してた戦ヴァルをプレイ開始。SPRG×戦争物って事で興味はあったのですが、中々プレイできずにいたんですよね(^_^;)。 

今のところは他のSRPGとかけ離れたシステムが中々新鮮で結構楽しめています。後はストーリーがどれくらい盛り上がるかだけど、少なくとも戦ヴァル4を買う方向でいく感じかな(・・?

後、プレイ日記を書く予定ではあったのですが、最近はややブログのモチベ低下中なので進行記録だけ書く方針で。後日プレイ予定の戦ヴァル4or二ノ国IIまでにはプレイ日記復帰したいけど、今のとこはできるか半々かなぁ(。´・ω・)?

 

f:id:rpggameseiha:20180215210441j:plain

ストーリーはヨーロッパの19世紀を舞台とした戦争物ですね。主人公の祖国が襲われた事がきっかけとなり義勇軍と隊長となり物語が動き出す事に。

武器もライフルや戦車だったりとやたらと現代的な世界観…今のところは。

 

f:id:rpggameseiha:20180215210525j:plain

話は本に記されたチャプターを追っていく方式。雰囲気作りみたいな物ですが、過去の史実を追ってる感があって自分は好き。

このセレクト画面から、辞典を見たりメインストーリーを進めれる。

 

f:id:rpggameseiha:20180215210757j:plain

↑残念!スカートはがっちり対策されてます。

気になる戦闘パートだが、3D空間で繰り広げられるSPRGって感じですね。SPRGと言えば、マス上で繰り広げられる物だったので色々斬新な感覚。

と言ってもSPRGなのには変わりないので、距離や位置の概念はかなり重要視されますね。敵の向きによって命中率や移動時の安全性がかなり変わる。

 

f:id:rpggameseiha:20180215211731j:plain

後グラフィックは水彩画で描かれてるのでかなり好みな部類。サガフロ2などの水彩画基調のゲーム、もっとよこせください。BGMがFF12ぽいと弟が言ってたので調べてみたら、FF12の人だった。結構自分って感覚鈍い人なのかも…(^_^;)。

ダメージHit時にバン!とかの擬音が表示されるのは漫画みたいな演出。

 

f:id:rpggameseiha:20180215210840j:plain

序盤のチュートリアル部分を終えると、育成要素などが解放。

レベルは5つのクラス事に分けれていて、戦闘後に訓練するとレベルアップできる方式。まあ一人で何回も行動する事が可能システムなので、ユニット別強化のシステムの方が無難かな(。´・ω・)? 自分は均等なレベル上げになりそうw。

 

f:id:rpggameseiha:20180215212835j:plain

初の大人数戦闘パート。マップに応じてどのクラスを使うかが重要になりますね。

基本は突撃兵と偵察兵を数人、戦車の数に応じて対戦車兵、地形に応じて狙撃兵、支援兵は1-2人って感じか。毎回ターン制限があるので、程よく敵地を追い込まないとタイムオーバーになって敗北になってしまう。

移動中はシームレスに敵に撃たれるのでマイペースに行動なんて事はできませんが、逆に自ターン時に一切射撃しない敵に対しては…。

 

f:id:rpggameseiha:20180215212910j:plain

5章のステージは二つの道があるので裏取りが重要になりますね。

背後を向いてる敵には、基本的に有利に戦えるのでガンガン背後を狙っていくのを意識していきたいですね(^_^)/。逆に敵に背後を取られると…。

後、戦車も背後の青い部分狙うとくっそダメージが高い。通りで前回あっけなくボコられた訳では…

 

f:id:rpggameseiha:20180218173716j:plain

 6章は広大な砂漠での戦闘。

MAPの視野がとにかく広いので、狙撃兵二体を高台に配置させて戦う。勿論相手も狙撃兵がウジャウジャいるので早めに撃破しないといけないですね。

後は敵を排除しながらエーデルワイス号で前進するのみ。

 

f:id:rpggameseiha:20180218173832j:plain

古代の遺跡に向かうと、ヴァリキュリア人たる者が立ちはだかる。話によると1000年前の戦争で大きく関わった種族だとか。   

早い段階でファンタジー展開来ましたね。SRPGはうたわれと言いFFTと言い、途中から世界観の違う展開が入ってくるもの多すぎますねw(^_^;)。

 

f:id:rpggameseiha:20180218173920j:plain

7章では巨大戦車との対決。戦車の部位破壊を正しい手順でしないと行けないので、初回は苦戦しゲームオーバーに。

まず一回目の部位破壊は対戦車兵を4体程用意し攻撃しまくる。後進路を塞ぐと次のステップに進まないので進路にエーデルワイス号は置かない。

増援が来た後は対戦車兵で瓦礫を破壊し進路を塞ぎ、歩兵のグレネードで青い部分?を破壊していく流れ。対策を知ってても、結構厄介なステージでしたね。

 

 

ゼノブレイド-ボス戦で苦戦が続く

f:id:rpggameseiha:20180215221349j:plain

監獄島を目指してやってきたのはエルト海で、こりゃまた広い所。でも移動方法は浮島を転送装置で移動していく物なのでちょっと地味な感じ。

 

f:id:rpggameseiha:20180215221540j:plain

そんなエルト海を超えてやって来たのは、メリアの祖国でもある。随分SFチックな場所にやってきましたね。

いきなりシュルク達を閉じ込めたり(でも結構広い場所という謎の配慮)、解放されたと思ったらメリアの始めた儀式と同時に謎の団体がシュルク達を襲いに来たりと何が何だかよく分からない展開が次々発生する。

 

f:id:rpggameseiha:20180215221855j:plain

↑チェインアタックは静止できるのに今更気づく。

今回のボス戦はシュルクモナドが通じないので、今までの戦法が通じず苦戦。wikiで大して強くないって書かれてるのを見た時はやや悲しい気分になったが、ダンバンの操作感覚も覚えれたので良しとしますか(^_^;)。

 

f:id:rpggameseiha:20180215222240j:plain

ボス戦を終えるとメリアのソロ探索パート。よりにもよってロクにメリア様を全然強化してなかったので、色々と苦戦。最初のボス敵にメリア用の装備ドロップがあったのがせめての救いでしたね。

ボス敵2体と戦う場所は、スリープと自然回復のアーツを使いながらチキン戦法で戦いました(^_^;)。まあ詰まなくて良かったw。

 

f:id:rpggameseiha:20180218122147j:plain

メリア編を進めると、シュルク達の視点に切り替わる。最深部でメリアと合流しボス戦になるが、このタッグ片方はモナドが通じない、もう片方はモナドがないとまともに太刀打ちできないと言う面倒な組み合わせ。 レベルが高くないならシュルクを入れた方が時間は掛かるが、苦戦はしにくい。

 

f:id:rpggameseiha:20180218122415j:plain

引き続く、未来視に映ったのは黒のフェイスに殺される皇太子の姿。にも拘わらず、自分の使命だとか言い出張に行ってしまう。この黒のフェイスの側にいる機神…一体何者(・・?

それはともかく監獄島目指すって言ってから彼これプレイして1週間。ようやくたどり着けそうである。どれだけ長いこのゲーム…w。

 

ペルソナ4G-夏休みと修学旅行イベント

f:id:rpggameseiha:20180215214101j:plain

前回突如マヨナカテレビに姿を映した、美津雄のダンジョンを探索。

何ともファミコンチックな場所である。

 

f:id:rpggameseiha:20180215215419j:plain

階段移動時に導入される声も、ファミコンゲームを意識したものに。ちょっとニヤリときますねw。今回は比較的レベル上げをした成果なのか、りせの時ほど苦戦はしませんでしたね。屋上でUターン強いられた時はえっ?ってなったがw。

 

f:id:rpggameseiha:20180215215740j:plain

ボス戦もファミコンチック。BGMも8bitに。肝心のボス敵は、ドット絵形態は物理攻撃を繰り返すだけなので回復をすれば苦戦しない。タクジャなどを活用しながら、素早く撃破も目指していく。

ドット絵形態を崩すと赤ちゃん形態が登場。弱点を狙われると三回行動でパーティが壊滅状態になるので、事前の〇〇の壁で防御するキャラをしっかり判別しておく。この判別方法を覚えるのに時間が掛かったので撃破まで時間が掛かったのは内緒w。

 

f:id:rpggameseiha:20180215220301j:plain

これで犯人は捕まったムードになり夏休みを堪能する事に。

相変らず女性陣は全く料理の腕前が散々ですね(^_^;)。この後地獄の試食会となったが、どのオムライスにもフォローをいれる奈々子は有能。

 

f:id:rpggameseiha:20180215220451j:plain

こっからは長い夏休みイベント。りせは、表ではアイドルと公表せずに主人公に随分とデレまくる。まあ本当の自分を出せてるみたいで何より。

夏休み前にあるジェネシスのバイトは、4万も入手できたので5日間奪われただけの成果はあったかな(・・? コミュ全MAXとなるとスルー推奨かも。

 

f:id:rpggameseiha:20180218121657j:plain

夏祭りが終わってすぐに海水浴イベント。ここでも危ない路線を走る完二である。何がヴィーナスだよw(´゚д゚`)。

ラッキースケベをミスるクマはある意味陽介並に運がない…。

 

f:id:rpggameseiha:20180218121749j:plain

長かった夏休みも終わり、2学期開始。すぐに始まった修学旅行でやってきたのは、どうやらペルソナ3の舞台(・・? 未プレイだから分からないのがちょっと残念。

雪子とりせが酔っ払って超暴走w。ただでさえ酔っ払ったらやばそうな二人がやられちゃうとはね…。一応これでも車酔いらしいが…まあ未成年飲酒ダメだもんね。

 

f:id:rpggameseiha:20180218123331j:plain

グッバイ…クマ。雪子は丼食われて半ギレの様子w。

帰りは走って帰ってくるオチかなw?。しっかし、日常パート長いですね(^_^;)。いつもの2倍ぐらい間合いがあるんじゃ…。そろそろ次の事件が動きそう。

 

f:id:rpggameseiha:20180218121838j:plain

現在のコミュは奈々子がMAX。その他女性陣が7ぐらい。まあこうなる事は分かり切ってたよ…(^_^;)。 完二のコミュを今更解禁というね…w。

 

 

 

 

適当な雑記

今週のゲーム売上-無双は売上が半減する結果に

www.4gamer.net

 今週も1位はモンハンで約15万本。今のところは順調な推移なので累計でダブルミリオンまで伸びるかに期待ですね。一番気になるのはDL比率。

惜しくも首位にならなかった三國無双8は約12万本。無双ブランド低下の影響をモロに喰らった売上になってしまいましたね。この感じだと自身が予想してた累計20万は行けそうにないなぁ…。

SAOの売上は約7,5万本とやや微妙な売上。閃の軌跡II→IIIに近い売上下降を感じる。 

その他新作はワンダが約2万、ドラクラが約1万とリメイク作が続々ランクイン。新作こそ多かったが見事にモンハンに奪われてる感じが強い一週間でしたね。ワンダはプレイしたいけどなぁ…。

 

 

散策記その1~朝霧-舞子を散歩,久々の三ノ宮+行きたい観光地

f:id:rpggameseiha:20180214215548j:plain

毎度明石市に行ってる事をわざわざ報告してる自分だが、流石に明石市に飽きてきたと言うのもあるので今回は少し距離を伸ばして朝霧まで行ってみた。

駅を出ると早速明石海峡大橋が見えて来ました(^_^)/。てか明石海峡大橋明石市じゃなくて少し離れた神戸西区にある謎。まあ見晴らしはこっちの方が良いし(小声)

 

f:id:rpggameseiha:20180214215915j:plain

ここは昔あった花火大会の事故で有名な場所なんですよね(-_-;)。

自分が子供の頃なんで記憶にはないんですが、事故があった当日の花火大会に当時行ってたらしい。それを始めて知ったのはテレビの特集の時だったりする。

 

f:id:rpggameseiha:20180214220243j:plain

駅を降りてすぐの場所にある海岸は結構見晴らしが良かったですね。

淡路島と明石海峡大橋を良い感じに見渡せる。

 

f:id:rpggameseiha:20180214220430j:plain

電車と海の組み合わせってよく分からんけど何か良いですね。こういう風景って少しだけノスタルジックな雰囲気があって好き。

日本海の方だともっとノスタルジックな風情が見れるだろうなぁ…。

 

f:id:rpggameseiha:20180214220831j:plain

この辺の線路は他の場所と違う雰囲気があるなぁ。車道と線路が横に並んでる光景だし、そりゃそうか。

普段は車からしか見なかった光景であるがいざ歩いて身近で見ると、踏切の狭さと言い都市部の線路とは違う雰囲気ある。

 

f:id:rpggameseiha:20180214220936j:plain

朝霧駅から一時間程掛けてようやく舞子到着。どうでもいいけど徒歩で明石海峡大橋くぐった事になりますね。実感薄いけどw。

終始、明石海峡大橋を見っぱなしの散策でしたね。途中から建築物が邪魔で景色全然見れませんでしたがw。

 

f:id:rpggameseiha:20180218124137j:plain

土曜日は家族の付き添いで三ノ宮(元町?)へ。

この中華街は多分数年ぶりに来たかも。相変らず人混み祭りで窮屈感が半端なかったが、雰囲気は出てて悪くはなかったですね。

 

f:id:rpggameseiha:20180218124154j:plain

ビルの展望台から見える景色が綺麗でした(^_^)/。

出来れば、夜景見たかったな~。

 

f:id:rpggameseiha:20180218124233j:plain

都会と言えばショップの有り付き場所。

って事で、10件ぐらい回ってきました。とらのあなに行くと、アクアプラスブースがあってちょっとテンションが上がった田舎民であるw。タペストリー3500円ってグッズの値段恐るべし…。 ゲーム系のグッズ買いたくなる感はあるが、やっぱり買うのはゲームソフトとサントラぐらいで我慢しとこう(^_^;)。

後はアニメイトサマーポケッツの予約が受付中でした。PCゲームって量販店だと扱ってないから少しレアな光景が見れた気分ですね。 多分買うのは値下がり後だと思いますがw。ノベルゲーは5000円出すのが限界。

最後に駿河屋でゲーム漁り。積みゲーが増えたら大変なのが分かるのに、欲望に負けて7本も買ってしまった(^_^;)。 まあ初代PSゲーはコレクション用購入の方が強いけど。今ならゲームアーカイブスでもプレイできるし。旧世代ゲー漁りを迎えるのはまだまだ先かもしれない。

空の軌跡3rdevoは3600円と中々の安値だったので購入。まあリメ作品は買取値下がりの心配はないだろうし、ペルソナ4G後にプレイしますか。

 

 

最近は家庭内が忙しくこれといった旅行に行けてないので、ソロの小規模散策ばっかりしているが、やっぱ旅行らしい旅行もしたいので行きたい場所を何個か絞った。

h-ieshima.jp

まずは、家島諸島。個人的には海に囲まれた離島ってのが好きなので、是非とも行ってみたい場所。アクセスも姫路駅からバスで港まで行けるので、比較的気軽に堪能できる離島観光かと思われる。時間があれば姫路も観光して良いかも。

mikobata.com

まあ神子畑選鉱場は、かつて栄えてた跡地ってやつですね。観光地化されてるので立ち入り禁止エリアなどの制限はあるだろうが、逆に言えば安全に観光できる廃墟跡と言ってもいいですね。 後は近場なら天滝も良さそう。

kasumi-kanko.com

香住町に関しては特別ここを観光したい!って言うよりは、日本海の雰囲気を楽しみたい感じの方が強いですね。ここはノスタルジックな風情が味わえそう。

主に巡りたいのは、余部鉄橋AIRの聖地探索。さて今年はどれぐらい色々な所を回れるだろうか…(。´・ω・)?